明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

食戟のソーマ アニメ第2期 

ジャンプで「食戟のソーマ」のアニメ第2期が発表されました。
第1期は毎週放送日が待ち遠しいぐらい楽しんで視聴していたので嬉しいですね。
物凄く中途半端で終わっちゃいましたから、絶対やってくれるはずと思っていましたが、深夜アニメは円盤の売り上げが重要なので少々不安ではありました。

制作会社は一緒なのかな?
終始安定していたので、下手に変更をせずに継続してくれた方が有難いですね。

第1期は24話で秋の選抜編の予選が終わったところ。
原作でいえば8巻途中までを消化。
来月16巻発売されることを考えると、同じく2クール構成でも問題はなさそう。

注目は秋の選抜本戦、そして秘書子のスタジエール編ですね。
秘書子の出番がそこそこありそうなので期待大。
スポンサーサイト

テーマ: 食戟のソーマ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 食戟のソーマ  食戟のソーマ(アニメ) 

△page top

響け!ユーフォニアム 第1~5話感想 

「響け!ユーフォニアム」が面白い。

今期から始まった京アニ制作の吹奏楽部アニメです。
京アニの音楽系部活モノといえば「けいおん!」があまりに有名ですが、まるで別ですね。
緩さと萌えに特化したような「けいおん!」とは逆に、リアリティが随所に練り込まれている青春モノとなっています。

こんなに一つのアニメにハマったのは久しぶりだなぁ。
毎週各話最低3回は視聴していますよ。
5話に限っては7回は観ています。

最近この手の萌え系の絵柄のアニメは敬遠していたのですが、これは別格ですね。
しばらく京アニ作品を見ていませんでしたけど、さすがって感じ。

主人公の久美子が、キャラ的にかなり好み。
素直に捻くれているというキャラ造形をアニメで表現しており、時々思ったことをそのまま口にしてしまう失言系主人公です。
失礼なことを平気で口走るクズさがたまりません。
幼馴染みの男子相手に舌打ちしたり、同級生の女子の胸を比べて嫌味と取られてもおかしくない発言したりと、見所満載です。
でも根がイイ子なのは分かるし、向上心もある。
悩んだりダラけたりと等身大の女子高生が、アニメキャラとして可愛く成立している良い例ですね。
声優さんの演技も素晴らしくて、この声優さんの別アニメもチェックしたくなるレベル。
見た目的には1話でやってたポニテをまた復活させてくれると言うことなしなんだけどなー。

熱心に部活動に励んでいるので、青春の熱のこもり具合が半端じゃありません。
5話を何度も観直しているのは、主人公の意識の覚醒、そして主人公達の学校の実力が認められた場面がゾクゾクするほど痺れたからです。
誰もが耳にしたことがある音楽を選曲するのはウマイですね。

もしこの調子でクオリティが上がって行くのであれば、BDの購入も検討せねば。
是非ともそうなって欲しいものです。

テーマ: 響け!ユーフォニアム

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 響け!ユーフォニアム 

△page top

食戟のソーマ アニメ第1話「果て無き荒野」 

アニメ「食戟のソーマ」第1話を視聴しました。

ご覧の通りブログにて各話感想を書くほど好きな作品です。
当然の如くアニメを待ちわびていました。
ただジャンプアニメは基本的に過度な期待は危険なので、原作ファンとして所々楽しめればいいかなーと思っていました。

そんな予想を覆すクオリティの高さ。
作画に演出と気合入ってるじゃないですか。
料理シーンはきっと止め絵の連続なんだろうと思っていただけに、動きまくってて驚きました。
スピード感もあって、漫画とは違った迫力が感じられて大満足。
あとはこれを継続してくれればいいのですが、それが一番難しいのでしょうね。

声に関しては可もなく不可もなく。
創真もえりなも若干イメージとは違いましたが、極端に外れているわけでもないですね。
実力ある声優陣ですし、演技に関しては何も心配していません。

それにしても久しぶりに第1話を見ましたが、初期はぶっ飛んでますねぇ……。
エロというかイロモノというか。
このままの路線のままだったら、きっと人気は爆発しなかったでしょうね。
OPで恐い人が映っていましたが、彼の登場する回が今から待ち遠しいです。

テーマ: 食戟のソーマ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 食戟のソーマ  食戟のソーマ(アニメ) 

△page top

「食戟のソーマ」アニメ化 

食戟のソーマ」のアニメ化が発表されました。
時間の問題だとは思っていましたが、遂に来ましたね。

思っていたよりも早かったような、まだまだストックが足りないような。
まぁでも同時期に始まった「暗殺教室」のアニメ化も間近ですから順当なんでしょうかね。

ジャンプ漫画というとゴールデンタイムで放送されるイメージが強くあります。
ただそれだと過激なエロは規制されてしまうでしょうから、作品的には深夜向けなのかな。
ぶっちゃけエロなしでも熱い料理バトルが見所なので、全然構わないですけどね。

キービジュアルを見る限りは、極端な作画崩壊は心配なさそう。
佐伯俊さんの美麗な絵をそのままアニメにするのは無理がありますから過度な期待はしません。
スピーディーな料理アクションと盛り上げてくれるBGMさえあれば、あとは自然と高クオリティになるんじゃないでしょうか。

