明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

アクセル・ワールド 第5話「Aviation;飛翔」 

アクセル・ワールド」第5話視聴感想です。

これにて原作1巻が終了となったわけですが、おおよそこのアニメの評価が決まった気がします。
アニメ向いてないね、この作品。

アニメ化における悪い面ばかりが目立ってしまっています。
SF設定の面白味や、主要人物たち中学生の感情移行など表現できていません。
文体が厨二病なのは原作からやや抵抗があったのですが、喋りになった途端、痛々しさが倍増しますね。

ハルユキとタクムの衝突と和解が唐突すぎる。
というか、久々に1巻当時のタクムを見たけど、相当クズな発言していますねw
よくもまぁ、これで仲直りできたもんだ。

各所で散々言われている通り、作者ボイスは酷かった。
最も盛り上がるべき場面で、二度も水を差すとは。
前回登場時にも書きましたけど、ギャグ回ならまだしも、シリアス回で素人を登場させては駄目ですよ。
作品の質に関わります。

そして、相変わらず黒雪姫先輩も声が怪しい。
大声で叫ぶシーンは、迫力がなさすぎて脱力してしまいました。
こちらはプロなんですから、もっと頑張ってもらいたい。

更に音楽も微妙で、雰囲気にそぐわなかったり、燃えきれなかったりとイマイチ。
うーん、音関係全般に問題がある感じがしますね。

逆に良かったところは、作画でしょうか。
バトル描写は、手抜きはなくキッチリ描かれており、見応えがありました。
アバターだけだと見られない表情も上手く切り替えて表現できていますしね。

原作の挿絵だけではカバーできない部分も多く、絵的な発見が多かったですね。
シルバー・クロウの翼は、思ってよりも硬質的で小さかったなー。
シアン・パイルは、あんなに鈍重で巨体だったのか。
ブラック・ロータスは、鋭利な骨格が厨二病ココロをくすぐる格好良さがありました。
最後の黒雪姫の三つ編みは可愛かったです。

次回は、どうやら一気に10巻まで飛ぶっぽいですね。
時間系列上、おそらくそうだろうなと思っていましたが。

テーマ: アクセルワールド

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アクセル・ワールド 

△page top

« 双子と幼なじみの四人殺し
豚は飛んでもただの豚? »

この記事に対するコメント

このねた飽きているかもしれませんが、原作者様の棒読みは酷かったですねー。
ニャル子さんと比べたらアニメに向いていないことがはっきりと分かります。

それとTB間違えちゃって申し訳ありませんでした。

URL | たかみち #I9hX1OkI

2012/05/07 00:33 * 編集 *

>たかみちさん
原作者がぶち壊したという話は、アニメ本編を観る前にネット上で知っていました。
多少覚悟をしていたつもりなんですが、それの上を行く棒読みっぷりに苦笑するしかありませんでしたね。

TBは修正しておいたので気にしないでくださいませ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2012/05/08 00:24 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1390-931d6050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセル・ワールド 第5話 「Aviation;飛翔」

アクセル・ワールド 3(初回限定版)[Blu-ray](2012/09/26)三澤紗千香、梶裕貴 他商品詳細を見る 燃え・・・・・・アレ(^ω^;)

ゆらゆら気ままに

2012/05/07 00:28

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。