明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

魔法少女まどか☆マギカ 第10話「もう誰にも頼らない」 

魔法少女まどか☆マギカ』第10話「もう誰にも頼らない」を観ました。
地上波は地震の影響のため放送延期となっていますが、ニコニコの配信は予定通りだったので助かりました。

以下、ネタバレ感想です。

放送開始前から、スタッフのハードルの上げっぷりが凄くて、期待と不安が入り混じっていました。
結果から言えば、なるほど、神回と騒ぐだけのことはあります。
素直に面白いわ、これ。

いきなり、ほむらの眼鏡スタイルから始まった時は何事かと思いましたが、すぐに過去編だと分かりました。
初期から予想されていた通り、ループ物でしたね。
これに関しては、驚きはなかったものの、遂に真実が明かされるということで胸のドキドキが止まりませんでした。

そして、マミさんの再登場がメチャクチャ嬉しかったです。
いやー、やっぱりこの子が一番好きです。
マミさんのテーマが流れた瞬間、ゾクゾクするほどテンション上がりましたね。
まぁ、すぐにマミったり、精神的な弱さを見せたりもしたけれど、登場してくれただけでも良かったです。

まどかの魔法少女姿も初披露ですね。
意外にも様になっていて、アクションが痺れるほどに格好良かったです。
武器が弓というのもいいなぁ。

まどか&ほむほむ&マミさんの魔法少女トリオの戦闘シーンも見応えありました。
本来、こういうパターン化された魔法少女モノを見たかったはずなんだよなぁ。
鬱シナリオであるがゆえに、この共闘がより一層尊く感じます。

声優の演技力も神懸かっていて、感情の入れ具合が半端なかった。
物語が想像通りだったとしても、演出や声、BGMなどが素晴らしくて、目が離せませんでした。
1話のアバンタイトルに繋がるシーンでED曲が流れたり、OPをラストに持ってきたりと、見事としか言いようがないですね。

5回以上見直して、初めて相当ハマっていることに気付きました。
基本は辛いストーリーなんですが、随所に女の子たちの魅力が出ているおかげで、凹んだりはしません。
可愛さに萌えたり、シュールなギャグで笑えたり、どのシーンを切り取っても面白かったです。
残り2話も楽しみでなりませんね。


テーマ: 魔法少女まどか★マギカ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 魔法少女まどか☆マギカ  ニコニコ動画 

△page top

« プロ野球ペナントレース開幕時期と節電化計画
『BUYUDEN 武勇伝』連載開始 »

この記事に対するコメント

たどり着いた結論

 僕の感想も、ネタバレになります。

 地上波では放送されなかったんですか……。 だけど、ニコニコ動画で配信してもらえて、心底ありがたいです。

 とあるガセネタを信じていたので、10話の展開は予想とは全くかけ離れたものでした。が、事前の期待度が低かった分、驚きと感動は倍増しました。
 実のところ、4~9話までは、面白いことは面白かったですけど、何となく物足りなく感じていました。だけど、今なら全てに納得がいきます。これまでの9話があったからこそ、最高の形で10話があるんですね。 アニメにおける神回というものにリアルタイムで遭遇するのは初めての経験で、静かに余韻に浸ったりすることができました。

 今までのまどかは、簡単に魔法少女になることを決断できるものではないという状況ではあるものの、ほとんど状況に振り回されっぱなしでいまいち主人公らしくなかったのに、今回は思いっきり主人公してましたね。「ナイショだよ」には、一声惚れしました。弓も、動作のためが短くて、何だかスリングショットみたいなよさがあるなと思いました。

 トリオでの戦闘は白眉でしたね。現在のループとはかけ離れた状況ですけど、こういう世界もあってよかったと思います。 一生懸命頑張るほむらに、ほむらの活躍を心から喜ぶまどか。それを見守るお姉さんポジションのマミさん。OP前半みたいな世界を、感じることができました(メンバーが若干違いますが)。 あ、OPと言えば、最後が5人に増えたことも嬉しかったです、

 一挙手一投足を考えて作ってある、腕の振り足の振り。思わず引き込まれるキャラたちの表情に、声優さんの本気。最高の力が結集すれば、ここまでのものができてしまうものなんですね。
 見た目のかわいさと、使っている武器のギャップ、武器を手に入れる手段のギャップはツボでした。これ、魔法少女だよね……? と、突っ込まずにはいられません。 そして、回を重ねるごとに、登場人物たちが現在の形に近づいていくのを、うわーと思いながら見ていました。

 省略の美。よくもまあ、これだけ濃い内容を、24分という時間の中に詰め込んだなあ、と。見返しても、無駄なエピソードがひとつもありません。あれだけ細切れなのに、説明なしで、視聴者が作品に入り込むことができます。
 この作品のよかったところは、今後のアニメにも受け継がれていくんだろうなあ、と思うと、年々アニメがすごくなっていってることにもうなずけます。

 さて。アニメは12話で終わるのが一区切りみたいですが、また俺妹みたいに15話までやったりする可能性は全くないんでしょうか? いや、考えて作ってあるので12話で充分まとまりますよね。

URL | 紫電 #-

2011/03/20 02:31 * 編集 *

>紫電さん
しばらく続きの放送が見合わせになっているようですね。
地震の影響で仕方がないとはいえ、この状態でおあずけとはむず痒いですね。

恐らく評価としては、紫電さんとかなり近いものがあると思います。
僕も同様に、4~9話は面白いとは言えても、騒ぎすぎだと感じていましたから。
10話の素晴らしいところは、初見はもちろん、繰り返し見ても楽しめるところにありますね。

まどかの主人公っぷりは、今までが今までだっただけに目立っていましたね。
武器が弓というのも、興味を惹きました。
まさに魔法少女といった感じで、部分的に切り取れば朝の女の子向けアニメでも放送できるレベルだったかなと思います。

もし最終話などで5人の魔法少女姿が揃うことがあれば、感動するだろうなぁ。
脚本家的にありえなさそうなですがね。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/03/24 23:30 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1040-abf5e76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。