声優は誰が担当するのかなー。
キャラに合ってさえいれば新人でもベテランでも大歓迎です。

作品的にオリジナル回を入れやすいと思うので、人気が出て長期放送となったときは独自路線に走りそうですね。
そんな先の心配をする前に、まずアニメが成功することを祈るべきか。
現在購読している数少ない漫画なので、今からアニメが楽しみです。

テーマ: 食戟のソーマ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 食戟のソーマ 

△page top

とある飛空士への恋歌 第1話「旅立ちの島」 

冬の新番組の第一弾として「とある飛空士への恋歌」を視聴しました。
原作はガガガ文庫のラノベで、既読済みです。
序盤はともかく、中盤から終盤にかけてガチ泣きした思い入れのある作品ですね。

まず第1話の率直な感想としては、悪い意味でヤバめ。
現時点で駄目とは言いませんが、既にコケそうな雰囲気が漂いまくっています。
これは先行き不安だなぁ……。

原作ありのアニメ第1話を作る場合、大きく分けて二つのパターンに分かれます。
主にNHKアニメやジャンプ系アニメで見られる原作通りに順番に放送する方法。
そして、初手のインパクトを与えるために構成を大きく変えて脚本を練り直す方法。
大抵の深夜アニメは1,2クールなので、ほぼ後者の方法が選択されます。
本作品もそうだったのですが、この方法で上手く行った試しがほとんどありません。
大事な説明や土台を素っ飛ばしているため、説明不足になってしまっています。

キャラの名前、人間関係、目的、世界観。
原作を読んでいるから分かりますが、アニメから入った人だと意味不明に感じると思います。
もちろん、後々謎が解けていくという展開も物語的にありだとは思うのですが、そもそもの前提として情報が欠けているかな。
確かに30分で説明するのは難しい内容だとは思うですけどね。
おそらく2話以降で説明が入ると思われるので、そちらに期待するとします。

カルエルの情緒不安定さが原作から更に増していました。
どうみても取っ付きにくい人間だよなー。
主人公として魅力的かと問われると物凄く微妙なライン上なのですが、成長は見ていて楽しかったです。
アニメでも見違えるようになると良いんですがね。

キャラ立ちが怪しい面々の中で、クレアは可愛く見えました。
あんなにあざといキャラじゃなかったと思うんだけどなぁw
妙に立ち回りがジブリっぽかったのは意識して描いているんでしょうね。

アニメ的に最も評価できる点は、やはり臨場感のある空戦でしょう。
物語的にはまだまだ先ですが、アバンで見せてくれた戦いはなかなか見応えありました。
あのクオリティで動いてくれるのなら、鳥肌が期待できそうです。

中身の濃い原作5冊を1クールで収められるのかどうか。
正直無理っぽいですけど、その予想を裏切って是非ともあの感動を再び味わいたいですね。

⇒ 原作「とある飛空士への恋歌」 1巻感想

テーマ: とある飛空士への恋歌

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: とある飛空士への恋歌 

△page top

ベイビーステップ アニメ化決定 

「ベイビーステップ」がアニメ化決定しました。
来週のマガジンで重大発表があるという話だったので、もしかしたらとは思っていました。

連載開始当初から惹かれ、今ではマガジンに限らず少年漫画の中でも1,2を争うほど面白いと思っている作品なだけに、このアニメ化のニュースは嬉しいですね。
しかもNHKで放送するらしいので、「MAJOR」や「バクマン。」のような数クールに渡って丁寧な描き方が期待できます。
原作が28巻発売直前までストックあるので、アニメ化するならばNHKが最高でした。

作風もNHK向きだと思いますね。
少々地味だけど真面目な作品で、かといってギャグも面白くないわけじゃない。
もちろんテニスの試合は燃えるし、熱い展開に試合の行方が分からないことも多々あります。
魅力的なキャラによるロマンスもあれば、ライバルとの意地の張り合いにも手に汗握ります。

もう何年もかけていいので、じっくりと最初の方から物語をなぞって欲しいですね。
テニスは常に動きまわっているので、アニメーション担当する作画班には特に頑張ってもらいたい。

いつから放送するのか分かりませんが、実に楽しみですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ベイビーステップ 

△page top

東京レイヴンズ 第1話「SHAMAN*CLAN -約束-」 

東京レイヴンズ」アニメ第1話を視聴しました。

原作は富士見ファンタジア文庫、著者はあざの耕平氏。
このブログを見て頂いている方ならご存知の通り、作家ファンです。
アニメ化は非常に楽しみにしていました。

同作者の前作「BLACK BLOOD BROTHERS」のアニメは力の入れ方が微妙に曲がっていたので少々不安だったのですが、アニメ版「東京レイヴンズ」は素直に面白いなと思えますね。
視覚的に初めて捉えられたシーンや演出が原作の補間になります。
映像として見ると、文字とはまた違った迫力を感じますね。

しかし、これは原作既読者としての楽しみ方だとも言えます。
アニメ組の人達でも分かるように配慮してくれている作りは丁寧だなと思う一方で、どうしても専門用語が多く飛び交う作品なので物足りなさも感じてしまいます。
この辺りのバランス調整は悩んだのでしょうね、きっと。

キャラ作画はシャープな絵柄で綺麗に動いており大満足。
ただ、頬を染める位置が下すぎて腫れているように見えるのはマイナスです。
バトルシーンの3D活用は少々浮いていたものの、目を瞠るものがありました。
これからの本格的な呪術バトルに期待が持てそうです。

