明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

空ろの箱と零のマリア5 

空ろの箱と零のマリア〈5〉 (電撃文庫)空ろの箱と零のマリア〈5〉 (電撃文庫)
(2012/07/10)
御影 瑛路

商品詳細を見る
読書期間:2012/7/17

【評価……A-
発想 ★★★★★★★★★ … 9
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
人物 ★★★★★★★★★
 … 9
文章 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
挿絵 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
構成
緊張感
狂気



 ★★★★★★★★☆☆ … 8
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8




 大嶺醍哉が手にした箱は、“罪と罰と罪の影”。
 人々の罪を可視化、それを取り込むことによって対象を傀儡化する“箱”を使い、彼は人間を『選別』していく。
 自身の信念に基づき邁進する醍哉。
 そんな彼を“敵”とみなす星野一輝は、醍哉を止めるため、箱“願い潰しの銀幕”の使用を決断する。
 そして醍哉は、気づけば無人の映画館の中に閉じ込められていた。ここが一輝が展開した“箱”の中だと気づいた醍哉は、対抗するための手段を模索する。
 “箱”VS“箱”。衝突する二人。
 果たして勝者は――?

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


2年振りに発売された待望「はこマリっ!」シリーズ、第5巻。
合間に別作品を挟んだことで、打ち切りかと危惧されましたが、無事に刊行されて本当に良かった。
今現在追いかけているシリーズ作品でも、指折りのお気に入り作品です。

さすがに忘れていることも多く、ややこしい設定などに思い出すのに苦労しました。
もしも期間を置いて読むのであれば、軽くおさらいしておくことをお薦めします。

物語は佳境に入り、遂に正面衝突となった一輝と醍哉。
互いの願いを遂げるために、互いの願望を潰さねばならない。
“箱”の使用者同士の争いは、苛烈を極めていく……。

そう、これを待っていました!
じっくりと読みこみたくなる面白さは、他では早々味わうことが出来ません。

醜悪な人間模様と突き抜けた爽快感が混在した作風は変わらず。
娯楽性の濃かった「怠惰なる遊戯」編と比べると、“箱”自体のギミックよりも、軸のしっかりしたストーリーに興味をそそられます。
タイトルに結びつけた構成力には、驚愕を覚えます。

えげつない話を書かせたら、著者の右に出るラノベ作家は存在しないのではないでしょうか。
残虐かつ非道な人間を描く際に、読者層を想定してオブラートに包まれるどころか、容赦のない表現で徹底的に虐め抜いています。
この手の残酷さが好きな人にとっては、堪らなくゾクゾクとするでしょうね。

抽象的な事象を具体的表現で置換する手法に長けているのが特徴ですね。
少し曖昧すぎてボカしている部分は見受けられますが、本筋には影響ありません。
“箱”という認識し辛い現象を的確に書き表しており、読者が想像しやすい配慮がなされています。
特に今回の場合、醍哉が手にした箱“罪と罰と罪の影”は、名称通り、人間の罪や罰を具現化しているので、描写のキツさが跳ね上がっているように感じられます。

醍哉をダブル主人公の片割れとして書いたというだけあって、5巻の主役は紛れもなく彼です。
ばら撒かれていたヒントを繋ぎ合わした解答編ともいうべき構成となっており、中学時代から大きく変化した醍哉の背景に迫るものとなっていました。
その一方で、従来の主人公であった星野一輝は、もはやラスボス化していますね。
いや、ダークヒーローと言った方が適正かな。

醍哉の思考には共感を覚えるところが多数あります。
どちらかといえば、一輝の方が異常だと感じるから、醍哉の方に寄りついた……というわけではなく、常日頃から醍哉のような考え方が根底にあるからです。
現実は、不条理で不平等だと痛感し、理解しているからこその願望でしょうね。
実現可能な方法が存在しないために諦めていたのが、突如“箱”という形で転がりこんできたら、賭けたくなるのも心情的に仕方がないことです。

