明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

偽物語 第玖話「つきひフェニックス 其ノ貳」 

偽物語9話エンドカード

さすが神原駿河、全裸である。
エンドカードからして、エロ物語だなぁ。

はい、「偽物語」9話の視聴感想です。

ぎゃあああ、貴重なポニテ枠がああああ!
月火、翼に続いて火憐までショートカットかぁ。
みんな似合ってて可愛いんだけど、割合的に増え過ぎな気がする。
セミロングやツインテールはいても、純粋なロングはガハラさんだけになってしまいました。
原作者はショート萌えなんだろうか。

Aパートが、まさかジャンケンと肩車だけで終わるとは思っていませんでした。
またしても微妙にエロい内容で、ベタベタと甘ったるい兄妹ですこと。
「つきひフェニックス」なのに、月火の出番が一切なく、火憐ばかりクローズアップされていますね。
残り2話しかない状態で、新キャラ2人投入し、月火に見せ場を作れるんだろうかと心配になります。

駿河と真宵は、妙に登場機会に恵まれていますね。
この二人は、何となく作者から優遇されている感じがします。
駿河がしていた髪を二か所で結う髪型は、少し幼げに見えるギャップがいいですね。
真宵のハニカミや甘噛みがあざとすぎるけれど、可愛いと思ってしまう。くやしー。

阿良々木の真宵ラブは今に始まったことじゃないですが、翼への感情もヤバすぎますね。
電話をかける口実が出来ただけで鼻息荒くするなんて、翼のことが好き過ぎでしょう。
実際、あの穏やかな口調で声をかけられるだけでも幸せになれる気持ちは、多少なりとも理解できますけども、ひたぎのことを考えると阿良々木は調子に乗り過ぎなんじゃないでしょうか。

物語が全然進んでいないように感じますけど、もしかして「化物語」同様、webに続くだったりするんでしょうかね。

テーマ: 偽物語

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 偽物語  物語シリーズ 

△page top

« 偽物語 第拾話「つきひフェニックス 其ノ参」
偽物語 第捌話「つきひフェニックス 其ノ壹」 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1359-7ba0dfb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。