声優陣もほぼイメージ通りかな。
春虎のけだるい声、冬児のニヒルな笑いなどそのまんまでしたね。
夏目や北斗など女性キャラは全体的に可愛らし過ぎる気もしましたが、実績のある声優さんたちなのでシリアスな場面では切り替えてくれることでしょう。

そういえば、鈴鹿の追加台詞にはビックリしました。
いきなり何を言い出すのかと思ったw
チョコバナナの食べ方といい、妙にエロいですね。

ラストはキスシーンでエンド。
これだけでは鈴鹿のキャラが意味不明ですよねー。
世界観の説明が少ないため、陰陽師について2話で説明があるといいなと思います。

テーマ: 東京レイヴンズ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 東京レイヴンズ 

△page top

ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」 

今期アニメの個人的注目作の一つである「ゴールデンタイム」1話を視聴しました。

原作は電撃文庫のライトノベル。
アニオタ的には「とらドラ!」の作者が書いた新作といえば聞こえが良いでしょうか。
「とらドラ!」はアニメでもブレイクしましたが、果たして今回はどうなるでしょうね。

とりあえず第1話を見た限りでは、大ヒットは難しそうな印象を受けました。
黒歴史となることもなさそうですけどね。

面白くなる要素はまだまだ出てこず、一通りの主要キャラの顔見せで終わってしまいました。
原作通り、香子のストーカーっぷりが際立っていましたね。
周りが見えなくなる直進的な女性なので、苦手な人は多そうだなぁ。
それまでに作品としての面白さをアニメで表現出来るといいんですが。

舞台が大学の作品といえば「げんしけん」を彷彿とさせますね。
新たな始まりと開放的な雰囲気を味わえるので、もっと増えるといいのになー。
やっぱりアニメというと、主な対象が中高生だから大学生の物語は少ないんでしょうね。

声は特に違和感なし。
役にハマっているというほどではないものの無難な配役だなと思います。

キャラデザはもう少し頑張ってもらいたいかなぁ。
まぁ、そもそも駒都えーじさんの描く男性キャラが作風とかけ離れているため、万里も光央もキャラに合っていないんですよね。
香子に力を注ぎ過ぎたように見えます。
岡ちゃんがピンク髪になってたのは浮いていたなぁ……。

エンジンかかるのに少々時間が掛かりそう。
このペースならば、3話くらいでひと盛り上がりが期待できるかな?

次回予告は笑いましたw
あれが一番ゆゆぽ節全開でしたねw

⇒ 原作「ゴールデンタイム1 春にしてブラックアウト」 1巻感想

テーマ: ゴールデンタイム

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ゴールデンタイム 

△page top

「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?21」 

遅くなりましたが「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さん主催の「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?21」に参加させて頂きます。

▼ はたらく魔王さま!

はたらく魔王さま! (1) (初回生産仕様:和ケ原聡司書き下ろし小説(250ページ超)同梱) [Blu-ray]はたらく魔王さま! (1) (初回生産仕様:和ケ原聡司書き下ろし小説(250ページ超)同梱) [Blu-ray]
(2013/07/03)
逢坂良太、日笠陽子 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★★☆4
キャラクター性★★★★★5
★★★★☆4
演出★★★★★5
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★★★5

・原作ファンとして期待以上の仕上がりを見せてくれたアニメでした
・シュールな庶民派コメディが痛快でボケとツッコミのテンポの良さが秀逸
・キャラの良さを作画班と声優陣が引き出していますね
・じっくりと描いてくれたおかげで原作ストック余っているので第二期にも期待できます

▼ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2013/06/19)
竹達彩奈、中村悠一 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★★☆☆3
★★★★☆4
演出★★★★☆4
音楽★★★☆☆3
総合的な評価★★★☆☆3

・俺妹完結編
・最終章をWEB配信して公開してくれたのは評価したい
・しかし最後のストーリーは抵抗あったなぁ

▼ 這いよれ!ニャル子さんW

這いよれ! ニャル子さんW 1 【初回生産限定版】 [Blu-ray]這いよれ! ニャル子さんW 1 【初回生産限定版】 [Blu-ray]
(2013/05/31)
阿澄佳奈、喜多村英梨 他

商品詳細を見る

ストーリー★★☆☆☆2
キャラクター性★★★☆☆4
★★★☆☆3
演出★★★☆☆3
音楽★★★☆☆3
総合的な評価★★★☆☆3

・1期後半の時点で感じていたクドさが継続されていました
・個人的にはキャラ萌えも出来ませんし、ちょっと飽きてしまったかも
・アニメのクオリティは高いので好きな人はハマることができると思います

▼ 革命機ヴァルヴレイヴ

革命機ヴァルヴレイヴ 1【イベントチケット優先販売申込券封入】(完全生産限定版) [DVD]革命機ヴァルヴレイヴ 1【イベントチケット優先販売申込券封入】(完全生産限定版) [DVD]
(2013/06/26)
逢坂良太、木村良平 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★★☆☆3
★★★☆☆3
演出★★★☆☆3
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★☆☆3

・面白くなりそうでもう一歩届かなかった佳作アニメ
・キャラも決して悪くないしストーリーもつまらなくはない
・でも「これだ!」という惹きつけられるものはなかったかな


ベストキャラクター賞
・遊佐恵美(はたらく魔王さま!)

