FC2ブログ

明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」 

「アクセル・ワールド」第12話視聴しました。
これで1クール終了と同時に原作2巻分まで終えたことになります。

あれー?クロム・ディザスターってこの程度の実力だったっけ?
確かに、原作通りの展開のはずなんですけど、随分と弱く見える。
いくら超長距離ジャンプを行うとはいえ、クロウに協力を仰ぐ必要性も薄いような……。
王が怯えたり、複数で囲んだりするぐらいのはずが、何だかんだでクロウ一人で倒してしまっているし、ボスっぽさが足りなかったですね。

戦闘は一つ一つの動作がキッチリしていて、滑らかというよりも型にハマった感じ。
決して悪い意味ではなく、むしろ丁寧な仕事だなと好感を持てました。

しかし、その戦闘の合間に行われる語りは、長ったらしくてテンポが悪い。
前回もそうでしたけど、のんびりとダラダラ喋り過ぎです。
何もかも片付いた後ならば構いませんが、クロム・ディザスターが逃げてもすぐに追いかけようとしないのは、どうかと思いました。

しかも、説明して欲しいところは何故かちょくちょく抜けがあったりするんですよねぇ。
例えば、トドメの一撃に使用したのが≪ジャッジメント・ブロー≫だというフォローがなかったりとか、変遷の説明が不足していたりとか。
回によって結構バラツキが大きいなぁ。
脚本家の違いによるんだろうか?

黒雪姫の「うわー」という叫びが棒読みすぎて笑ったw
いつかは上達するでしょうけど、さすがにこのアニメの放送中に大幅なスキルアップは望めないでしょうね。

さて、次は個人的に一番好きな3巻の内容に突入ですね。
楽しみです。

テーマ: アクセルワールド

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アクセル・ワールド 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top