FC2ブログ

明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

人生の計算 

以前は、物事を足し算で考えていました。

記憶や経験を積み重ねていき、それを糧にして成長していければいいな、と。
たとえスローペースであっても、努力をすればある程度の域には達するものだと思っていたわけです。
継続する難易度を度外視すれば、それは今でも間違っていないと信じています。

何事も経験という常套句は嫌いではありません。
体験できることで得られる実感には、想像だけではまかなえない領域があるはずですから。

しかし、この考え方は余裕があるからこそ可能なものだと、このところ毎日、身をもって肌で感じています。

限られた時間しかなければ、そんなこと言ってられません。
というよりも、人間は誰しもいつかは死ぬのですから、最初からタイムリミットが設けられています。
意識するかどうかの違いなんでしょうね。

いかに残りの人生で許された時間内で、満足に過ごせるかどうか。
振り返ってみたときに後悔の少ない道を選ぼうとするのは昔からですが、最近ではさらに「今」する必要性があるのか考えるようになってます。

明確なターニングポイントがあったわけではありません。
いつの間にかという言葉でしか表現できないくらい、気付いたら自分は人生を引き算で考えるようになっていました。

多くのことを抱え込みやすい性格でしたが、少しずつ絞ることができるようになってきました。
与えられた自由の中では、もっと素直にやりたいことを追求みたいと思っています。





えーと、何が言いますと。

また一つ歳を取りました。
早いなぁ。
スポンサーサイト



テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top