fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第10話「完全復活!黄金コンビ!!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第10話のネタバレ感想です。

vsイタリアは中盤戦へ。
鉄壁を誇るヘルナンデスとイタリアDF陣に苦戦する翼たち。
あらゆるシュートを完璧にセーブする相手に焦りが生じます。
攻める気持ちが強過ぎた一瞬のスキを突かれて、逆にイタリアに先制点を許しました。

もちろん国を背負っている代表選手なので実力はあるのでしょうが、若島津はあっさりと点を獲られ過ぎですね。
多勢に無勢だったのでどんなキーパーでも難しかっただろうと思いつつも、若林なら失点しなかったのではないかとも思ってしまいます。

イタリアの堅守はいわゆるカテナチオですよね。
多人数でひたすら守ってカウンターで仕留めるという。
あまりリアルサッカーに詳しくないのですが、最近あまり耳にしない戦術な気がするのですが廃れたのでしょうかね。

先制された後、遂に3年振りの黄金コンビ復活の時。
漫画で読んだ時は結構感動したものです。
惜しかったのは、岬のドリブル突破に驚くヘルナンデスのモノローグがカットされたこと。
翼だけでないのかというリアクションが良かったんですけどね。

ゴール前で連続横パスからのフィニッシュは、初めて黄金コンビが結成した時の再現で感慨深い。
当時の若林の時よりもパスの数が多くて、よりレベルアップしているのが分かります。

前回に比べると比較的作画は頑張っていたかなという印象。
不自然でのろのろとしたシーンもありますけど、少なくとも止め絵は少なかったかな。
ただ、その後に改めて同じ部分を原作を読み直したらスピード感が段違いでした。
漫画が凄過ぎて数十年経った今でもアニメで見せるのは大変な作品なんだなと思いました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top