ベストOP賞
・「ZERO!!」(はたらく魔王さま! OP)

ベストED賞
・「月花」(はたらく魔王さま! ED)

ベスト声優賞・男性
・逢坂良太 さん (はたらく魔王さま! 真奥貞夫役)

ベスト声優賞・女性
・日笠陽子 さん (はたらく魔王さま! 遊佐恵美役)



「はたらく魔王さま!」一強でしたね。
本当に面白かったです。
逆にいえば、それ以外に夢中になれる作品が少なかったのは残念。
あとは2クール放送の「進撃の巨人」くらいでしょうか。

他にも「翠星のガルガンティア」「フォトカノ」「変態王子と笑わない猫。」「あいうら」なども視聴していますが、時間がないので省略。
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」はまだ見ている最中ですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ評価 

△page top

銀の匙 Silver Spoon 第1話「エゾノーへ、ようこそ」 

週刊少年サンデーで連載中の「銀の匙」のアニメ第1話を視聴しました。

連載開始当初から人気沸騰し、メディアミックス化は時間の問題でした。
マンガ大賞などの輝かしい受賞を引っ提げて、満を持してのアニメ化というわけですね。

原作漫画は毎週読んでいます。
少年漫画らしくない厳しさやリアリティのある描写が売りです。
教育漫画的な要素もあるので、NHKで放送するのかなと思っていましたが、ノイタミア枠でしたか。
なるほど、内容的にはマッチしているように感じますね。

雑誌で読んで単行本は未読のため忘れてしまっていることも多いです。
ですので、第1話も結構新鮮に観ることが出来ました。
最初はキャラの多さに戸惑ったものですが、今となっては区別できますね。
アニメで初めて観た人は、しばらく覚えるのに苦労するかもしれません。

アニメの作りとしては、少々平坦だったかなという印象。
漫画がキャラの心情を濃く表現しているのに対し、アニメはあっさりとしていますね。
同じ料理なのに味付けの変化で、まるで別の食べ物だと感じるようなものです。

BGMが少なかったり、流れていても落ち着いた曲調であったりするのが薄味だと感じる原因の一つでしょうか。
ノイタミアらしいといえばらしいのですが、もっと劇的な音楽も聴いてみたいですね。
登場人物達のノリの良さといったら、羨ましくなるほどなので、楽しげな音楽も合うと思います。

作画は全くもって問題なし。
むしろ力入れまくりで、卵かけごはんがヤバかった。
これはご飯食べながら観ないとマズイかもしれない。

若干テンポが悪いというか、原作のテンポと違うなと感じました。
この辺りは原作者の腕が素晴らしいということなのかな。

声優さんは大体イメージ通りでした。
主人公の八軒だけは、もうちょっと明るい声を想像してたんですけどね。
木村良平さんの声は、どうしても「僕は友達が少ない」の小鷹を連想してしまいます。

先日亡くなられた声優の内海賢二さんは、本作が遺作となってしまいました。
差し替えることも可能だったと思いますが、そのまま放送してくれたことに感謝したいと思います。
担当された体育の教師は、同作者の「鋼の錬金術師」アームストロング少佐役を思い出すキャラクターで、ハマリ役だっただけに惜しいと思わざるを得ませんでした。

基本的には無難に作っているアニメでしたね。
これからも安定して楽しめるだろうなと思います。

それにしても、中学時代の友達に農業高校に行った子がいたけれど、こんな学生生活を送っていたのかなぁ。
……いや、さすがにないな。
やっぱり北海道は内地と比べてスケールが違い過ぎますね。

テーマ: 銀の匙 Silver Spoon

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 銀の匙 

△page top

たまこまーけっと アニメ総評 

たまこまーけっと (1) (イベントチケット先行購入申し込み券付き) [Blu-ray]たまこまーけっと (1) (イベントチケット先行購入申し込み券付き) [Blu-ray]
(2013/03/20)
洲崎綾、金子有希 他

商品詳細を見る

【評価……A-
作画 ★★★★★★★★☆☆ … 8
演出 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
脚本 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
人物 ★★★★★★★★★
 … 9
音楽 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
声優 ★★★★★★★★★★
 … 10
ほのぼの
ラブコメ
世界観



 ★★★★★★★★ … 9
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8




1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話13話
A-B+B+B+A-BB+A-AB+B+B+

【総評】


数々の名作に携わってきた京都アニメーションが制作したオリジナルアニメ。
「けいおん!」スタッフが揃ったことで、どこか彷彿とさせる雰囲気があります。

原作なしの作品のため、視聴前は内容がよく分かっていませんでした。
ただ、天下の京アニが作るアニメなんだから面白いに決まっていると信じていた部分はあります。
その信頼は裏切られることはなく、期待通り素晴らしいアニメだったと思います。

古風な商店街を舞台とした人情物とでもいいましょうか。
お餅屋の娘である北白川たまこを中心に、学校や商店街の人々と温かな交流を育むストーリー。
そこにふらりとやってきた謎の喋る鳥が簡単に受け入れられるような舞台設定です。

悪人が存在しない日常の物語。
深夜枠である必要が全くなく、NHKで放送していても不思議じゃないアニメでしたね。
ほんわかとした空気が心地良くて、優しさに包まれるような雰囲気が魅力的でした。
春夏秋冬、行事や催しに湧く商店街を見ているだけで楽しかったです。

