明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

電波女と青春男 第3章「地を這う少女の不思議な刹那」  

電波女と青春男」第3話を観ました。

んー。
これって面白いのかなぁ……?
至極純粋な意味で。

原作既読者が、映像化を楽しむことはできますけど、アニメそのものに魅力が感じにくい。
真の語りもさることながら、会話が長ったらしくて脳の理解が追い付かない。
問題はテンポにあるのか、構成にあるのか、それとも脚本にあるのか。
モノローグを延々と垂れ流すアニメは、ハルヒ以降のラノベ原作では珍しくなくなりましたが、何だかボタンをズレているような気持ち悪さがあるんですよねぇ。
同じ内容のはずなのに、笑えない。
どう考えてもアニメ化に向いていないよなぁ……。

面白いと感じる人が、一人でも多くいると良いんですけど、残念ながら訴求力は弱そうだ。
実際、同じく春アニメである「緋弾のアリア」が売り上げ伸ばしているのに対して、こちらは噂を聞きませんしね。

物語的には、序盤の最大の出来事である「I can't fly」だったわけですが、特に感慨はないかなぁ。
あー、絵は綺麗でしたね。
エリオが可愛かったです。

リュウシさんの電波度が、声付きだとよく分かる。
これで特徴のない普通の子とは、些か無理があるってもんだ。

前川さんのカットが、少なかったのは残念ですが序盤は仕方ないかな。
後半の巻き返しに期待。

早いところ、ラブコメ展開に突入した方が無難に楽しめそうな気配がしますね。

テーマ: 電波女と青春男

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 電波女と青春男 

△page top

« 生贄のジレンマ<中>
電波女と青春男8 »

この記事に対するコメント

んー、私は結構楽しんで見てますが。少数派なのか(´・ω・`)。

URL | 八神 #lhH3Dtmk

2011/05/14 10:18 * 編集 *

>八神さん
話自体を知っているからか、アニメ映像を楽しめていても、面白いのかどうかの判断がつきませんでした。
世間的には前評判は高かったものの、残念ながらブレイクはしなかったようです。
まぁ、アニメはアニメで悪くはないと思いますが、原作の方がもっと面白いので、真の言い回し等のクセに問題がなければお勧めしますよ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/05/15 03:02 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1088-fd2c5cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。