FC2ブログ

明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

緩やかな変化の結果に気付くだけの月日が流れた 

普段から車を運転している人だと分かると思うんですが、ルール無用の駐車をする輩っていますよね。
単純に下手な人ならまだ仕方がないんですけど、勝手な止め方をする人間とは仲良くなれません。

えーと、そんな愚痴を言いたかったわけではなくてですね。
今日、駐車しようとしたスペースが、強引に入り込んだ車のせいで非常に狭かったんですよ。
軽くイラッとしましたが、ほぼ無意識的にハンドル操作をして、きっちりと駐車しました。
で、車から降りて気付いたこと。
いつの間に、こんな自然と車の駐車が出来るようになったんだろうか、と。

初心者マークを付けていた当時、車の駐車に苦手意識を持っていました。
教習所で練習はしましたが、実践で行うには勇気が要ります。
切り返しがなかなか上手くいかず、苦労した覚えが強く残っています。

それが、今ではもう得意とか不得意とか考えるまでもなく、当たり前のように車を動かすことができるんですよね。
別に運転が上手いわけでもないと思うんですけど。
それだけ日常的に車の運転をし、慣れたということなんでしょう。
免許証を取得してから早数年。
ゴールド免許になってからもそれなりに経った今、改めて月日の流れる早さを痛感します。

ははぁ。
なるほど、歳を取るわけだ。
誕生日だからと言って特別なことがあるわけでもありませんが、ふと考えさせられたりしますね。

せっかくの区切りですから、何かアクションを起こすべきなんでしょうけど……良い案浮かばないなぁ。
スポンサーサイト



テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top