明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ライトノベル購入リスト2012年3月中旬~2012年5月上旬  

完結した作品が増え、本当に待ち遠しい作品が少なくなってきました。
だからこそ新規開拓に力を入れているのですが、そう簡単に大ヒットしそうな作品は出てこないですね。

◆GA文庫 2012年3月15日発売
作品タイトル著者イラスト
俺はまだ恋に落ちていない2高木幸一
双子と幼なじみの四人殺し2森田陽一saitom

GA文庫大賞で受賞した新人作品が揃って発売。
ともに2巻を購入してみようかなと思うぐらいには興味を持っています。

◆富士見ファンタジア文庫 2012年3月17日発売
作品タイトル著者イラスト
期間限定いもうと。1長岡マキ子Anmi

「中の下」を執筆された長岡マキ子さんの新作。
まだ前作を読み切っていないのですが、一応注目作ということでリストに入れておきます。

◆MF文庫J 2012年3月23日発売

作品タイトル著者イラスト
変態王子と笑わない猫。5さがら総カントク
豚は飛んでもただの豚?2涼木行白身魚

MF文庫の新たな看板として期待が持てる2作品。
カントクさんと白身魚さんという人気イラストレーターが担当している作品ですね。

◆ファミ通文庫 2012年3月30日発売
作品タイトル著者イラスト
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金2鳳乃一真赤りんご

これまた新人作品の続刊。
継続して購入するには若干インパクトに欠けるので、上手く化けてくれると嬉しいところ。

◆角川スニーカー文庫 2012年4月1日発売
作品タイトル著者イラスト
サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA河野裕椎名優
ベイビー、グッドモーニング河野裕椎名優

素晴らしい物語を紡いできたサクラダリセットも遂に完結。
それと同時に新作も発表するとは驚きです。
執筆速度は、そこまで早いイメージはなかったんですけどね。

◆電撃文庫 2012年4月10日発売
作品タイトル著者イラスト
アクセル・ワールド11 ―超硬の狼―川原礫HIMA
俺の妹がこんなに可愛いわけがない10伏見つかさかんざきひろ
ミニッツ ~一分間の絶対時間~乙野四方字ゆーげん

アニメ第1話が放送直後に発売となる予定のAW最新刊が筆頭。
俺妹は何だか久々な気がしますね。
電撃小説大賞の受賞作の中では、一番期待が出来そうな新人作品も注目。

◆メディアワークス文庫 2012年4月25日発売
作品タイトル著者イラスト
花の佳音雨宮諒

久しぶりにこの方の名前を聞きました。
「シゴフミ」や「夏月の海に囁く呪文」を書いた作家さんですね。
内容が不明なのでまだ判断はできませんが、店頭でのチェックはしておこうと思います。

◆ファミ通文庫 2012年4月28日発売
作品タイトル著者イラスト
“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ……4野村美月竹岡美穂

そろそろいい加減1巻を読むべきシリーズ。
購入リストには載せているんですけど、実際には1巻しか買っていません。

◆電撃文庫 2012年5月10日発売
作品タイトル著者イラスト
楽聖少女杉井光岸田メル
僕と彼女のゲーム戦争3師走トオル八宝備仁
楽園島からの脱出土橋真二郎ふゆの春秋

杉井光さんと岸田メルさんの「神様のメモ帳」タッグによる新作が気になる。
「僕と彼女のゲーム戦争」はまだ1巻を積んでいる状態。
土橋さんの新作は、絵師がふゆの春秋さんということで化学反応を期待します。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 購入リスト 

△page top

« 偽物語 第壱話「かれんビー 其ノ壹」
RO10年目で訪れしターニングポイント »

この記事に対するコメント

 追い続けてきた作品が3~5年くらいで完結するとして、その作家さんの次回作がテンポよく出てくるとは限らないというのが問題ですね。新人さんもたくさん出てきますが、いくら何でも完結した愛読シリーズと同等の質を求めるのは酷ですし。何が言いたいかというと、セカダンの橋本和也さんの新作が早く読みたいということです。
 
 というわけで、河野裕さんの最終巻&新作同時発売は歓迎します。書き溜めされていた甲斐がありましたね。あと、コンビ継続も嬉しいところです。
 
 雨宮諒さんも一応読んでみることにします。

 積み本は山のようにあるんですけど、続きを待っているシリーズの方にやきもきしちゃうんですから、ないものねだりだよなあ、とままならなさに頭を掻く今日この頃です。
 

URL | 紫電 #-

2012/03/15 00:59 * 編集 *

>紫電さん
ここ数年は、何だかんだ言いつつも新作で大ヒットを飛ばす作品が出てきてましたからね。
ほとんどの話題作がアニメとなり、業界的に少し尻下がりしている感があります。
まぁ、自分が読まない作品がヒットしているだけの話かもしれませんが。
こんな時こそ、過去の人気作品に手を出すといいかもしれません。

確かに、橋本和也さんの本もそろそろ読んでみたいですね。
セカダンの作風からすると、著者の場合、メディアワークス文庫よりも電撃文庫寄りの作品の方が合っている気がするので、単作ではなくシリーズ作の案を練っているところだったりするんでしょうかね。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2012/03/17 00:14 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1343-e69564ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。