明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

第1回駄文ラジオ「何が言いたいかというと、僕にもさっぱり分からない」 

こんばんは、秋空翔です。

駄文ラジオ』って言葉、知っていますか?
多分っていうか、絶対に知っている人はいないと思います。
何故ならたった今僕が作った造語だからw
どこかで聞いたことがあるような気がすると思った人。気のせいです。

さて、新たな単語まで作って何が言いたいのかと言いますと、言葉通り駄文を垂れ流すラジオのことです。
ん?逆か。ラジオのように駄文を垂れ流すのか。
意味がさっぱりですね。
簡単にいえば、独りチャットみたいなもんです。
ブログの記事というのは、アップロードするまでは文章の校正をしたり、記事をうpした後でも修正は自由ですよね。
『駄文ラジオ』というのは、そこをあえて訂正せずに本能のまま思ったことを書き連ね、あたかも文章のラジオのようにうpしちゃえ!って企画なのです。
一発勝負で書くので、生ラジオのように取り返しがつきません。
当然ながら喋り言葉のように、文章としておかしいところも多々出てくるかと思われます。
ってか、既に出てるんじゃないでしょうか?w
ここの説明文も、意味不明になっているかと思われますが、校正をしませんので手直しのしようがありません。
あ、見苦しくなるので、誤字だけは直しますけどね。
そうでなくても、見苦しくなるのは間違いなくて、後悔も必ずやってくるでしょうしw
まぁ、この時点では、本当にこの文章をブログにうpするかどうか怪しいですね。
もしかすると、お蔵入りになる可能性が……大いにあることでしょうw

そんなわけで、いつにもまして酷い文章になることうけあいですので、この先を読むのはお勧めしません。
それでも読んでみたいという奇特な人や、または暇人は過剰すぎるほどの不安感を抱いたのち、続きをお開きください。
改めましてこんばんは、秋空翔です。
この辺だけラジオっぽさを意識してみました感がありありですが、いかがでしょうか。
不評の声が幻聴で聞こえてくるようです。
そのうち本当にそんなコメントが書かれるでしょう。ははは、笑えねえ。

さて、そもそもどうしてこんなことをしようかと思ったのか。
それから説明していきたいと思います。

ブログをやっている人なら分かると思いますが、ブログを書くネタに困ることってありますよね?
そして、逆に書きたいなと思っていた内容が、タイミングを逸してどんどんネタの鮮度が落ちていくってことも経験ありますよね?
そしてそして、ブログに書くまでもないびみょーなネタだけが豊富だったりすることもありますよね?

ないと言われても困ります。……いや、別にいいか。
とにかく、僕にはそういうことがよくあるわけですよ。
そこで登場するのが、今日紹介する『駄文ラジオ』です!――と、テレフォンショッピング風に言ってみるテスト。

要は、しょーもない小ネタの在庫一掃をしようと思ったわけです。
昔なら一級品のネタも、今では賞味期限切れだったりするんです。たぶん。
僕が普段紹介しているラノベやCDが若干どころか結構古かったりする場合もありますが、それは今は関係ありません。
あと、この間ブログで書いたDGSを聞いていてラジオって面白いなと思ったり、ニコニコの実況プレイを見てて自分もちょっとやってみたいなと思いつつも声は出せねえなと思ってそれなら文章で書くのはどうだろうと考えていたことが関係していたりしていなかったりします。

とりあえず、無駄に続けていても何なので1時間くらいを目安にダラダラと書いていきたいと思います。
ちなみに、現時点で20分経過……って早っ!
まだ説明段階でこんなに時間かかるとは予想通りすぎるぜ。
そしてこれまた予想通り、疲れるw
最近は、のんびりとしかタイピングしてなかったので、このスピードは大変だわぁ~……。

どうして時間がかかることを予想していたかというと、僕に先見の明があったからという大それたことではなく、いつものブログ記事を書き上げる時間からある程度推測できただけです。
1つ前の「神様のメモ帳2」のレビュー記事で、ちょうど1時間くらいかかってます。
ラノベの感想を書くのは時間がかかるっていうのもありますが、1時間あってもあの程度しかかけていません。
書き方としてはまず最初は自分の感想を思いのままメモ帳に書いて、そのあとレビューサイトなどを見回りつつ書き忘れていたこととか言いたいことをまとめていくようにしています。
先に他所の感想を見てしまうと、少なからず影響受けてしまいますからねー。
購入前に参考していることもありますが、本を読む前と読んだ後では多くの場合違うように感じ取れますから、それについてはノープロブレムです。
まさに「神様のメモ帳2」がそうでしたが、アマゾンのレビューを覗くと大方高評価だったので、先に他ブログをチェックしていたらあの感想は書けなかったんじゃないかなと思います。
やっぱり自分のレビューなんだから、自分が感じたことを残しておくのが大事だからね。

