明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Another 12話「Stand by oneself -死者-」 

Another」最終回まで観終わりました。
以下、ネタバレ感想です。

とりあえず1話を観た後に面白そうだと思い、録画だけは欠かさずしていました。
しかし、それ以降はなかなか観る機会がなく、つい最近HDDの整理も兼ねて一気に視聴したところです。

原作内容は全く知らないので、純粋な気持ちで物語を楽しめました。
これぐらいのグロ要素は、むしろ望むところでしたね。
変な規制も少なく、安定した作画力で見応えは充分過ぎるほどありました。

やっぱり、いとうのいぢさんのキャラ絵は優秀ですね。
モブキャラも含めて、みんな可愛かった。
それだけでアニメを観続ける意欲が5割増しするってもんですよ。
アニメスタッフの方々も、いとうのいぢさんの魅力を存分に引き出してくれたと思います。

ストーリーが、オカルト方面にどれだけ偏るのか分からず、疑心暗鬼になりました。
見崎鳴が、実際に存在している人物だとは思わなかったです。
てっきり、主人公・榊原 恒一だけが見える幻だと思っていました。

立て続けにクラスメイトが死んでいく流れは、フラグが見え見えで驚きはしませんでしたが、それでも恐ろしい雰囲気は醸し出せていましたね。
赤沢さんは、最後まで生き残って欲しかったなぁ。

それにしても、三神先生=玲子さんだったとは気が付かなかった。
ミステリーとして観ていなかったので、意表を突かれました。
もっと単純なオカルトホラー物だとばっかり。

最後の苦渋の判断は、キャラに感情移入していれば相当苦しかったでしょうね。
残念ながら、アニメだけではそこまでには至っておりませんでしたけども。

良作アニメだったと思います。
ジャンル的に人を選ぶでしょうから、オススメはし辛いですけどね。

Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
(2012/03/30)
高森奈津美、阿部 敦 他

商品詳細を見る

テーマ: Another

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: Another 

△page top

« ベン・トー8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円
偽物語 第拾壹話「つきひフェニックス 其ノ肆」 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1362-aadc82b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。