明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

僕は友達が少ない7 

僕は友達が少ない7 DVD付き特装版 (MF文庫J)僕は友達が少ない7 DVD付き特装版 (MF文庫J)
(2011/09/21)
平坂 読

商品詳細を見る
読書期間:2011/9/22

【評価……B+
発想 ★★★★★★★☆☆☆ … 7
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
人物 ★★★★★★★★★
 … 9
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★★★
 … 9
ラブコメ
青春
リア充



 ★★★★★★★★☆☆ … 8
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
 ★★★★★★★★
 … 9




 羽瀬川小鳩の誕生日パーディーも無事に(?)終わり、ふたたび学園祭に備えての活動を開始する隣人部のメンバーたち。紆余曲折の末、文化祭の出し物の内容は映画作りに決定し、脚本は夜空が担当することに。だが、やたらと小鷹との過去の関係を強調する夜空と他の女子部員たちとの間に不穏な空気が流れ始める。
 そんなおり、小鷹と星奈との間にも実は『特別な関係』があったことが発覚し、さらには隣人部のジョーカー、志熊理科までもが動き出す。
 大人気残念系ラブコメディ第7弾、リア充たちの祭典を前にして物語はついに佳境を迎える……かも。

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


只今アニメ放送真っ最中の残念系青春ラブコメディ、第7弾。
出来については手放しに誉められるものではありませんが、原作の売り上げが伸びているようなので、ひとまずは成功と言えるのかな。

通常版と特装版が発売された第7巻。
DVD付き特装版を購入しました。
アニメ0話の感想については、こちら

今回の内容は、文化祭の出し物選びの続きから。
急に時間の経過がゆっくりになったのは、好調な売り上げから引き伸ばそうという魂胆なのでしょうかね。
小鷹たちが3年に進級してしまうと、受験や進路の話を無視するわけにはいかなくなりますから、2年生で話を畳みたいんだろうなーと思います。
それでも面白く書けるのであれば、読者としては文句なんてありませんがね。

普段通りに賑やかなラブコメに終始するのかと思いきや、ラストは意外な展開に。
はがないは今まで引きを強めるために、最後に爆弾を投下する傾向がありましたが、それはいずれも恋愛的なネタばかりでした。
夜空との邂逅や、星奈の結婚話など、小鷹を引っ張りあうような話で、ラブコメ的に正しいストーリーラインだったとは思います。

しかし、ここでまさかの「僕は友達が少ない」というタイトルに触れるような原点回帰
コメディとは思えないような鋭い切り返しは、今後の物語に大きく影響を与えそうです。
もちろん急激な変化はないでしょうが、最終的な決着は思っていたよりシリアス風になりそう。
今までが気楽に読めるラブコメだっただけに、評価が割れるかもしれませんね。
個人的には舵取りが難しいだろうなと思う反面、どのような構成にしてくるのかより一層楽しみになりました。

BLやエロに走るキャラも見せるけれど、やっぱり理科が一番真摯だよなぁと思いますね。
隣人部メンバーの内面をしっかりと観察し、考慮し、配慮する。
部内では後輩組なのに、誰よりも大人の考えをしています。
他のみんなは誰がどう見てもリア充ですが、理科だけは正真正銘のぼっちな気がしますね。
だからこそ、隣人部を大切にしているように感じられました。
ギャグっぽく振る舞わず、小鷹にはもっと理科に対して優しくしてやって欲しいなぁー。

何気に相手に合わせるところがある理科に対して、唯我独尊なのが星奈ですね。
いやまぁ、事実優れているところは多々あるんで、あながち自惚れでもなかったりするんですが。
特に今回は、性格がブレないことが格好良く見えました。
自分が正しいものを愚直なまでに信じる姿は、眩しくて尊敬さえしてしまいます。
ここにきてメインヒロインの風格さえ感じられますよ。
単なるギャルゲーを貪る肉というわけではないですね。

