fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

君のことが大大大大大好きな100人の彼女 第3話「無口な姫と騎士と武士」 

君のことが大大大大大好きな100人の彼女」アニメ第3話のネタバレ感想です。

3人目のヒロイン、好本静の登場です。
何という可愛さ。
ちょこまかと動く小動物的な愛らしさに抵抗できる人はいるのだろうか。

ニコニコ動画で視聴していると彼女の登場シーンで「かわいい」弾幕が自然発生していて止まりません。
どの場面を切り取っても微笑ましくて、顔がニヤケてしまいます。
彼女というよりも娘を愛でる的な感情に近い。
父性または母性本能をくすぐられる存在で彼女の右に出るヒロインは3人目にしてもう出てこないのではないかと言いたくなるほど。
既に二人の彼女持ちでありながら更に恋人を増やしてしまうムーブの説得力としては、これ以上ない適正の女の子でしたね。

漫画以上の破壊力を持っている理由の一つとして挙げられるのは、綺麗に輝く瞳のおかげでしょう。
アクアマリンのような美しさと涙が零れそうな揺らめきに吸い込まれそうになります。

恋太郎は相手を安易に否定しないところが好感持てますね。
静の愛読書を電子化かつ音声読み上げ機能まで搭載する根性にはお手上げです。
こんなに行動が格好良い男には多数の女の子が惚れるのも無理がありません。

ロマンチックな告白の後、間髪入れずに新彼女紹介シーンでギャグコメになってて落差の大きさに感情がバグります。
小動物のように震える静の可愛さと、唐音のキレッキレのツッコミが楽し過ぎました。
漫画のノリをそのままアニメ化されていて、おかげで満足度が高いままですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 君のことが大大大大大好きな100人の彼女  君のことが大大大大大好きな100人の彼女(アニメ話感想  2023年放送開始アニメ 

△page top