明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

2015年プロ野球ペナント開幕 

今年もプロ野球が開幕しましたね!
ペナントシーズンが始まると、それだけで日々の楽しみが一つ増えます。

長らくAクラスを維持していたので、敵地開催の開幕戦というのはドラゴンズファンにとって慣れないものです。
おかげで地上波で放送もなかったようですね。
まぁどちらにせよ仕事でテレビなんて観れなかったのですが。

帰宅中の車内でラジオ中継を聴いていました。
残念ながら中日ドラゴンズは開幕戦黒星スタートになってしまいました。
勝てる展開だっただけに惜しい。
とはいえ、これだけ競った勝負が出来るのであれば問題ありません。

今年もワクワクさせてもらえそうです。

△page top

食戟のソーマ 第111話「コース料理」  

食戟のソーマ第111話「コース料理」のネタバレ感想です。

あー、これは正統派な面白さだなぁ。
明らかに今までとは格の違う現場で扱かれる創真が新鮮だ。

「洋食の三田村」とはまるで正反対の展開。
創真が培ってきた経験では対処のできない状況に説得力があります。
なるほど、コース料理ってのは調理場からするとこんなに大変なのか。
食べる側からすると、ただ順番に出てきてるだけでも、複数の客相手にタイミング合わせないといけないわけですから、そりゃあ混乱しますよね。
でも、ぶっちゃけリアルでコース料理っていつも出てくるのが遅いと思っちゃうなー。

創真の良いところは、現状を把握して前向きに切り替えられること。
失敗を失敗のままで終わらせず、かといって腐ることもない。
スカッとさせてくれるので気持ちがイイ奴だなーと思います。

それにしても四宮が優しすぎてニヤける。
元々がこんなに頼れる男だからこそ、学園時代の仲間に慕われていたんだろうなぁ。

テーマ: 食戟のソーマ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 食戟のソーマ 

△page top

食戟のソーマ 第110話「魔術師再び――!!」 

食戟のソーマ第110話「魔術師再び――!!」のネタバレ感想です。

四宮ウキウキでワロタ。

オープンに関わっている本店のスタッフも言ってる通り、四宮丸くなりましたね。
田所との食戟で明らかに柔らかくなったのが見てとれます。
己を成長させるキッカケを探していた創真を歓迎すらしていますよ。

前回戦った時は創真も読者も実力差をハッキリと分かっていませんでした。
しかし、秋の選抜で創真自身がまだまだだと痛感した今となっては、四宮のレベルはまさに雲の上といったところ。
だからこそスペシャリテを掴むキッカケとして、これ以上ない相手とも言えますね。

それにしても、魔術師ってアレですか。
料理に魔法を掛けるんじゃなくて、食べた人を魔女っ子にしてしまうんですか。
あれが四宮の趣味なのか……。

テーマ: 食戟のソーマ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 食戟のソーマ 

△page top

食戟のソーマ 第109話「光をあてる者」 

食戟のソーマ第109話「光をあてる者」のネタバレ感想です。

あー、もう「洋食の三田村」のスタジエールは終了なのか。
てっきり同じ店舗で新たな問題に取り組むのかと思っていました。
まさか2店舗目に移動とは……、くそう。

これでは秘書子の出番が終わるじゃないか!

そりゃまぁただの脇役ですから4話も出番貰えただけ良しとするべきなんでしょうが。
でもこのエピソードは毎回秘書子の表情が見られるだけで楽しかったですね。
話のまとめ方も定番ではありましたが、良かったと思います。

予想通り秘書子自身の言葉で吹っ切れる流れでしたね。
それが創真にも当てはまっていることに何故か気付いていませんでした。
確かに創真も親父のあとを追っていただけだもんなぁ。
葉山に負けた同士というだけでなく、そんなところまで似た二人だったんですね。
こうなると随分前からストーリーが練られていたんだなと思わされます。
もし仮に後付け設定だったとしても、構成が巧いので問題ありません。

最後に「ありがとう」と素直に感謝の言葉を出せる秘書子は本当に魅力的な女の子でした。
えりなの前で創真と秘書子が再会するシーンが今から楽しみですね。

そして、次の研修先が四宮の東京支店オープニングスタッフですか。
堂島もそうだけど出し惜しみせずに頻繁に出てきますね。

テーマ: 食戟のソーマ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 食戟のソーマ   

△page top

食戟のソーマ 第108話「道を選ぶ」 

食戟のソーマ第108話「道を選ぶ」のネタバレ感想です。

眼鏡秘書子が可愛い。
もはやそれが全てで良いんじゃないでしょうか。
眼鏡っ子が眼鏡外すときのギャップは古典的な手法ですが、個人的には普段眼鏡掛けてない女の子が掛ける眼鏡もいいと思うんですよ。

……まぁ、それは置いておいて本題。
やっぱりメニューを絞るというのが真っ先に思いつく手ですよね。
秘書子の提案は真っ当ではあるはずです。
ただ経営者側からすると譲れない拘りというものがあるわけで。
創真の提案からとはいえ、完全予約制とは思いきったことするなぁ。
元々のお客の入り具合がどれぐらいあったのか知りませんが、あんなにシェフがいるお店で完全予約制にするのは冒険がすぎるんじゃないでしょうか。
以前の常連さんの喜ぶ顔が見られてイイハナシダナーで終わるのは構わないんですが、経営していけるんだろうかと思っちゃいますね。

