明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

夢中になれるのは素敵なこと 

発売日というものに心をときめかせなくなってから数年が経ちます。
ゲームでも漫画でもCDでもなんだっていいんですが、気づいたら期待するということをしなくなっていました。
理由は分かりません。
これが大人になったということなのか、それとも単に自分の興味を引く作品に出会えなかっただけなのか、もしくは流行に乗り遅れた懐古厨なのか(……これが一番正解に近い気がする)、とにもかくにも情熱を燃やせないツマラン野郎になってしまったことだけは間違っていません。

そんな僕が、ここのところ、本当に久しぶりに発売日というものにwktkできる日が続いています。
それは、ライトノベルの発売日。
毎月10日は電撃文庫の日。日付で気づいた人はヽ(・∀・)人(・∀・)ノナカーマ

何がそんなに待ち遠しかったのかというと「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の5巻と「龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01」の2冊です。
前者は個人的に好きなシリーズ、後者は好きな作家です。
どちらも以前ブログにちょこちょこと書いているので、覚えている人もいますかね。
他にも5冊程買い込んでいるので、どれから読もうか悩んじゃいます。

この間発売された「バカとテストと召喚獣3.5」も同じくwktkして、今月末に発売される予定の4巻にも期待してます。
あ、その前にドラマCDもありますね。まだ予約こそしていませんが、買うつもりですよ。

要するに、去年から本格的にラノベを読み始めて以来、失ったと思われていた情熱が再燃しました。
本を読むのが1日の中でも非常に有意義な時間だと感じています。
一言でいえば楽しい

まだまだ自分が手をつけていない本は、文字通り山ほどあるので、当分……いや、一生困らないかもしれません。
読書はいつまでも熱中し続けられる趣味になるといいなぁ。

テーマ: つぶやき

ジャンル: 小説・文学

△page top

« 予定では眼鏡っ子のハズだった読書中の女の子
いつの間にかに生命線が伸びてる »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/165-9cb8a777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。