あー、疲れてきた。眠いし。
上の段落を打つだけで10分かかっているって何事よ。
それでも頑張る。頑張れ、自分。ファイトー!
テンション高いなぁと思われるでしょうが、こんなこと無理にでもハイに持っていかないとやっていられません。
何か嬉しいこと、もしくは反対に記憶から消し去りたいことがあるからテンション上がっているわけではありませんので、あしからず。
つまり、オチに期待しても何にもないよという忠告です。

そろそろ無音で打っているの寂しくなってきたので、作業用BGMでも流しましょうかね。
マイリストに登録してあるこれにするかな。



アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のBGMです。
知っている人は知っている――どうでもいいけどこの言い回しってそのまま受け取ると当然のこと言っていますよね。「知る人ぞ知る」だと限定的に知られているという意味っぽく聞こえるけど。――アニメDVD限定版の特典でしか聴くことのできないサントラです。
しかも、小出ししているため1つだけ買ったとしても数曲しか聴けないので、限定版を全巻揃えるという強者以外は本編でしか聴けない曲です。
以前「ニコニコ動画と著作権問題」という記事を書きましたが、正直聴いている自分としてもこれはアウトだろうなぁと思っております。
でもねぇ、さすがにサントラが聴きたいだけの理由でDVD限定版は買えませんよ。
しかも別々で収録されているから、1枚2枚のCDで聴けるわけでもないのも……。
まぁ、言い訳でしかないんでしょうけど。正式にサントラが発売されたら買うのになぁ。
アニメ放送当時から音楽良いなと思ってて、サントラが発売されたら買おうと考えていたのに一向に発売されなくておかしいなと思いネットで調べたらDVD特典だったというときを知ったあの時のショックは、今では忘れちゃってますけど、それなり悲しかったんですよ。
「らき☆すた」も同じ商売方法らしいですが、これはどこに文句を言えばいいんでしょうね。

そういえば、ハルヒといえばゲームは出てますけど、原作はいつになったら再開するんでしょうね。
初の前後編である「分裂」と「驚愕」なので、また「分裂」を読み直さないともう忘れてしまいそうです。
確か当初の発売予定は去年の6月くらいでしたよね?
何がこんなに長引く原因となっているんだろう……。
何だかんだいって一番楽しく読んでいるラノベなので、忘れないうちに発売して欲しいですね。

ふーむ、もう1時間か。
書きたいと思っていたことの半分も書けてないや。
もう少し続けるかな。

ん?ちょっと待てよ?
そういえば、FC2ブログって1つの記事の文章量に制限あったっけ?
せっかく長文を書いたのに無意味になるのはあまりに悲しいぞw




~3分後~

良かった、問題なさそうだ。
どうやら容量制限をかける云々で動きがあったようですねって、どこかで見たことがあったわw
結局のところ、反発が強かったようで一時保留の段階になっているようです。
まぁ、どちらにせよ制限がかけられたとしてもとてもいっぱいになる程の文章はかけそうにないです。
ひとまず安心。

それにしても、寒いっすね。
窓の外を見たら星が奇麗でした。
つまり雪は降っていませんでした。
でも、ここのところは2,3日に1回は雪が降っている感覚ですね。
積ったのは1,2回程度ですが、風が強いためか結構吹雪いています。
雪国生まれでも雪国育ちでもないので、大人になっても雪の日は妙に嬉しかったりします。
正直、今は車での移動を多用するので迷惑極まりないはずなんですがね。
そういえばそれで思い出しましたが、この間免許を取って以来2回目?くらいの検問を受けましたよ。
僕がいつも通る道で轢逃げ事件があったらしく、深夜2時過ぎの雪の降る中、警察官に事件を目撃してないか尋ねられました。
残念ながらというと言葉は相応しくないかもしれませんが、事件当日は休みの日だったので証言者になることはできませんでした。
あの日は、こちらではこの冬一番の大雪で、昼間からボトボトと降る中、陽射と将棋を指したり、座談会で似非中国娘の絵を晒したりしていた日だったので記憶に残っていましたね。
雪の日じゃなくても当然のことなんですが、車の運転には本当に気をつけないといけないなと改めて思いましたよ。