秘書子が訴えるシーンは、自分に言い聞かせているように聞こえました。
きっとあれが今後の秘書子の歩む道を選ぶキッカケとなるのでしょうね。

テーマ: 食戟のソーマ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 食戟のソーマ 

△page top

ドラクエ10プレイ日記Part62「導きの盟友」  

DQ10ver2nd完結

バージョン2、完結。

オフラインの冒険

ずっと後回しにしていたオフラインモードをやっとクリアしました。
時間があるとついついオンラインで遊んでしまうので、2年半も放置してしまいました。
5時間もあればクリアできると知ってはいたのですがね。

思ったよりも普通に遊べるんだなぁというのが率直な感想。
発売当時のシステムとなっているので不便なところを感じるんだろうなと思っていたので意外でした。
魔物が向かってくる音と逃げて行く音が一緒だったり、アイテムの複数同時使用などがなくても全然問題ありませんでしたね。

敵の強さや素材の価値などがオンラインと異なっているんですね。
みずたまドラゴンが序盤に出てきて驚きましたけど、メチャクチャ弱かったです。
にじいろの布切れが錬金で入手しないといけないとか、オンラインでは考えられないなー。

難易度的にはそんなに高くないですね。
ひたすら金欠なのはドラクエシリーズ定番ですが、装備を整えなくてもクリアするだけなら十分可能でした。

時渡りが繋ぐ絆

このタイミングでオフラインモードに手を付けたのは、当然2.3シナリオで絡みがあるからと告知されていたからです。
実際やってみて思いましたが、オフラインプレイしているか否かで思い入れ変わりますね。
オフラインで登場したキャラが出てくるたびに感傷的になりました。
まだこの話には続きがありそうなので、バージョン3に期待しています。

決戦!大魔王戦

ストーリーは一度始めると一気にやりたくなります。
続きが気になっちゃって止め時が見つからないんですよね。

ラストダンジョンの演出で良かったと思うのは、雑魚敵の登場シーン。
まさに行く手を阻む強敵!といった感じで、自然と最終決戦に向けてテンションが上がっていきました。
たとえ負けはしなくても消耗させられる強さというのもバランス良かったと思います。

そして、迎えるはバージョン2のラスボス戦。
至る所から難易度の高さを聞いていたので、覚悟を持って挑みました。
あ、ver2.4後期から難易度選択出来るようになっていますが、もちろん「強い」を選んでます。
本当はバージョンアップ前に挑戦したかったのですが、時間の都合上難しかったので、アンルシアのレベル上げなどもさせずに可能な限り同じ環境下で臨んでみました。

PT構成は、自分が武闘家、サポに僧侶・魔法戦士・魔法使い。
ストーリーボスの攻略はいつもこの構成で挑んでいます。
コインボスと違い、攻略情報を見ずに挑むスタイルです。

1戦目。
あれ?あまり強くない……?
いや、弱いわけじゃないんだけど思ってたよりも強くは感じない。
これはもしかすると初挑戦で勝っちゃうかも……と思っていた矢先、状態異常で壊滅させられました。

2戦目。
今度は呪いGと麻痺Gを付けて挑戦。
サポに変化はないので自分以外は基本的に喰らいまくりです。
中盤までは楽勝で、状態異常が掛かりやすいフィールドになってからが本番。
僧侶が一人しかいないのでキラポンは期待できません。
呪いと麻痺にさえならなければ行動はできるので、猛毒などは不撓不屈で治して、味方の状態異常回復に努めます。
しかし、防戦一方だと崩れると判断し、隙を見て一気に叩き込みました。
そうして最終フィールドにさえ移ってしまえば、こっちのものでしたね。
予想よりもずっと楽に勝利することが出来ました。

実は途中で気が付いたのですが、アンルシアに盾装備するのを忘れていました。
料理も食べずに終わりましたし、準備不足のまま勝っちゃいました。

もしかすると構成が良かったのかもしれません。
おそらくポイントは魔戦でしたね。
アンルシアの弱体化攻撃やフォースブレイクで属性耐性が下げられるので、フォースが非常にいいダメージを出してくれました。
武闘家やアンルシアの攻撃はもちろん、魔法使いのダメージも伸びますしね。
あとは一喝の優秀さを改めて実感したってのもあります。

クリア後に攻略情報や動画を見てみましたが、キラポンやマホカンタあると便利そうですね。
あと自キャラ・ホイミン・アンルシアの3人でクリアしている人もいてビックリ。
準備さえすれば勝てるので、運ゲーとは思いませんでした。

とにもかくにもこれでバージョン2も無事クリア。
シナリオ的には、バージョン1とは比べ物にならないくらい面白かったです。
来月末に発売するバージョン3の展開を匂わすEDだったので、期待せざるを得ませんね。

テーマ: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

ジャンル: オンラインゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ10 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top