明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

『ONE PIECE』47巻 感想 

今現在、発売日に買い続けている漫画の単行本。
それは、「ONE PIECE」だけだったりします。
発売日以外で買ってる連載中の漫画だったら、他にもいくつかあるんだけどね。

もういつの間にか10年以上もジャンプで連載し続けていて、ドラゴンボールの42巻すらも越えているのが不思議に思える。
内容が濃いように見えて薄く感じられるのは何でだろう?

確かに、平均点以上の面白さはある。
けれど、買い続けてまで読まなければいけない程なのかと聞かれると、クエスチョンマークが頭に浮かぶ。
正直なところ、惰性で買っているところがあるのは否めないねぇ。
ただし、それは裏を返せば、購入をやめるほどつまらなくはないってことにもなるんだよなw

そんなわけで、最新刊の47巻を買ってきました。
今回、30巻以上振りの伏線を回収しましたが、これは最初から考えていたのかなぁ。
何か、途中で思いついただけっぽいよなぁ……ちょっとズレがあるしw
でも、こういうのは長くやってるからこそできる利点でもあるね。
はじめの一歩もそうだけど、長期連載漫画はそれだけ後から伏線を作れるというもんだw
そんな伏線が案外面白かったりするんだよね。

一つ気になるのは、今シリーズの敵キャラにあまり魅力がないこと。
まぁ、その代わり味方キャラのブルックがいい味出してます。
ああいうキャラ、大好きですw

しかし、やっぱり47巻も話だけは濃密で、展開は遅いね。
これは、単行本で一気に読むことで楽しめる漫画だよなぁー。
あ、だから単行本を買うのか?w

ONE PIECE 巻47 (47) (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻47 (47) (ジャンプコミックス)
(2007/09/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: 本・雑誌

タグ: ワンピース  尾田栄一郎 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。