明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ライトノベル購入リスト2011年5月中旬~2011年7月上旬 

2ヶ月更新の自分用ラノベ購入リスト。
今回は、表形式にまとめてみました。

◆ガガガ文庫 2011年5月18日発売
作品タイトル著者イラスト
キミとは致命的なズレがある赤月カケヤ晩杯あきら
こうして彼は屋上を燃やすことにしたカミツキレイニー文倉十

どちらもガガガ文庫のライトノベル大賞受賞作品。
ラブコメばかりの昨今、シリアスでミステリアスな雰囲気が興味をそそられます。

◆富士見ファンタジア文庫 2011年5月20日発売
作品タイトル著者イラスト
東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest Iあざの耕平すみ兵

「東京レイヴンズ」は、また本編なのかな。
空白の期間を埋める日常編の短編集も早く読んでみたい。

◆角川スニーカー文庫 2011年5月25日発売
作品タイトル著者イラスト
涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版谷川流いとうのいぢ

遂に来ました、「涼宮ハルヒ」シリーズ最新刊。
さすがに予約はしなくても入手できるだろうと高を括っていますが、大丈夫ですよね?

◆MF文庫J 2011年5月25日発売
作品タイトル著者イラスト
僕は友達が少ない6平坂読ブリキ
僕は友達が少ない6 ドラマCD付き特装版平坂読ブリキ
この部室は帰宅しない部が占拠しました。おかざき登ぺこ

「はがない」は、ドラマCD付き特装版を購入するつもりでしたが、表紙を見て悩んでいます。
いやぁ、ブリキさんのイラストが素晴らしすぎて、両方揃えたいわぁ。

◆メディアワークス文庫 2011年5月25日発売
作品タイトル著者イラスト
僕の小規模な奇跡入間人間宇木敦哉

電撃単行本の文庫化。
既読済みなので買うことはないと思われますが、表紙が素敵なので、加筆があれば買っちゃうかも。

◆ファミ通文庫 2011年5月30日発売
作品タイトル著者イラスト
ココロコネクト クリップタイム庵田定夏白身魚
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc7田尾典丈有河サトル
"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1)野村美月竹岡美穂

「ココロコネクト」は、初の短編集になるのかな?
「文学少女」シリーズのコンビによる新シリーズが、非常に気になります。

◆電撃文庫 2011年6月10日発売
作品タイトル著者イラスト
カミオロシ ~縁結びの儀~御堂彰彦さらちよみ
アクセル・ワールド8 ―運命の連星―川原礫HIMA
バッカーノ!1932-Summer man in the killer成田良悟エナミカツミ
はたらく魔王さま!2和ヶ原聡司029
七姫物語 第六章 ひとつの理想高野和尾谷おさむ
僕と彼女のゲーム戦争師走トオル八宝備仁

「付喪堂骨董店」の完結から1年以上、待っていました御堂彰彦さんの新作が最も期待大。
イラスト担当が、タケシマサトシさんではないのは、ちょっと残念。
「アクセル・ワールド」「バッカーノ!」辺りは、高水準でまとまっているはずと安心しています。
「七姫物語」は、まだ1巻すら読んでいないので、これを機に読み始める予定。
「僕と彼女のゲーム戦争」は、絵師買いです。

◆角川スニーカー文庫 2011年6月15日発売
作品タイトル著者イラスト
涼宮ハルヒの驚愕(前)谷川流いとうのいぢ
涼宮ハルヒの驚愕(後)谷川流いとうのいぢ

ファンとしては、コレクター魂が刺激される通常版。
そういえば、口絵が増えたりするってことはないのかな。

◆ガガガ文庫 2011年6月17日発売
作品タイトル著者イラスト
赤鬼はもう泣かない明坂つづり白身魚

ガガガ文庫ライトノベル大賞受賞作品のうちの一つ。
白身魚さんのイラスト次第で考えたいと思います。

◆富士見ファンタジア文庫 2011年6月20日発売
作品タイトル著者イラスト
生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5葵せきな狗神煌
中の下! ランク5.上の下から旅立つオレ長岡マキ子ごまえ

「中の下!」は最終巻の模様。
まだ4巻読んでいませんが、間違いなく購入します。

◆ファミ通文庫 2011年6月30日発売
作品タイトル著者イラスト
バカとテストと召喚獣9.5井上堅二葉賀ユイ

「バカテス」は、本編よりも番外編の方が笑えることが多かったりするので、今回もそれに期待。
順番的には秀吉、または木下姉弟で表紙を飾ることになるんだろうか。

◆電撃文庫 2011年7月10日発売
作品タイトル著者イラスト
神様のメモ帳7杉井光岸田メル
偽りのドラグーンV三上延椎名優
あなたが泣くまで踏むのをやめない!御影瑛路nyanya
トカゲの王 I ~SDC、覚醒~入間人間ブリキ
青春ラリアット!!2蝉川タカマルすみ兵
ロウきゅーぶ!8蒼山サグてぃんくる

打ち切り臭が漂っていた「偽りのドラグーン」に新刊が出てくれて、本当に嬉しい。
一方で、御影瑛路さんは「空ろの箱と零のマリア」ではなく新作という……。
しかもタイトルからして地雷っぽくて絶望的な気分になる。
実力のある作家さんなんで、無難にポイントは押さえてくれるだろうけど、著者に求めているのは、ありふれたコメディ系ではないんだけどなぁ。
まぁ、これはこれで買いますけど、「箱マリっ!」も続きを……!
「神様のメモ帳」「ロウきゅーぶ!」は、アニメ化直前なんでしょうね、きっと。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 購入リスト 

△page top

« 電波女と青春男8
電撃文庫2011年5月購入作品 »

この記事に対するコメント

よりどりみどり

 七姫物語を、最終巻の発売が決定してから読み始めるなんてずるいです。ほんと今まで何年待たされたことやら。あ、あんまり無闇にハイペースには読み進めない方がいいかもしれません。 それにしても、最終巻が出るかどうかは半々かなあと思っていたので、素直に嬉しいです。

 偽りのドラグーンの新刊が出てくれることは、今年で一番嬉しいです。ビブリア古書堂の事件簿もそれなりにツボを押さえたまとまりのある本でしたが、やっぱりメインはこっちのシリーズでしょう。
 二番目に嬉しいのが、御堂彰彦さんの新作です。息が合ってた絵師さんが替わるのは、僕としても残念ですね。

 八宝備仁さんの絵は僕も好きです。挿絵だとどんな感じになるんでしょうねえ。

 いつの間にか、ライトノベルにも初回限定版とかいろいろなバージョンが出るようになったんですね。表紙や特典の内容などを吟味して選んでいきたいものです。

 もしかしてはこまり行き詰ってるんでしょうか? 続刊が出るのか新シリーズが出るのかなんて、発表されてみないと分からないものですね。

 思っていたより新刊が多くて、楽しい初夏になりそうです。

URL | 紫電 #-

2011/05/13 01:28 * 編集 *

>紫電さん
こんなに集中していていいのかと思うくらい、充実したラインナップですよね。
御堂彰彦さん、御影瑛路さん、三上延さんなど、好きな作家さんばかりで目移りしてしまいそうです。
ハルヒやココロコネクト、はがない、バカテスなど看板タイトルも続々出てきますし、今から胸が高まります。

七姫物語のように時間はかかるかもしれませんが、是非とも箱マリも続巻をお願いしたいですね。
あれだけの作品を埋もれさせるには惜しすぎますから。
未完で終わるぐらいなら、まだ打ち切りENDの方がマシです。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/05/14 02:02 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1086-4e9be56d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。