明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

井端選手のドーピング疑惑は球団の届け出不備が理由 

Yahoo!のトピックスで「中日・井端禁止薬物で処分」の文字を見た時は、目を疑いました。
せっかく1軍復帰し、昨日もタイムリーを打ったばかりなのに、ドーピングだったのか……とショックを受けました。
しかし、どうやらこれはそこまで重大な過失だったというわけではなかったみたいですね。

治療目的で使用した薬物であり、しっかりと届け出を提出していれば問題なかったものが、球団の管理ミスで有効期限が切れた状態のままになっていたのが今回の問題だったようです。
井端自身が、期限切れを把握する手段もなかったため、ほとんど被害者に近い状態ですね。
しかも、こんなに大々的に報道されてしまっては、どうしても悪いイメージが付いてしまいます。
井端に100%落ち度がなかったのかと問われると、そうではないかもしれませんが、これはさすがに可哀想ですねぇ。
何故ドーピングしていたのに試合に出ているの?と勘違いしている人だっているでしょう。
アンチに叩く材料を与えているようなもんです。

数年前から目が悪くなって苦労していたことは、ファンなら知っているはず。
レーシック手術を受けても、根本的な解決とまでは至らなかったようで、今年の成績は全盛期とは比べ物にならないくらい落ちてしまいました。
それでも人一倍努力し、お子さんも生まれ、気合が入っている中で、この仕打ちは酷い。
2年前にも吉見のニンニク注射の件で色々言われたことがあったんですから、球団はより一層気をつける必要性があったのに。

球団の説明等がある前に、一部局が見出しだけで釣った結果、ネットの速報では「井端がドーピング!」というニュースだけが先に流れました。
有名な選手であり、日本人初ということもあって、多くのサイトやブログで取り立たされました。
しかし、その実態は上記で説明した通りであり、井端選手に責任はほぼありません。
テレビ局を始め、ネット上でも改めて周知させるようお願いしたいところです。

そんな状況の中、井端選手はスタメン出場してマルチヒット&通算200犠打となる送りバントを成功させたりと、素晴らしい活躍を見せてくれました。
今回の件については、あまり気にせずに頑張って欲しいですね。

テーマ: 中日ドラゴンズ

ジャンル: スポーツ

△page top

« 「みんなのリズム天国」を買いました
2011年8月読書記録  »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1176-ccc3dece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。