口の悪い鳥ことデラ・モチマッヅィが、商店街の人々と触れ合うことで、高飛車な態度を軟化させていく構成に惹き込まれました。
二枚目を気取る三枚目役なデラがいることで、アクセントのあるコメディとなってましたね。

作画は、さすが京アニといえる完成度。
堀口悠紀子さんが手掛けたキャラデザを動かすのは、もはや慣れたものなんでしょうね。
少女たちの笑顔、照れ、だらしのない姿、その全てが愛おしく感じます。
リアクションの一つ一つが見所で、何度巻き戻して見直したか数え切れません。

少年や少女の淡い恋心が、青春を感じさせました。
友達のみどりや幼馴染みのもち蔵から好意を抱かれている当人のたまこだけ鈍感だったので話は進みませんでしたけど、この作品としてはそれで正解だったと思います。
それ以上に恋愛エピソードとして、父親の豆大と母親のひなこの慣れ染めが素敵でしたね。
愛情の深さゆえに、ひなこが亡くなっている事実は無性に切なくなりました。

このアニメで最も評価をしたい点は、まず間違いなく声優さんです。
まず主人公のたまこを始めとして、子供たちを新人に担当させたキャスティングが素晴らしい。
はっきりいって無名の声優さん達ばかりでしたが、実力は人気声優に見劣りしません。
たまに売り出したい新人声優を大々的にアピールするアニメがありますが、このアニメに関しては実力で勝ち取ったんだろうなと思います。
特に好みだったのは、たまこ役の洲崎綾さんの演技。
柔らかい声質に耳が幸せになりました。

そして、脇を中堅やベテラン声優に任せる布陣で隙を見せません。
デラ役の山崎たくみさん、豆大役の藤原啓治さんらの渋い演技が光りました。

1クールだけど、劇中で1年経過しているので、やりきった感がありますね。
二期は難しいかもしれませんが、もし続いたら絶対に観たいなと思います。

テーマ: たまこまーけっと

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ総評  たまこまーけっと 

△page top

「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?20」 

最近めっきりアニメを見ることが少なくなった。
そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さん主催の「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?20」に参加させて頂こうと整理していたのですが、予想をはるかに上回る数のアニメを視聴していました。
あれー?こんなに見る時間あったかなー。

▼ たまこまーけっと

たまこまーけっと (1) (イベントチケット先行購入申し込み券付き) [Blu-ray]たまこまーけっと (1) (イベントチケット先行購入申し込み券付き) [Blu-ray]
(2013/03/20)
洲崎綾、金子有希 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★★☆4
キャラクター性★★★★★5
★★★★★5
演出★★★★★5
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★★★5

・つい先ほど最終回を視聴したばかりで、1週間で全話観てしまいました
・それ程までに夢中になれるアニメでしたね
・登場人物達の心が穏やかで、こちらまで温かくなりました

▼ 僕は友達が少ないNEXT

僕は友達が少ないNEXT 第2巻 [Blu-ray]僕は友達が少ないNEXT 第2巻 [Blu-ray]
(2013/08/28)
木村良平、井上麻里奈 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★★★★5
★★★★☆4
演出★★★★☆4
音楽★★★☆☆3
総合的な評価★★★★☆4

・原作により忠実となった「はがない」第2期
・第1期と比べると全ての面において良くなったと確信しています
・理科可愛いよ理科

▼ まおゆう魔王勇者

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray]まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray]
(2013/03/20)
小清水亜美、福山潤 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★★☆4
キャラクター性★★★★☆4
★★★★☆4
演出★★★★☆4
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★★☆4

・勇者&魔王モノは辟易しているはずなのに、いざ観てみると面白いものが多くて困る
・まさか「狼と香辛料」のファンタジー版とは思っていませんでした
・しっかり組み込まれた設定をアニメで上手く表現している点が素晴らしかったです

▼ 琴浦さん

TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]
(2013/04/03)
金元寿子、福島潤 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★★☆4
キャラクター性★★★★☆4
★★★☆☆3
演出★★★☆☆3
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★★☆4

・急ブレイクして原作の品切れが相次いだ評判作
・毎週最終回と言われるぐらいに展開の早いストーリーが魅力的でした
・主人公とヒロインのカップリングが素直に喜べる作品は良いものですね

▼ ラブライブ! school idol project

ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
新田恵海、南條愛乃 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★★★☆4
★★★★☆4
演出★★★★☆4
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★☆☆3

・アイドルを目指す少女達の物語
・アイマスのアニメは途中で挫折してしまったのに、これは最後まで非常に楽しく観れました
・劇中歌のダンスシーンは圧巻でした

▼ 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 1(完全生産限定版) [DVD]俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 1(完全生産限定版) [DVD]
(2013/02/27)
逢坂良太、赤﨑千夏 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★★☆☆3
★★★☆☆3
演出★★★☆☆3
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★☆☆3

・原作ラノベを買おうかどうかと悩んでいたら先にアニメが始まってしまいました
・途中で失速するかなと思いきや、最後までずっと面白かったですね
・タイトルから修羅場を期待しましたが、意外とやんわりと終わってしまいましたね

▼ イクシオン サーガ DT

イクシオン サーガ DT 1 (初回限定仕様) [Blu-ray]イクシオン サーガ DT 1 (初回限定仕様) [Blu-ray]
(2012/12/05)
江口拓也、神谷浩史 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★★☆☆3
★★★☆☆3
演出★★★★☆4
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★☆☆3