その一方で、今まで築き上げてきたクールビューティーの座をボロボロと音を立てて崩したのが夜空でした。
性格のキツさを残念所として取り上げていたのが、まるで肉と役柄が交代になったかのように、失敗やミスを繰り返すドジっ娘系に変貌していました。
溜め込んできただけあって、このギャップの破壊力はすげぇ……。
口絵のとろけそうな笑顔を浮かべる夜空を見たら、こちらまで頬が緩くなっちゃいます。
他にも泣き顔や、照れた顔、悔しそうな顔など、色んな表情を見ることができ、女の子としての魅力度が一段と上がりました。
ラブコメ的には、間違いなく夜空回だったといえると思います。

小鳩&マリアのロリっ子ペアや、表情が柔らかくなってきた幸村にも見所はあります。
次に繋がるような新キャラも顔見せ程度に出てきています。
それでもやっぱり小鷹を真剣に恋慕する夜空・星奈・理科の3人が、物語を大きく動かしていくんでしょうね。
星奈または理科エンドだと歓喜なのですが、無難に落ち着いちゃうのかなぁ。

訪れた転機を受け止めるのか避けるのか、ラブコメとシリアスの傾く先が気になります

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  僕は友達が少ない  平坂読  ブリキ  評価B+ 

△page top

« 2011年11月読書記録
ゴールデンタイム3 仮面舞踏会 »

この記事に対するコメント

動き始める

 秋空翔さんが当初から推されていた理科と星奈が誰の目にも分かる形できましたね。かなり前からこの発展形を予測されていたのかと思うと鳥肌が立ちました。
 
 メカ×メカをはじめ、とびきり残念な言動の多かった理科。あれも理科の一部分ではあったみたいですけど、あれだけではなかったんですね。 不遇キャラの自分に正直な生き様、見届けさせてもらいます。何だかちょっと、とらドラの川嶋亜美を思い出しました。

 夜空。メインヒロインが蒙ることになる損というか、ぐずぐずした部分をもろに引き受けてしまったなあ、と感じました。 多分、ゲームか何かで星奈ルートになった時の夜空は、最後まで小鷹の前で弱みを見せずにめちゃくちゃかっこいいだろうな、って思いました。

 星奈。 伊藤かな恵さんの声が好きすぎて、かな恵さんの声がセリフに合わせて脳内再生されて、一瞬で計器の針が振り切れてしまうので、ちっとも真っ当な評価ができる気がしません。 夜空が女の子してる分、星奈のぶれない姿がとても頼もしかったです。要所要所における発言、一挙手一投足に期待している自分がいます。

 あ、そうそう。マリアにもそれなりにいいところがありましたね。

 好きなキャラはそうそう変わったりはしないだろう、なんて高をくくっていましたが、甘かったです。浮気性だと思います。

 新キャラもぽつぽつと顔見せがありましたし、今後の展開が楽しみです。

URL | 紫電 #-

2011/11/30 23:43 * 編集 *

>紫電さん
どうやら7巻発売後、ファンの中では理科の株が急騰しているそうですね。
理科好きとしては、ようやく日の目を見る時が来たか!と昂っています。
このまま報われないポジションで終わらずに、更に上へと駆けあがって欲しいのですが、さすがに欲張りすぎですかね。

星奈については、前々から評判良かったと思いますよ。
ただまぁ、夜空に虐められている姿が可愛いという声は多くても、芯が強い部分に関しては、あまり触れられてこなかったかもしれませんね。

そういえば、考えてみたら初期から好きなキャラに変化がないですね、自分。
進むごとに星奈と理科が好きになっていってます。
紫電さんって確かこのラノで投票するなら、幸村を選ぶという話でしたよね。
揺れているってことですけど、今の好きなキャラは誰なんですか?

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/12/02 00:52 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1253-a64b6333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕は友達が少ない⑦ 感想

僕は友達が少ない7 (MF文庫J)(2011/09/21)平坂 読商品詳細を見る パソコンを起動するからやりたいことが増えるんですよ。 起動させなければ、それ以外の事をやるんですよ。 つまり何

ゆらゆら気ままに

2013/02/01 08:17

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。