明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

空色パンデミック Short Stories 

空色パンデミック Short Stories (ファミ通文庫)空色パンデミック Short Stories (ファミ通文庫)
(2010/11/29)
本田 誠

商品詳細を見る
読書期間:2011/4/3~2011/4/4

【評価……B
発想 ★★★★★★★☆☆☆ … 7
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
人物 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
世界観
ラブコメ
パロディ



 ★★★★★★☆☆☆ … 7
 ★★★★★★☆☆☆
 … 7
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8




 ①結衣、お下げ髪の純真文系少女になりきりロマンス編「空をあおげば」
 ②結衣、再び発作を起こしロボットアニメのヒロインになりきりツンデレ編「閉じた世界の片隅で、私に響くほしのおと」
 ③結衣、三度発作を起こし最強女エージェントになりきり戦場バトル編「そして伝説は引き継がれる」
 ④メアリー、自ら薬で幼児化して景にロ●コン疑惑発生のリベンジ編「バッド・メディスン」
 ――“空想病”をめぐる悲しくも可笑しい日常のドタバタ悲喜劇集。

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


突発的な空想に囚われる少女に巻き込まれた苦労話が展開される、シリーズ初の短編集。
FBonlineで掲載されたエピソードに、書き下ろしが一つ追加されています。

ここまでパロディネタに走るとは思わなかった。
長編のシリアスさは皆無で、コミカルな話が多くて楽しかったです。

ただ、短編4話中3話が、自己完結型の頃の結衣が空想病の発作を起こし、景たちが付き合わされる日々を描いているんですが、展開がどれも同じで少々飽きました。
面白くないわけではないのですが、3話連続というのは構成上問題ありかと。
空想病の発作を起こさないラブコメ展開や、青井とのニヤニヤイベントをもっと見てみたかったな。

あと、いずれのエピソードも元ネタを理解していないと、面白さが半減してしまうのが難点でした。
そのまんまな展開に吹いたり、逆に結衣の勝気な性格の影響で本筋からズレていくことを感じ取ったりできないと、本来の意味で楽しむことができません。
比較的有名作品を扱ったとはいえ、個人的には2章と3章は、軽いネタしか分からなかったので、読み辛いところがありました。

・「空をあおげば」

元ネタは、スタジオジブリの「耳をすませば」。
ED曲であるカントリーロードが聴こえてきそうな古風な雰囲気を醸し出しているのは、空想病患者の結衣だけで、やはり景たちは痛い子を見る目で役者を演じているため、奇妙なラブコメ模様となっています。
空想上のヒロインである結衣に対抗心を燃やす青井が、色々と美味しいw

・「閉じた世界の片隅で、私に響くほしのおと」

元ネタは、「新世紀エヴァンゲリオン」。
森崎がガチ信者で、無駄に熱過ぎる。
話の内容がパロディ方面に濃すぎて、それこそ演劇を見ているかのような気分になります。

・「そして伝説は引き継がれる」

元ネタは、「メタルギア・ソリッド」。
まさかの木村さんの挿絵。しかも結構イケメンだし。
セーフガードたちのノリの良さのお陰で、空想病に対して神経質にならずに済んでいるのかもなぁ。

・「バッド・メディスン」

メアリーが開発した怪しげな薬を自ら服用して、幼女が幼女化するお話。
オチは丸見えでしたけど、この話が一番面白かった。
景は、もう少し学習能力を身につけてもいいと思うんだ。

それにしても、どう贔屓目なしに見ても青井が正ヒロインに見えてしまうのは、気のせいじゃないですよね。
いいぞいいぞー、もっとやれー。

空想病という免罪符でパロディネタを仕込みまくっているコメディ短編

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  空色パンデミック  本田誠    評価B 

△page top

« “文学少女”と恋する挿話集4
電波女と青春男 第2章「失踪する思春期のレヴェリー」 »

この記事に対するコメント

とことん空想病

 やっぱり構成のバランスが悪かったなあ、というのは感じました。もうちょっと空想病を少なめにしてくれるかなあ、と思っていたんですけど。

 何だかんだ言って、僕はアスカのことが好きなんだなあ、というのを再確認できました。演劇を見ているかのよう、というのは的を射た表現です。アスカは結衣には適役だったように思います。青井は青井で楽しんでいたようですし。

 第4章も、いまいち僕が見たいと思っていたものではなかったので残念でした。いや、この内容でも垣間見えるものはあるとは思うんですけどね。

URL | 紫電 #-

2011/05/08 13:16 * 編集 *

>紫電さん
やはり紫電さんも同様のことを感じましたか。
それぞれのエピソード自体は悪くないんですが、単調だったんですよねぇ。

エヴァネタは、原作を知らないので付いていけないところが多くて困りました。
メタルギアソリッドは、元ネタを知らなくても何となく物語が分かったんですが。

せっかく幅広く使える空想病という設定なのに、話が縮こまっている印象を受けましたね。
勿体無いなーというのが、率直な意見です。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/05/09 21:57 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1082-e6ac7d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。