・銀魂臭が凄いパロ系ファンタジー
・ニコニコ動画でコメント付きで見るのが楽しかったです
・下ネタがくだらなさすぎて逆に面白い

▼ みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 1 [Blu-ray]みなみけ ただいま 1 [Blu-ray]
(2013/03/27)
佐藤利奈、井上麻里奈 他

商品詳細を見る

ストーリー★★☆☆☆2
キャラクター性★★★☆☆3
★★★☆☆3
演出★★★☆☆3
音楽★★★☆☆3
総合的な評価★★★☆☆3

・久しぶりに返ってきた「みなみけ」第4期
・安定してるともいえるし、代わり映えがないともいえる
・黒歴史である第2期のようなオリジナルキャラがいなくて良かった

▼ 戦勇。

戦勇。 第1巻 [Blu-ray]戦勇。 第1巻 [Blu-ray]
(2013/04/24)
下野紘、中村悠一 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★★☆☆3
★★★☆☆3
演出★★★☆☆3
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★★☆☆3

・ただの一動画投稿者だった春原ロビンソンさんが遂にここまで辿り着きましたか
・出来は良いんだけど、5分アニメは短すぎて物足りない
・第2期も楽しみです

▼ さくら荘のペットな彼女

さくら荘のペットな彼女 Vol.8 [Blu-ray]さくら荘のペットな彼女 Vol.8 [Blu-ray]
(2013/08/28)
松岡禎丞、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

ストーリー★★☆☆☆2
キャラクター性★★☆☆☆2
★★★☆☆3
演出★★★☆☆3
音楽★★★☆☆3
総合的な評価★★☆☆☆2

・原作は電撃文庫でも人気である作品の一つ
・才能と努力をテーマとした青春成長物語
・個人的に主人公とメインヒロインにイマイチ共感できなかったです

▼ 生徒会の一存 Lv.2

生徒会の一存Lv.2 Blu-ray 第2巻生徒会の一存Lv.2 Blu-ray 第2巻
(2013/03/29)
本多真梨子、美名 他

商品詳細を見る

ストーリー★★☆☆☆2
キャラクター性★★☆☆☆2
★★☆☆☆2
演出★★☆☆☆2
音楽★★☆☆☆2
総合的な評価★★☆☆☆2

・スタッフを一新して臨んだ生存アニメ第2期
・「はがない」同様に変化は見られるけれど、こちらはあまり面白さには直結してませんね
・やっぱりアニメ向きの作品ではなかったということになるんでしょうか

▼ バクマン。3

バクマン。3rdシリーズ BD-BOX1 [Blu-ray]バクマン。3rdシリーズ BD-BOX1 [Blu-ray]
(2013/06/26)
阿部敦、日野聡 他

商品詳細を見る

ストーリー★★★☆☆3
キャラクター性★★☆☆☆2
★★★☆☆3
演出★★☆☆☆2
音楽★★☆☆☆2
総合的な評価★★☆☆☆2

・第1期や第2期と比べると随分端折ったなぁという印象
・七峰透との二度目の対決は是非見たかった
・NHKだからこそ長く放送出来たのかな

▼ リトルバスターズ!

リトルバスターズ! 2 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]リトルバスターズ! 2 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]
(2013/01/30)
堀江由衣、たみやすともえ 他

商品詳細を見る

ストーリー★★☆☆☆2
キャラクター性★★☆☆☆2
★★★☆☆3
演出★★☆☆☆2
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★☆☆☆2

・key系の作品は非常に質が高く、ファンの人ならば評価するんだろうなと思います
・個人的にどうにも雰囲気というかノリが合わないんですよねぇ
・有名な主題歌を始めとした音楽全般は好みですね

▼ D.C.III~ダ・カーポIII~

D.C.III ~ダ・カーポIII~ [ブルーレイ初回限定特別版] (2) [Blu-ray]D.C.III ~ダ・カーポIII~ [ブルーレイ初回限定特別版] (2) [Blu-ray]
(2013/04/26)
小野友樹、新田恵海 他

商品詳細を見る

ストーリー★☆☆☆☆3
キャラクター性★★☆☆☆2
★★☆☆☆2
演出★★☆☆☆2
音楽★★★★☆4
総合的な評価★★☆☆☆3

・ダ・カーポ懐かしいなぁ
・ストーリーが始まる前に終わってしまったわけですが、これは二期前提の作りなのかな
・基本的にエロアニメですね


ベストキャラクター賞
・志熊理科(僕は友達が少ないNEXT)

ベストOP賞
・「Little Busters!」(リトルバスターズ! OP)

ベストED賞
・「希望の花」(琴浦さん ED)

ベスト声優賞・男性
・山崎たくみ さん (たまこまーけっと デラ・モチマッヅィ役)

ベスト声優賞・女性
・洲崎綾 さん (たまこまーけっと 北白川たまこ役)



過去最多の14作品の投票となります。
こんなにも観ているつもりはなかったんですがね。
やはりニコニコ動画で放送していると、片手間で観られるのが大きなメリットですね。

各アニメの総評に関しては、順番に書いていく予定です。
全部書ける自信はないんですけど、「たまこまーけっと」「僕は友達が少ないNEXT」は絶対に書きます。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ評価 

△page top

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第1話「こうして彼らのまちがった青春が始まる。」 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第1話を視聴しました。
通称は、「俺ガイル」よりも「はまち」派です。

