fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

アクセル・ワールド 第23話「Consolidation;絆」 

ラスト2話!
アクセル・ワールド」第23話を視聴しました。

シルバー・クロウにとっては、三度目となるダスク・テイカーとの激突。
誰かが加速世界から離脱することが約束された≪サドンデス・デュエル≫は、正真正銘のラストバトルです。

もはやタクムが主人公兼ヒロインで良いんじゃなかろうか?
それくらい王道的な主人公の立ち回りを演じ、かつハルユキの相棒役を担っていました。
トラウマを乗り越えて、ダスク・テイカーへリベンジを果たすところなど、主役以外の何者ではないですね。
愛する人を囚われてやられるがままになるところも、ある意味伝統って感じ。
さすがに一方的にやられすぎというか、チユリに弱過ぎだろうとは思いますけどね。

シアン・パイルは、剣を構えるサンライズ立ちが様になってますなー。
時々表示されるタクムの顔が一々イケメンなもんだから、格好良くて惚れそうですわ。
理系キャラと思いきや、時々抜けているところも含めて楽しいキャラですね。

そんなタクムに出番を奪われ気味だったハルユキ。
まぁ、相手が悪かったですね。

シルバー・クロウを隔絶していたのは、ダスク・テイカーの協力者であるブラック・バイス。
能美とはまた違う異質な雰囲気を持っており、一筋縄ではいかない印象を与えるキャラですね。
声色が落ち着いていて、とても中高生には聞こえませんでした。
一瞬だけ見せた戦闘能力は、明らかに加速世界でも上位に位置するものだと感じ取れましたね。

絶体絶命のピンチに駆けつけたのは、他でもない黒の王、ブラック・ロータスでした。
結局ハルユキ達だけで解決出来なかったことに賛否両論あるでしょうが、こういう仲間が助けに来る展開は多用されなければ燃えますね。
出来ればもう少し覇気のある声で叫んで欲しかったのですが……早々上手くはならないか。
そういえば、沖縄編を挟んだおかげで少し会話に広がりが出ていましたね。
沖縄編は浮いていましたが、全てはココに繋げるための伏線と考えれば、まぁ悪くはないかなと思います。

相変わらず安定した作画で、変なところで気を取られる心配がないのが嬉しいですね。
次回最終回、ド派手な決着に期待します。

テーマ: アクセルワールド

ジャンル: アニメ・コミック

タグ:   アクセル・ワールド  アクセル・ワールド(アニメ話感想)  2012年放送開始アニメ 

△page top