時々ね、自分はもう遠の昔に死んでしまっているんじゃないかと思う時があります。
車を運転していると、どれだけ安全運転を心掛けていても危機的状況というのは何度か経験するものです。
幸いながら、接触事故などは一度も起こしたことはないのですが、実はあの回避できていたと思った時に死んでいて、今は夢の中で生きているんじゃないのか……とかね。
馬鹿らしいと思うかもしれませんが、現在僕が自覚している世界が本物なのか夢なのかなんていうのは証明できるものはなにもないわけで、既に死者となっている可能性を100%否定できる要素はありません。
まぁ、そこまでいくと、夢の世界=現実世界となり、どちらにせよ一生懸命その世界で生きることには変わりはないのですが。

何だか真面目で哲学的な話の流れになってしまった。
休憩ついでにケータイのぷよぷよ通でもしよう。




~10分後~

7戦やって4勝3敗でなんとか1つの勝ち越し。
それでも通算成績は170敗以上の負け越しだから、まだまだです。
腕は確実に上がってきているはずで、連鎖数で言えば7連鎖は当然、最大12連鎖まで撃てるようになりました。
それにも関わらず負け数が伸びているのは、組むスピードが時間かかっているせいでしょうねぇ。
大連鎖を組もうとすれば、それだけの時間を要するわけで、速効でおじゃまぷよを送り込んでくる人が多い中では戦績は悪くなってしまいます。
明らかに格下の相手に負けたときは、腹が立ちますねw

このぷよぷよさえも、最近は起動率が落ちてきました。
ゲームをやりたい気持ちはあるというか、むしろ強まってきているはずなんですけどね。おかしいですね。
RPGツクールVXが欲しいとは思っているんですが今の状態で買っても、最悪の場合、箱積みしそうだしなぁ。
ROを再開したい気持ちもあるし、メモオフだってやりたい。
ああ、そうそう、あれだけリアルタイムプレイをするぜ!と言っていたメモオフなんですが、全然出来ていません。
そんな余裕ないのよね、実際問題。
体力が持ちません。

ゲーム以外にもやりたいことの代表格が絵ですね。
今日のニコニコランキングで1位になっているコレ(↓)を見ていたら、さらに描きたくなってきました。



あー、ペンタブが欲しすぎる。厚塗りしてえ。
新しいのを待っているのもありますが、妥協しようにもRPGツクールVXと同様の理由で買い辛い。
今一番欲しいものはと聞かれたら時間と答えるかもしれませんね。
わー、大人っぽい答えー。
……限りなく後ろ向きで非現実的な答えだけど。

HDDもねぇ、休日のたびに整理しているのにすぐにいっぱいになってくよ。
余談ですが(といっても本題なんてないけど)、ある意味タイムリーな東芝のDVDレコを使ってます。
次世代DVDの必要性は今のところ僕にはないですね。高いし。
VHSからHDD内臓DVDレコーダーへの進化は大きいですが、今回の勝利者であるBDになってもそんな大差ないように見えます。

閑話休題。
僕が録画しているものは、もちろん深夜アニメ主体です。
が、これまた時間の関係で冬の新番組をまだ全然チェック出来ていません。
「狼と香辛料」や「ARIA」も1話たりとも見ていません!
常にHDDの残量確保に追われていると、残しておきたい可能性があるアニメは後回しになってしまうんだよねぇ。
何かが間違っているような気がしないでもないけど、まぁ致し方がない。

そんなわけで、肥やしになっていた中から地雷臭のするものを選んだ結果、「ロザリオとバンパイア」の1話を見てみました。
水樹奈々さんがヒロイン役で、OPとEDも歌っているらしいです。
感想としましては……なんだろう、この古風なアニメはw
古風というのは日本史的な意味ではなく、今時これかよと叫びたくなる意味合いです。
あと、パンチラ多すぎw
いや、あれにチラリズムという概念はあるのかな……?w
タイトル略称をロザバンではなくロザパンだったかなと勘違いしたくらいです。
2話を見て変化がなければ、視聴打ち切りになりそう。
個人的に、水樹さんの演技が好みではないキャラタイプだったのもありますね。
逆に好きなのは、「みなみけ」の冬馬のような声質です。
これは田村ゆかりさんにも言えることですが、両者とも甘いロリロリな声よりも、一本線の通ったキャラのキリッとした声の方がいいと思うんですよね。うん、完全に好みの話だね。

