fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第31話「戦慄の豪華客船」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第31話のネタバレ感想です。

豪華客船編、第2話目。
殺し屋連中がヨルさんたちの偽装を見抜き襲い掛かってきました。
カッコ可愛いヨルさんいっぱいです。

相手もプロだけに手強いと感じつつも、そこはさすがのいばら姫。
今のところサシで勝負を挑んでくるものばかりなので、圧倒的な力を見せて排除しています。
護衛対象から裏の顔には見えないと言われるぐらい抜けているところもありますが、仕事に抜かりはありません。

騒動にならないようにするため、出来る限り殺しを抑えているのが逆に大変な様子。
いつも暗殺モードだと鋭い目つきをしているのに、今回は目をぱちくりとさせることが多いのもスイッチが入り切っていない証拠でしょうか。
それでも投擲でドアをぶち抜くほどの破壊力を出すのは恐ろしい。

終われる身となったヨルさんがアーニャ達に近付く展開は誰しもが予想していた期待通りのストーリーでしょう。
心を読む力で誰よりも早く状況を察知するも、幼児であるアーニャが精一杯誤魔化そうとする流れはホント面白い。

数多の盗聴器に気付くロイドの観察眼は、これまたさすがとしかいいようがありません。
それなのにアーニャの育児のことになると急激に頭のいいポンコツになってしまうロイドが楽しい。
無駄に深読みしてしまうのがアホすぎる。

冷静に考えてみたら、少なくとも今回だけで3人は死んでいるのにシリアスになりきらない作風が凄い。
アーニャの存在だけでなく、全体的な雰囲気作りのおかげなんでしょうね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top