3,4巻で登場した新藤色葉と柳悠里にも積極的な介入があるのが嬉しい。
両者ともに、ゲストキャラとするにはあまりに惜しい人材でしたからね。
清純派ビッチというワケのわからないキャラ設定が妙にしっくりくる柳悠里。
己の力量を正しく把握して如何無く発揮出来る強さを持つ新藤色葉。
どちらも非常に魅力的かつ刺激的で、ゲームを盛り上げてくれます。

元々安定していなかったイラストは、2年の時で更に変貌を遂げましたね。
口絵の一輝や醍哉を見て、誰だこれ?と思いましたよ。
個人的には、1~3巻頃の絵柄が好きですね。

さて、明確に埋められた伏線が、明かされるまま終わりました。
全てが引っくり返る可能性を秘めた仕掛けは、果たしてどのように動き出すのか。
次巻も目が離せませんね。

登場人物達の駆け引きが逆転の応酬でワクワクが止まりません

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  空ろの箱と零のマリア  御影瑛路  鉄雄  評価A- 

△page top

« 人生
猫物語(黒)  「つばさファミリー」 »

この記事に対するコメント

失敗だらけの過去

 ついに来ましたね。なぜ今この記事が書かれたのか、すぐに思い当たりました。

 世界を思い通りに作り変えることのできる力を手にしていながら、ちっとも無双していないところがいいんでしょうね。 今巻の時点では、ある程度までは醍哉の思惑通りに進行しているというのに、想定の範囲内で彼が自ら引き受ける苦痛は、相当に痛々しいものでした。 そして、一方の主人公が強引な手法で世界を変えようとすれば、もう一方の主人公が全力で止めに来るのが世の常ですよねえ。
 

 3・4巻での物語は、今巻にも大きく関わってきましたね。その分、シリーズを通して言えば、2巻の存在感が一番薄いなあ、と考えました。 でも、1・3・4巻は、物語に大きく関わる伏線となっていますね。

 清純派ビッチという表現に思わずニヤリとしました。実際、『いい人』を演るのは打算の方も、意識するしないに関わらずあると思いますし。

 今再び手にとって、こんなに薄かったっけ? と思いました。 あとがきを合わせても300ページないんですね。 あまりにもいろんなことがありすぎて、もっとページがあったような気がしていました。

 新藤色葉のキャラが結構好きです。だからこそ思うことは、新藤色葉は、この作品に登場しなければ、ここまで過激なことをせずに済んだのになあ、ということです。もっと平和な作品に登場していれば、『ちょっとキツイところのあるお姉さん』といった役どころを確保できていたに違いないのに、と思います。 でも、過激な行動をたくさんとった今の新藤色葉を知っても、それが原因で嫌いになることはありませんね。

 とにかく、盛り上がりに盛り上がった前半戦でした。 数日後の僕は、後半戦を読み終えているんだと思うとドキドキします。 どんな展開になってもいいように心の準備をしておきます。

URL | 紫電 #-

2013/01/09 05:31 * 編集 *

>紫電さん
本当はもっと早く更新したかったのですがね。
最悪でも6巻発売までには書く予定だったので、間に合ってよかったです。

醍哉が圧倒するのかと思いきや、結構苦しめられているところは面白かったですね。
超人的でありながら等身大、達観しているように見えて実は繊細というキャラ設定が素敵でした。
人間の闇を一身に受け止めようとして傷付く彼が、己の破滅を覚悟してまで遂げたい目的は、どこに真意が隠されているのか。
予想は立てられますが、ミスリードな気がしてなりませんw

振り返ってみると、2巻だけは異質ですね。
シリーズ内でも評価が最も低くなっていますが、嫌いではないんですけどね。
他の巻が素晴らし過ぎただけです。

ページ数に対して、読了するまでに気力を要しました。
この作品は、落ち着いた状況で一気に読むのが最適でしょうね。
6巻も入手しましたが、読みたい気持ちを堪えて、次の休日まで寝かせておくつもりです。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2013/01/11 00:24 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1612-d9fd4deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。