さて、とりとめもなさすぎる話を続けてきましたが、この調子で最後に最新のどうでもいい話をして締めるとしましょう。
今日の帰りの話です。
いつもの帰り道から、5,6年前くらいによく通っていた道を経由して、これまたよく利用していた本屋に寄り道してきました。
当時は車ではなく、電車と自転車で探索していた街で、特に思い入れがあったつもりでもないのですが、非常に懐かしい気持ちに浸されました。
記憶の中の風景と変わっていないようで、確実に色々と変わっていて、その中でもコンビニが新装開店していたのには驚きました。
あの大きさのコンビニは初めて見たかもしれません。
地域によって違うのかもしれませんが、一般的なコンビニの倍近い広さはあったように見えましたね。
駅前のコンビニなので利用者が多いところは今も昔も変わってなかったです。
そんなコンビニの前を通過した後に着いた本屋も、当たり前のように内装が変わっていました。
その本屋では、時間を潰すのに頻繁に使っていました。
あまりにも滞在時間が長かったので、ラノベを立ち読みで一冊読み切ったりしたことも今ではいい思い出です。
久しぶりに寄ったのにもかかわらず、目ぼしいものがなかったので一通り見たあと帰ることにしました。

知らない道で。
厳密に言うと、数年前に1,2回だけ助手席で通ったことのある道ではあります。
その記憶をもとに走り出したわけですが……。
もうお分かりですよね?

迷ったwwww

そんなのねぇ、5年も前に片手で余裕で数えられる回数しか通ったことのない、しかも自分が運転していたわけではない道を覚えているのも怪しいのに、辺りは真っ暗なんだから分かるわけがないw
田舎の夜10時だと、コンビニぐらいしか明かりがねえんだもんw
何を考えて夜のドライブを敢行しちゃってるんだろう自分。
時々見える標識と大まかな方向感覚だけで走っていると、最初は道も広くて交通量もそれなりにあったのに、どんどん狭い道に入っていって前にも後ろにも車がない状態に。
間違って高速に乗ってしまわないように注意してたのはいいけど、おかげでどこを走っているのかさらに分からなくなってしまったw
いつもの道で帰っていれば、本屋からなら30分くらいで家に着くはずなのに、30分くらい経っても知っている道にすらぶつからない。
後悔と不安に包まれ諦めて逆走することも考え始めたとき、前に陽射と来たことのある蕎麦屋を見つけることができました。
その時の安堵感は、半分は心から安心した息として出て、もう半分は何をそんなにビビっていたんだろうかという笑いとなりました。
そこから走ること10分くらいで、いつものルートに復帰することができ、無事家に帰宅。
ただ、そのいつもの道に戻った時に面白い感覚を体験したんですよ。
慣れ親しんだ同じ道を走っているのに、似た別の道を走っている違和感を感じたんです。
これはねぇ、言葉だけでは伝えきれない気持ち悪さがありますよw
最終的に家の中に入るまでその感覚は残りました。
きっと、知らない道を走っているときはいつも以上に視野を広げていたため、本流に戻っても違う景色が流れているような錯覚を受けたのが原因じゃないかなーと勝手に思っています。
確かに面白かったんですが、今度からはドライブは昼間にしようと思いましたw

はてさて、こんなところで第1回駄文ラジオ「何が言いたいかというと、僕にもさっぱり分からない」(サブタイトル今決めた)でしたが、いかがだったでしょうか。
時間の無駄だと感じられた方。それが正しい感覚だと思います。おめでとう!
……ごめんなさい。

はい、この秋空翔の駄文ラジオでは皆様からのお便りをお待ちしております。
宛先はありませんので、根性でどうにかしてください。
それでは、ごきげんよう。





多分この企画続きませんw
gdgdすぎるw
第1回にして最終回です。今まで応援ありがとうー!

テーマ: ひとりごと

ジャンル: 日記

タグ: 駄文  ニコニコ動画 

△page top

« 俺のラフは限度知らず
神様のメモ帳2 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/109-34ac3a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「冬一番」についての最新ブログのリンク集

冬一番 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…

話題のキーワードでブログサーチ!

2008/02/20 07:31

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。