明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

僕は友達が少ない⑥ 

僕は友達が少ない6 ドラマCD付き特装版 (MF文庫J)僕は友達が少ない6 ドラマCD付き特装版 (MF文庫J)
(2011/05/25)
平坂読

商品詳細を見る
読書期間:6/7

【評価……B+
発想 ★★★★★★★☆☆☆ … 7
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
人物 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★★★
 … 9
ラブコメ
青春
リア充



 ★★★★★★★★☆☆ … 8
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
 ★★★★★★★★
 … 9




 理科の発明品がきっかけで、夜空と小鷹の秘密が他の部員たちにもバレてしまった。『元友達』という(友達がいない人にとっては)極めて特別な関係を前にして、隣人部の人間関係にも変化が……!?
 一方そのころ、学園の他の生徒たちは一ヶ月後に迫った学校生活最大のイベント、学園祭に向けて盛り上がっていた。いつかリア充になったときのため、隣人部も学園祭に向けて動き出――そうとするのだが……。例によって迷走を繰り広げる彼らは、果たして学園祭を成功させることができるのか!?
 学園祭だけではなくリア充には不可避の「あのイベント」にまで果敢に挑戦する、大人気残念系青春ラブコメ第六弾、どこまでも残念に登場!

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


アニメ化も決定し、更なるブレイクを予感させる大人気残念系ラブコメ、第6弾。
今回は、ドラマCD付きの特装版も合わせて発売されました。
余裕ぶっていたら予想外の入手困難さに焦りましたが、何とか買うことが出来てホッとしています。

各ヒロインをメインとした話が一回りし、落ち着いた印象のある回でした。
物語的にもキャラ的にも突出しておらず、全員足並みを揃えている感じ。
公平に出番があったといえますが、おかげでインパクトに欠ける内容になっています。
面白いのは確かなんですけど、萌えの破壊力は一段階減少していますね。

幸村の性別が女だと発覚し、本格的にハーレム系ラブコメへと突入しています。
立ち振る舞いが男の娘から、女の子側へとシフトしているのが見てとれます。
おかげで、当初の友達が出来ないという共通の懸案事項は一人歩きして、少々残念な一面のある美少女たちとキャッキャウフフしている定番のラノベになってしまいましたね。
それはそれで良いのかもしれませんが、初期の設定を考えると惜しいなぁという気はします。

あと、肝心のラブコメ模様は、主人公の小鷹が朴念仁すぎて空回りしているのが痛い。
せっかく可愛い女の子たちが、文字通り体当たりで好意を示してくれているだけに、小鷹の鈍感さは本当の意味で残念です。
何が言いたいかというと、もうちょっと理科のアクションにドキドキしてもいいと思うんだ。

一方で、女子部員たちは、みんな恋する乙女モードになりつつありますね。
ぶっきらぼうだった夜空は、特に分かりやすい。
ポロポロと感情を零すようになっており、クールな仮面が取れる場面も少なくなってきました。
このギャップこそ、クーデレの魅力だなぁ。

理科も同様に、変態的要素を抑えて小鷹にアピールをしているんですが……。
親しくなっていく過程で羽目を外し過ぎたことが、ここにきて悪影響を与えてしまっていますね。
まぁ、自業自得といえばそれまでなんでしょうけど、小鷹の態度が他部員と違いすぎます。
弄られキャラとはいえ、ずっとこの調子では可哀想ですよ。

星奈の残念さは、多少持ち直していますね。
客観的に見れば、まだまだ酷いんですけど、人間的に残念ではなくて、ただのアホの子って感じなので、逆に愛らしい気持ちになっちゃいます。
それだけ何でも一生懸命で、真っ直ぐだという証でもありますしね。
小鳩のような厨二病的なものとは異なる痛々しいところが、大好きです。

▼ドラマCD付き特装版

6巻のラストにあるエピソード「禁じられた遊び」がドラマCDとしてセットで付いています。
通常版にも同じ話が収録されているため、話が知りたいだけであれば、どちらでも問題ありません。
個人的には、ドラマCDを聴きたかったこともありますが、表紙絵の星奈にやられたという理由も大きかったりします。

