明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

キャプテン翼J アニメ総評 

キャプテン翼J DVD-BOX 1キャプテン翼J DVD-BOX 1
(2006/08/25)
小粥よう子、小林優子 他

商品詳細を見る

【評価……B
作画 ★★★★★★☆☆☆☆ … 6
演出 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
脚本 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
音楽 ★★★★★★★★★
 … 9
声優 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
原作再現度
燃え




 ★★★★☆☆☆☆☆ … 5
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8





1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話13話
BBBB+AB+B+BB+B+A-B+B
14話15話16話17話18話19話20話21話22話23話24話25話26話
B+B+BB-B-CC+B-B-B+B-B-B-
27話28話29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話39話
C+B+BBBBBCBC+B-B-B
40話41話42話43話44話45話46話47話
B-B-BB-C+BBC

【総評】


サッカー漫画といえば、誰しもが知っている名作中の名作「キャプテン翼」。
しかし、意外とアニメが3回TV放送されていることは、あまり知られていないような気がします。

初代アニメ、便宜上昭和版と区別されるものは、相当視聴率良かったそうですね。
真偽は不明ですが、wikipediaによれば、テレビ東京のアニメ最高視聴率を記録したとか。
世代的にリアルタイムでは観ておらず、ビデオなどで部分的に観たことがあるくらいです。
さすがに絵的に古いのですが、OVAの「新キャプテン翼」まで来ると今でも十分観られるぐらいのレベルにまで達していますね。

2回目のTVアニメシリーズとして、1994年から1995年にかけて放送されたのが「キャプテン翼J」。
個人的には世代的にど真ん中の時期でした。
このアニメが始まる少し前くらいに友達の家で読んだ原作にハマり、全巻揃えた記憶があります。
その懐かしのアニメが、ニコニコ生放送にて、一挙配信が行われました。
11月から1月にかけて、毎週週末に5話ずつ放送されていたのを欠かさずタイムシフト予約をして、全話視聴しました。

当時もほぼ全話観ていたはずなのですが、幼かったこともあり、内容はうろ覚えでした。
もはや初視聴と大差がないくらいに新鮮な気持ちで観れたのは、ある意味ラッキーだったかもしれません。

残念ながらキャプテン翼のアニメは、いずれも微妙なのですが、Jはその中でもマシな方だったと思います。
作画枚数的に常に動かすのが難しいサッカーアニメで、比較的頑張っていました。
安定こそしていませんでしたが、どの作画監督でもアニメーションは静止していませんでした。
喋ってないで動けよと思う時もありましたけど、台詞量的に仕方がないですw

地平線が見えるピッチだと突っ込まれた昭和版と違い、構図を工夫している箇所が見てとれます。
演出面は格段にレベルアップしており、身体を目一杯捻ったオーバーヘッドキック、強引なドリブルやシュートの威力、スピード感のあるパス回しなど、見所は沢山ありました。

特に音楽との相乗効果は素晴らしい。
他シリーズと明確に異なっていて、大袈裟なぐらいに劇的なBGMは熱く燃えさせてくれます。
お気に入りは「とりかご」を破るシーンで流れた逆転BGM。
調べてみたら、翼のテーマ曲のようですね。

版権が厳しくなり始めた時代で、クラブの名称が使用できなくなった時期でもあります。
サンパウロやインテルなど、実在するクラブ名は多少もじって使われました。
仕方がないとはいえ残念ですね。
3回目のTVシリーズ、通称平成版に比べれば、まだ規制が甘い時代ではあるんですが。

それ以上に惜しいのが、視聴率が振るわなかったことで、大幅に原作カットされたこと。
中学生編は是非観たかったなぁ。
ワールドユース編も原作連載中だったとはいえ、中途半端に終わっちゃったのも哀しい。
結局3作目でも放送されなかったので、葵やタイユースの面々は非常に貴重なアニメ化となっています。

得点シーンがカットされていることも少なくなかったですね。
最終的なスコアも違ったりして、少しモヤっとしたり。
まぁ、既に90年代の時点でアニメではやっちゃいけないようなプレーもありましたしねw

逆に追加されたのが、ピッチ外の交流。
ふらの小校長のエピソード、ロベルト本郷の過去や母親についてなど、アニメ独自の設定がありました。
ぶっちゃけ、コレ要らないから原作通りにして欲しかったです。


平成版から10年経っていますし、そろそろまたアニメ化するかもしれませんね。
下手にリアル風味にしてしまった平成版は、もはや黒歴史。
ツッコミどころ満載でも構わないので、原作に忠実なアニメが観てみたいものです。

テーマ: キャプテン翼

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ総評  キャプテン翼 

△page top

« 明日も彼女は恋をする
僕は友達が少ないNEXT 第3話「俺の妹たちがこんなに可愛い」 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1632-02228d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。