原作は1巻だけ既読済み。
感想を書く前に、アニメが始まってしまいましたね。

アニメの質としては、正直なところ微妙というのが率直な感想です。
今期のラノベ原作アニメの中では、現状最下位かなぁ。
結構期待していただけに不満点が多くて残念。

今となっては氾濫しているぼっち系主人公が青春する作品。
結局、当然のごとく女の子たちと仲良くなっていくわけですけどね。
しかし、よくあるハーレム物とは少々異なります。

アニメ1話が原作1巻128Pまでといえば、相当早い展開だというのが分かるかと思います。
実際、雑に感じられるほどに進行が早く、カットも多用されています。
少なくとも第1話だけでも、世界観やキャラ設定などの下地に力を入れるべきと常々考えているので、このスピーディーな展開は眉をひそめてしまいますね。
奉仕部の設定、八幡と雪乃の距離感などが説明不足で、更にストーリーの繋ぎも弱いため、何故そのような運びになっているのか理解が追い付かない場面もありました。

作画も線が崩れていて、キャラの魅力に乏しい。
ぽんかん⑧さんの淡い絵柄をアニメ絵で表現するのが難しかったのだろうなと推測できますが、キャラデザ的に可愛さが感じられないベタ塗りが目立っていました。

逆に良かったのは、声優さん。
早見沙織さんが好きだというのはあるんですが、ゆきのんの罵倒が気持ち良かったですw
ただし、長文を喋らせ過ぎなのは構成の欠点ですね。
ラノベ原作では致し方の無い部分もあるとはいえ、それを何とかするのが脚本家ですから。

音楽も素晴らしかったです。
特に、やなぎなぎさんが歌うOP曲「ユキトキ」は心地良い歌声で癒されました。
さすが、ガゼルさんですね。

皮肉めいた会話の応酬が楽しい作品だけに、文章で読む方が堪能できるのかなと思いました。
アニメでも面白さを引き出してくれると嬉しいのですが……。
今後に関して、期待よりも不安が募る内容となりました。

テーマ: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 

△page top

変態王子と笑わない猫。 第1話「変態さんと笑わない猫」 

変態王子と笑わない猫。1話

変態王子と笑わない猫。」第1話を視聴しました。
原作は既読済みです。

思ったよりもアニメ化が遅かったなーと思いました。
なにせ第1巻がMF文庫J史上№1初動売り上げを記録した作品ですからね。
勢いのままに即アニメまで企画を持ってくるのかと思いきや、意外と時間が掛かりました。
もちろん、ある程度の原作ストックがなければ無理だったんでしょうけどね。

さて、満を持して今期の新番組ラストを飾った第1話。
期待していたものとは少々異なりましたけど、それなりに楽しむことが出来ました。

説明が必要な第1話で、原作100P分は詰め込み過ぎかな。
テンポが良いというよりも、ずっと駆け足をしているかのような速さでストーリーが進みます。
1話目にインパクトを持ってきたかったというのは理解できますが、もう少しじっくり丁寧に描いてくれた方が飲み込みやすかったのではないかなと思いました。

作画は可愛らしくまとめられていて好印象を抱きました。
原作イラストレーターのカントクさんの魅力を伝えようとする意欲が垣間見ることができるキャラデザですね。
良くも悪くも顔のアップを多用している傾向が見受けられます。
全体的な動きを絵的に表現してくれると、より一層見やすくなると思いますね。

この作品の特徴として、主人公である横寺のモノローグが挙げられます。
ラノベではよくある長ったらしい言い回しが、面倒臭さすら感じるほど敷き詰められています。
それがアニメ化にあたり、大部分をカットしているため、横寺の印象が結構違いますね。
主人公ではなく外野として見る感覚となり「あぁコイツ変態だな」としみじみ感じました。

最も意外だと感じたのは、声優陣。
ドラマCDには手を出さなかったので、本編で初めて聴きました。

まずは主役の横寺役の梶裕貴さん。
役柄的には下野さんが鉄板なんでしょうが、さすがに飽きられつつありますかね。
滲み出るような変態さが欲しかったんですけど、おふざけ感が足りていませんでした。

鋼鉄の王が、まさかのゆかりん。
もっと鋭い声質を想像していたので、完全に想定外の人選でした。
今はともかく、ストーリー後半を想定しての選出なのかなぁ。

メインヒロイン格である筒隠月子と小豆梓は、どちらもか細いタイプの声ですね。
小倉唯さんは、「神様のメモ帳」のアリス役であまり良いイメージがないんですよねぇ。
負のイメージを塗り替えるぐらいの演技を見せつけてくれると嬉しいのですけど。
石原夏織さんは、「あの夏で待ってる」の谷川柑菜役の印象が強い。
若干舌足らずなのがイイ味を出す方ですが、小豆梓に合うのかどうかは未知数ですね。

へそがエロい。
下手にパンチラやブラチラするよりも魅惑的だと感じてしまうと変態でしょうか。
OPでも見せまくりで誘ってますよね。

原作のどのあたりまで進むのかな。
まだ読んでいない物もあるので、アニメ放送前には読みたいところです。

⇒ 原作「変態王子と笑わない猫。」 1巻感想

テーマ: 変態王子と笑わない猫。

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 変態王子と笑わない猫。 

△page top

ドラゴンボール劇場版ニコニコ動画上映会 

ドラゴンボールの映画が17年振りに新作公開されました。
それを記念として、ニコニコ動画にて過去の劇場版7作品が無料上映されていたのは御存じでしょうか。
3月下旬という個人的に最も忙しいタイミングだったので、リアルタイムでは当然観られず、タイムシフト再生で何とか時間を作って視聴しました。

