明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

すてっち2! 

すてっち2! (HJ文庫)すてっち2! (HJ文庫)
(2010/09/01)
相内円

商品詳細を見る
読書期間:2010/10/1~2010/10/2

【評価……C+
発想 ★★★★☆☆☆☆☆☆ … 4
設定 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
物語 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
人物 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
文章 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
挿絵 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
コメディ
ほのぼの




 ★★★★★★☆☆☆☆ … 6
 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6





 陸上部にコバンザメ状態で、初の夏合宿に赴くことになった上乃原女子高等学校手芸部。相変わらず部活動そっちのけで、海だ水着だ、とバカンス気分の部員たちを世にも恐ろしい(?)事態が待ち受けていた。前部長の松センパイが登場したり、美晴の秘めたる思いが明らかになったりと、今回も盛りだくさんの女子高生まったり部活コメディの第2弾。

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


ほのぼの系四コマ漫画風のコメディ小説、第2巻。
前回話題だけ出た夏合宿の模様が描かれています。

そこそこ。
うん、これが一番適した感想だと思います。

思わず吹き出してしまうような笑いはないものの、つまらないわけではありません。
まぁ、中身は見事なくらい薄っぺらいんですけど、これは狙ってやっているんでしょう。
日常系作品の雰囲気を楽しめる人でないと辛いでしょうが、そうでない人は2巻なんて買いませんしね。
何も考えずにだらだらと読むのに最適です。

1巻でも少なめだった手芸話が、さらに減っているのは、ネタが尽きたってことなんだろうか。
もうちょっと部活ネタに絡めて、作品独自の色を出して欲しかった。
合宿行っても、本当に何もやってないしなぁ……w

ただひたすらに、ちょっぴりバカみたいな女の子たちが、アホのように騒いでいる本でした。
良く言えばまったり、悪く言えば淡々としています。

個人的には3巻が出たら買っちゃうと思いますが、これで670円は高すぎるかな。
ま、お勧めはできないけど、嫌いじゃないですよ。

手芸をしない手芸部による日常系ほのぼのコメディ

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  すてっち!  相内円  ほっぺげ  評価C+ 

△page top

« 暴走少女と妄想少年
電撃文庫2011年2月購入作品  »

この記事に対するコメント

 よく見たら、2巻で合宿に行ってるらしいということを後から知って、慌てて注文した次第です。

 あとがきに、「自分の中では1巻で完結していた」とあったのもうなずける内容でしたね。

 その作品で取り上げる題材自体が好きで書く場合と、その場の思いつきで題材を選ぶ場合の差を感じました。好例として、アイスホッケーのことを知らずに描き始めたアイスホッケー漫画で、中盤以降はアイスホッケーをしなくなったことが挙げられるかな、と思います。 それと比べれば、まあ手芸をしてた方かな、と言うことができます。

 合宿ネタも、よくも悪くも現実的な時間の流れに沿って描かれてますね。たどり着くまでが大変で、ドタバタしてたらあっという間に帰りの電車。『わざわざ海に合宿に行って、集中して手芸なんてできるわけない』ということを、証明してしまった感じでした。

 日常ネタに詰まったら、ドラマに逃げるという手法をしっかり学んだような気がします。それで結構お茶を濁せていたので、充分かなあ、と思います。一応手芸ネタも絡んでましたし、『進路選択を有利に進めるためには、嫌でも部活動もせざるを得ない』という暗黙の事情や、通学距離の問題などもふとしたところでリアルでよかった気がします。
 メモオフそれからにおいて、「一蹴の実家と浜咲学園と日暮荘といのりの実家の最寄駅を路線図に書き込んだ場合の、通学距離の遠ざかりっぷりが半端じゃない! 朝やってくるいのりの時間的・金銭的負担が果てしなく大きいじゃないか」と突っ込んだことのある身としては、通学距離の問題はこだわらずにはいられない部分なんです。

 全編通して部活メンバーで騒ぎ倒すのが無理なら、今回みたいに、大人になりかけパートを入れるのもありだと思うんです。 作者さんにとって動かしにくいのであれば、主人公は茜夕だけじゃなくていいと思いました。あ、あと似たような言葉を探すネタも好きですよ。
 162ページの後ろから3行目のセリフを見て、男性作家と女性作家の捉え方の違いについて考えさせられました。同じ内容を書くにしても、女性だったらこういう書き方はしないだろうな、って。 総じて言えば、この作品は、「男性作家が知恵を振り絞って書いてる」と評価したいですけどね。

 続編を望むのはちょっと厳しいかもしれませんね。編集者さんとよく話し合って決めてくれれば、と思います。

 

URL | 紫電 #-

2011/02/12 09:49 * 編集 *

>紫電さん
頑張って2巻を書きました!というのが、読者に伝わっちゃうのはどうなのかなとは思いますが、まぁ楽しかったのでいいです。
でも、この調子では3巻以降のネタ出しは苦しいでしょうね。
ちゃっきーネタも、さすがにやりすぎですし。

コメディパートとシリアスパートの比率は、1巻とさして変わらないんじゃないですかね。
なので、逃げるっていうよりも、意図的な配分のように感じました。
基本はギャグメインで読んでいますけど、真面目な青春ストーリーも悪くない作品ですね。

今回、茜のボケが多かったのは、美晴のツッコミを増やすためなんだろうなと思ってました。
ツッコミ役が少ないからですからねぇ、手芸部。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/02/14 00:46 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1009-987130e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。