50分近い内容にも関わらず、これで本書と合わせて1500円は安いなぁ。
今ではプレミア付いていて、amazonでは倍近い値になっているのも納得です。

さて、一番の注目は、やはり声優さんでしょう。
名の売れている方が多いだけあって、演技は文句なしです。
ただ、キャラと合っているかどうかは、話が別。

星奈役の伊藤かな恵さんは、ハマリ役でした。
夜空役の井上麻里奈さん、小鷹役の木村良平さんは、悪くなかった気がします。
理科役の福圓美里さん、マリア役の井口裕香さんも聴いていたら慣れてきました。

問題は、幸村役の山本希望さん、小鳩役の花澤香菜さん。
この二人は違和感が半端無かったです。
特に小鳩の口癖である「ククク……」の喋り方が微妙過ぎる。
アニメも同様のキャストで行うらしいけれど、絵があると印象も変わるのかなぁ。

話自体はエロくて、はがないらしかったです。
作者やりたい放題だな……w

鈍感な主人公がモテまくるエロ度の高いハーレム系ラブコメ

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  僕は友達が少ない  平坂読  ブリキ  評価B+ 

△page top

« 三次職への道のりもようやく残り半分
ワイルドアームズ アドヴァンスドサード オリジナル・サウンドトラック »

この記事に対するコメント

CDを聴いてアニメを想う

 まずはひとつ、敗北宣言をさせてください。 通常版を買って読んでたら、ドラマCDの内容が小説として読めたわけですが、それを読んだら、僕がみんなの声を聞かずにアニメ化まで待てるはずがありませんでした。 結局アマゾンでほぼ倍のお金を払って買うことになりました。こういう場合、聞かないと恋焦がれることになるので、金に糸目はつけませんけどね。

 さて、本編の内容ですが、秋空翔さんも書かれている通り、「幸村、変わっちまったな」というのを強く感じました。秋空翔さんのレビューを見て、僕の言いたかったこともまさにそれだ、と思いました。

 文化祭の出し物についての話し合い、隣人部らしかったなあ、と思います。夜空の占いに対する検証とか、「さすが夜空、僕にできないことを平然とやってのける」と思いました。

 それでは声の感想いきます。
 夜空役の井上麻里奈さん。かっこよさと、いじられておいしい感じが共存していてよかったと思います。安心して夜空を任せられます。
 星奈役の伊藤かな恵さん。僕が完全に入れあげているので、平静ではいられません。「飛んでっちゃう」とか最高すぎます。 伊藤かな恵さんが演じることで、やわらかい星奈になっているように感じました。この配役には素直に脱帽です。星奈の見方がかなり変わりました。
 理科役の福圓美里さんは、ストパンの宮藤芳佳役の人がこれほどできるとは思ってませんでした。声がついて理科への評価も上がりました。
 マリア役の井口裕香さんと言えば、帯にもあるようにインデックスの中の人です。大いにありでした。あのネタは是非MAD素材として使ってほしいなあ、と思いました。
 幸村役の山本希望さん。幸村が女の子になってしまったことを許せるくらいはまりました。
 小鳩役の花澤香菜さん。小鳩の声のイメージが既にできあがっていて、花澤香菜さんの声のバリエーションもある程度把握した上で聞くと、さすがにちょっとこれは役との相性が悪いと感じてしまいました。

 はがないシリーズ、「売れるから」っていう理由で引き伸ばされたりせず、平坂読先生にとって一番いいタイミングで終われたらいいなあ、ってふと思いました。

URL | 紫電 #-

2011/07/03 11:55 * 編集 *

>紫電さん
ブログやツイッターでも書いた通り、僕も危うく買い逃すところでした。
限定版とはいえ、ここまで出荷数が少ないとは、想像以上でしたね。
7巻も限定版があるそうなので、早めに予約しておいた方が良さそうですよ。

6巻の時点では、あくまで今まで通りのスタンスだった幸村は、急に女の子的な素振りを見せるようになりましたね。
夜空の場合は、まだ徐々に移行していった経緯があるので良かったのですが、幸村の変貌は急すぎました。
まぁ、ある意味最初から一番デレている子とは言えるんですが。

声優さんの感想については、幸村役以外はほぼ同じ意見ですね。
各所で見かけますが、やっぱり小鳩だけはイメージからかけ離れていますよねぇ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/07/05 22:48 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1125-59b89cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top