明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

初めてのドラゴンクエストコンサート2007年夏 後編 

ドラクエコンサートレポート後編です。

昨日の中編には書きませんでしたが、第一部の間にあったMCでは、色々なことがすぎやま先生の口から語られました。
一番興味深い情報だったのが、新作のⅨの話。
何ともう既に5曲も完成したとか。
これは思っていたよりも、案外早くⅨは発売される……のかなぁ?w
Ⅷもまだ未プレイなのに、どうしようw

あと、すぎやま先生はソロ演奏を頑張った人に対して握手をしたり、拍手を促したり、GJを送ったりしていました。
観客や奏者をノせるのが上手いねw
大半は座りながらの指揮だったけど、ここぞという時は立ち上がって魅せてくれました。


【第二部】
一部の曲に熱狂的ファンが多い曲が並んでいる第二部。
こちらは、休憩なしでぶっ続けに演奏されました。
ずっと息を静めているのも大変なんで、一度くらいはMC入れてくれると嬉しかったかな。

■恐怖の洞窟~呪われし塔
洞窟、そして塔用のBGMです。
どのシリーズでもそうなんですが、ダンジョンのBGMはゲームプレイ時と違って聴こえてくるのが不思議ですね。

■エレジー~不思議のほこら
どちらも哀愁を漂わせる、少し哀しい曲です。
第五章の始まりを思い出すと、何だか切なくてため息が出てしまいます。

■のどかな熱気球のたび
気球の搭乗時に流れる穏やかな曲。
タイトルにもあるように、非常にのどかで、のんびりとした気球の様子を表しています。
ふわふわした曲調で、どの辺りに集中して聴けばいいのか、よく分からない曲w

■海図を広げて
船に乗っているときのBGM。
天空シリーズの船の音楽は、どれもこれも寂しげで、なおかつ広大な大海を表現していて好きなのですが、この曲も本当にいいですね。
クレッシェンドにより、だんだん音が大きく力強いものに変化していく辺りは鳥肌ものです。

■ピサロ~ピサロは征く
PS版の新曲のうちの一つで、その名の通りピサロのテーマです。
格好いいというか、キザっぽい曲だなぁと思いましたw

■謎の城
天空城の音楽。
コンサートマスター、略してコンマスのヴァイオリンのソロ演奏が目立っていた曲目ですね。
ゆったりとしているんだけど、しっかり城の音楽になっているのがさすがというか。

■栄光への戦い(戦闘~邪悪なるもの~悪の化身)
通常戦闘、ラスボス戦のバトルメドレーです。
ドラクエの通常戦闘BGMの中でも、1,2を争うほど好きな曲で、今回のコンサートで一番期待していました。
実際の演奏は、期待以上のものでした。
こういう豪快な音楽を大音量で聴くことができることこそ、生演奏の真髄ですな。
CDと違って、テンポの早い打楽器の音がかなりはっきりと聴こえ、メリハリがついてよかったです。
この4の戦闘曲だけは、ボス戦でも十分使えると思いますね。
邪悪なるものから悪の化身にかけては、おどろおどろしさを醸し出しています。
ドラクエのラスボス戦BGMはⅢを除いて、イマイチ評判を聞きませんが、Ⅳは決して悪くないと思いますね。

■導かれし者たち
エンディング曲です。
ドラクエⅣの世界を表現しつつ、物語の最後を締めるのに相応しい素晴らしい曲ですね。
アンコールがあると分かってるとはいえ、もうこれでおしまいかと思うと寂しかったですねぇ。
音もどんどん小さくなっていって、フェードアウトして終了ですからね。

【アンコール】
長い長い拍手の後、また舞台中央に戻ってきたすぎやま先生。
何の曲目を演奏してくれるのか分からないということで、何気に一番ドキドキした瞬間だったかも。

■広野を行く
アンコール1曲目は、Ⅰのフィールド曲でした。
ⅡやⅢでも登場するロトシリーズを代表する一曲ですね。
とても静かで繊細なメロディなのに、心までも揺さぶらされるような感覚を受けました。

■レベルアップ音
「とても長い曲です」と前振りをして、タイトルも発表せず指揮棒を構えたかと思ったら、流れてきたのはドラクエ恒例のレベルアップのSEでしたw
会場爆笑w
「ね、長かったでしょ?w」と笑うすぎやんw

■宿屋SE
さらに続いて流れたのは、宿屋に泊まったときの音楽w
「これでアンコールを3曲もやってしまいましたw」と言ったときは、一抹の不安を抱きましたよw

■この道わが旅
すぎやんもこのまま終えてしまったら、さすがに恨まれるかと思ったのか、とっておきの曲を残していました。
Ⅱのエンディング曲であり、アニメ版「ダイの大冒険」のEDテーマとしても有名な「この道わが旅」です。
この曲がどれだけの人にとって愛されているかは、タイトルコールをしたときの大歓声に表れていますね。
僕自身も、この曲はドラクエ史上最高のエンディング曲だと思ってますから、一気にテンション上がりましたよw
コンサートの最後を締めくくるのに、相応しい楽しい曲でした。
おかげで、より一層幸せな気分を浸ることができましたね。


これにて今回のコンサートは終えました。
とても満足のいく公演でした。

ぶっちゃけると、素人の僕に出さえ分かるミスが多々あったけれども、それでも生演奏の迫力は思う存分味わえたし、何よりも楽しかった。
音楽って、CDなんかだと目を閉じて耳に集中して聴いたりするときもあるけど、オーケストラでは視覚的な楽しさがありますね。
全体を見渡すことの出来る席なのはよかったけれど、今度はもう少し近い席で奏者の表情とかも見てみたいなぁと思ったよ。

コンサートが終わった直後は、良かったなぁという余韻に浸っていたからぼんやりとしか考えていなかったけど、時間が経つにつれて、来年も絶対に行きたいと思うようになってきたよ。
東京の楽団のも聴いてみたいなぁ。
そこでオフ会するのもありかもね?w

ともかくとして、最高に楽しい一夜でした。
あれほど熱意のこもった拍手をしたのは、いつ以来だっただろうかw

よしっ、今夜もドラクエ4のCDを聴いてから寝るとすっか~。

交響組曲「ドラゴンクエストIV」導かれし者たち交響組曲「ドラゴンクエストIV」導かれし者たち
(2005/05/18)
すぎやまこういち東京都交響楽団

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: ゲーム音楽

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ4  すぎやまこういち 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。