初期作品が多く、人気の超サイヤ人以降の映画は全て有料となっていたのは残念でしたが、それでも懐かしい作品を観ることが出来て嬉しかったです。
ニコニコ公式でコメント見ながら映画本編を視聴できる時代が来るとはねー。
まぁ、ニコニコ初期の時代は、アニメが削除されなかったので、映画本編まる上げされていたりもしましたが。

【ドラゴンボール 神龍の伝説】 評価……B

基本的に無印版ドラゴンボールの時代の映画は、原作の練り直しです。
劇場版専門の敵キャラを用意して、本編のパラレルワールド的なストーリーが展開されます。
記念すべき第1弾のこの映画は、原作1巻のエピソードですね。
悟空がブルマに出会い、ウーロン、ヤムチャ、亀仙人と出会う。
新鮮さは欠けていますが、懐かしいという感情で補正されました。

ちなみに過去観た記憶が曖昧です。
ゲストキャラなど見覚えがあるのですが、全然内容を覚えていないんですよねぇ。
ビデオを借りたような気がしてたんですけど、初見だったのかなぁ。

【ドラゴンボール 魔神城のねむり姫】 評価……B

悟空が亀仙人の元を訪ねて修業をお願いするところから始まる劇場版第2弾。
原作3巻をベースにしているので、クリリンやランチとの出会いが描かれています。

こちらは、ほぼ間違いなく初見のはず。
修行の前のはずなのに、悟空やクリリンが妙に強い。
ドラゴンボール初期のギャグ色が濃く出ていますね。

【ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険】 評価……B

パラレル色が最も強い劇場版第3弾。
餃子が帝国の王様だったり、付き人が天津飯だったり、ブルー将軍だったりします。
悟空とクリリンが亀仙人の元で修業を終えた直後に始まり、天下一武道会ではなく別の大会に挑戦するところから始まります。
ラスボスは桃白白。
一度目の敗北と、二度目の楽勝は原作通り。
唯一の変化は、則巻アラレがブルー将軍ではなく桃白白と遭遇して戦うことかな。

昔、テレビで観た想い出があります。
ドラゴンボールで最も古い記憶のうちの一つですね。
当時は原作を持っていなかったので、このエピソードが正史なのだと勘違いしていました。

【劇場版 ドラゴンボールZ】 評価……B

Zシリーズ初となる劇場版第4弾。
この映画だけサブタイトルがないので、テレビ欄などで紛らわしいんですよね。
Zの冒頭、ラディッツ襲来以前のストーリーです。

敵は、神様と因縁のあるガーリックJr.。
この辺りになると、ゲーム版の印象も強いですね。
昨今のドラゴンボールのゲームは、劇場版のキャラクターも多数登場しますから。

【ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ】 評価……B+

時期的にはベジータ戦頃の戦闘力となっている劇場版第5弾。
Dr.ウィローとの戦闘模様も、ベジータ戦を彷彿とさせる場面がチラホラ。
4倍界王拳かめはめ波や元気玉の演出など、非常に似通っています。

この映画の見所は、何と言っても亀仙人こと武天老師の格好良さでしょう。
実力的には既に悟空らとはかけ離れてしまったのですが、バイオ戦士相手に善戦します。
師弟かめはめ波や、ブルマの危機に颯爽と駆けつけるシーンは鳥肌モノです。

【ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦】 評価……A-

悟空そっくりの容姿であるサイヤ人・ターレスが登場する劇場版第6弾。
比較的明確な区切りの時期に映画化されるドラゴンボールにおいて、異色の作品。
ナメック星到着時の戦闘力だと推測されますが、スカウターの数字が原作ではあまり見ないものだったり、界王拳が10倍までだったりと興味深いものになっています。

本来であればナッパに殺されたZ戦士達が生きており、共に闘ってくれるのが特徴。
戦闘に参加するキャラが限定的だった過去作品と異なり、悟飯・クリリン・ピッコロはもちろん、ヤムチャ・天津飯・餃子も戦闘シーンが用意されています。
悟空一強といってもいい時代なので、やられ役に近い存在ではあるものの、奮闘するZ戦士が見られる貴重な映画として、個人的にお気に入りの作品です。
あと、ターレスの強さが飛び抜けていて、絶望感が半端じゃなかったですね。

【ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦】 評価……B+

「神と神」が公開されるまで最終作品となっていた劇場版17弾。
GT放送時に、あえて悟空の子供時代をリメイクした意欲作。
悟空にとって1回目と2回目のドラゴンボール探しを混ぜた冒険物語となっています。

ハッチャンこと人造人間8号の活躍が光りますね。
ブラックにやられた時のシーンが、16号が破壊シーンと被ります。
直後の悟空は、超サイヤ人になりかけていましたね。
さすがに晩年の映画らしく、気合の入った作画で、アニメーションがぬるぬると動きます。
ブルマのエロ要素が妙に多く、尻丸出しやパンモロなど、全く自重していません。

テーマ: ドラゴンボール

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ドラゴンボール  ニコニコ動画 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。