FC2ブログ

明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

偽物語 第捌話「つきひフェニックス 其ノ壹」 

偽物語8話エンドカード

今回のエンドカードは、カントクさん。
ラノベ「変態王子と笑わない猫。」の挿絵を担当し始めた辺りから一気に名が売れ始めた感のある方ですね。
やはり安定した良い仕事をされます。

というわけで、「偽物語」8話の感想です。

どこからどう見ても、ただのエロアニメでした。おわり。

……いやいや、冗談抜きで、もうそれだけで表せてしまう内容なんですがw
噂には聞いていましたが、これが歯磨き回というやつですか。
うーむ、何というマニアックなエロチズムなんだ。
思わず体がモゾモゾしてしまうわw

新エピソードでは、前ヒロインの見せ場から始まる法則とはいえ、丸々1話火憐回じゃないですか。
「かれんビー」以上に出番があるってどういうことなの。
しかも、急に火憐がベタベタしてきているし、前回までと温度差が激し過ぎる。
妹の処女をあげるという発言は、喜ぶどころか若干引くわー。

兄も妹も新たな性癖に目覚めちゃいましたね、これは。
これから先、歯磨きをしあうことが日常的になっていたりして……。
うん、これは変態と罵られても仕方がないと思う。

しかしながら、本当に歯磨きプレイは性感を刺激するのかな。
火憐の表情は過剰でしょうけど、気持ち良いと感じる人もいるんだろうか。
まるで想像が付きませんが、やりたいとも思いませんねw

わざわざ火憐にスカートを履かせ、パンチラやパンモロを見せるフラグにしか思えません。
その術中にはまり、目が追ってしまうのは男の性です。
不自然な鉄壁スカートは、物理法則を無視したり構図を限定してアニメの良さを殺すことになりますから、多少パンチラがあった方が良い場合が多いですね。

「つきひフェニックス」に突入したことにより、OPが変化していました。
月火役の井口裕香さんが歌う「白金ディスコ」は、和服を着る月火らしい和風ポップな曲ですね。
優雅でありながら少女の可愛げが存分に引き出されていたと思います。
使用している音階が普段あまり聴かない音のように感じられたのは、気のせいなのかな。
爽やかなんだけど、どこか淡さも残る音色が耳に馴染み、結構気に入りました。
「はーどっこい! あーよいしょ!」の掛け声から始まるイントロも癖になりますね。

テーマ: 偽物語

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 偽物語  物語シリーズ 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top