明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

flyleaf 

flyleaf(初回限定盤)(DVD付)flyleaf(初回限定盤)(DVD付)
(2012/08/08)
ChouCho

商品詳細を見る

全然記事を書いていませんが、今年に入ってから12枚ほどアニソン関連のCDを購入しています。
ニコニコ動画で人気を博し、メジャーデビューに至ったChouchoさんのアルバムもその一つですね。

活動始動時は平仮名表記で「ちょうちょ」だったので、個人的にはそちらの方が馴染み深い。
いつの間にかアルファベット表記に変更されていましたけど、何か理由でもあったんでしょうかね。

可愛い声も格好良い声も出すことができる歌い手さんですね。
どちらかといえばニコニコ時代はあざとい可愛さで、メジャーになってからはキレ重視の声質になっているように感じられます。
事実、デビューシングル『カワルミライ』は、一度聴いただけで楽曲の良さを理解させられました。
アニメ「神様のメモ帳」は、原作ファンとしてガッカリな出来でしたが、OP曲だけは素晴らしかったですね。

ましろ色シンフォニー -The color of lovers-」のOP曲『Authentic symphony』も良かった。
声量は物凄いというわけではないのですが、アクセントが力強いのが特徴ですね。

氷菓」の1クール目OP曲も担当されています。
優しさの理由』は、OP映像とのマッチ具合が秀逸でした。

人気の出そうなアニメの主題歌に抜擢されているので、売りに出されているんでしょうね。
例えば、今期ならば「翠星のガルガンティア」のEDテーマも担当しています。
ちなみに、そのED曲である『空とキミのメッセージ』は、明日発売のようですね。

シングルで追いかけることはないですが、アルバムが出たらまた買ってもいいかもしれません。
これからの活躍も期待したいなと思います。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: Choucho  カワルミライ  Authentic_symphony  優しさの理由 

△page top

バカ・ゴー・ホーム / 20step voltex 

バカ・ゴー・ホームバカ・ゴー・ホーム
(2010/02/10)
milktub

商品詳細を見る

milktubの結成20周年記念アルバム「20step voltex」を購入しました。
貼り付けている画像からも察することが出来るように、目的は「バカとテストと召喚獣」第1期のEDテーマ曲『バカ・ゴー・ホーム』を聴きたかったからです。

この曲、聴いていて楽しいんですよねー。
放送当時、かなり激しい曲調でテンションが上がったことを覚えています。
この手の曲は、CD音源+ヘッドフォンで聴くと、更に迫力が増しますね。

もう1曲バカテス関連の楽曲が収録されています。
それ以外は初めて聴いたのですが、似たような曲が多いですね。
『バカ・ゴー・ホーム』のような良い意味ではっちゃけた曲を期待したので、普通にライブなどで盛り上がるような収録曲ばかりだったのは、何とも複雑な気持ちでした。
テンポの速い曲が多く、他の楽曲とシャッフル再生するとイイ感じかな。
連続で聴いていると、後半になる頃には疲れてきますw

第2期の挿入歌「バカと個室と孤独飯」も入っているとなお良かったんですが、時期的に無理でしたか。
これはこれでまた買いたいなと思います。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: バカとテストと召喚獣  milktub  バカ・ゴー・ホーム 

△page top

Feeling Heart 

FEELING HEARTFEELING HEART
(1999/04/02)
中司雅美

商品詳細を見る

作品の内容を全く知らないのに、何故かしんみりと青春を感じてしまう曲があります。
大量のギャルゲー信者を生み出した名作中の名作である「To Heart」のOP曲『Feeling Heart』です。

熱狂的ファンからすると、プッシュすべき曲はコレジャナイのかもしれません。
これは原点であるPC版ではなくアニメ版、そしてPS版のゲームOPとして使用された曲だからです。

前述の通り、自分は本作品は未プレイ&未視聴です。
当時、環境的にテレビアニメを観ることが出来なかったのが悔やまれます。

では何でこの曲を知ったのかというと、今は亡き「電撃プレイステーションD」です。
PSの体験版やムービーの詰め合わせが収録されたCD-ROMが付録として付いてきた雑誌ですね。
今はもう知らない人も増えたのかなと思います。

この特典CD-ROMに、とある号にて「To Heart」のOPムービーが収録されていました。
そこで中司雅美さんが歌う『Feeling Heart』と出逢いました。
女の子達と色褪せた学校の映像が青春の1ページとして印象深く脳内に残っています。
それに繋がるようにして曲も頭に練り込まれていて、メロディが容易に再現出来ます。
比較的ポップな曲調なのにも関わらず、涙腺を刺激されてしまうのは自分だけでしょうか。
何度も何度も繰り返して聴いても飽きず、いつの間にか中毒となってしまいました。
所持ししている音源の事情から、いつから聴くことはなくなりましたが、それでも偶に口ずさむ時に、歌詞は忘れていませんでした。

あれから約13年。
今ようやくCDを入手しました。
思い出補正は強いですけど、この曲が名曲であることには変わりがないと思います。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: ToHeart  中司雅美  Feeling_Heart 

△page top

Falco -ファルコ- 

Falco -ファルコ-Falco -ファルコ-
(2005/08/10)
島谷ひとみ

商品詳細を見る

アニメ「うえきの法則」OP曲『Falco-ファルコ-』を購入しました。

実は、アニメはほとんど見たことなかったりします。
本当にたまたま見かけたことが1,2回ある程度で、じっくり腰を据えて見たことはありません。
見ても良かったのですが、アニメ化されていることに気が付いたのが遅かったので、途中から視聴する気になれませんでした。
こんな格好良いOP曲があると知っていたら、見ていたかもしれませんね。

そんなわけで本来の場面で知る機会を逃した自分がこの曲に出逢ったのは、ニコニコの某MADです。
検索をかければ最初に出てくる有名なMADなので、知っている人も多いかと思われます。
その後、個人的アニソンランキングなどで上位にランクインしているのを見かけて、サビだけ聴いていてもいい曲だなと分かったので、買ってみました。

いやー、これはイイ。
音質が良くなると、更に痺れます。

異国風な曲の走りと音の連なりが壮大かつ盛大。
島谷ひとみさんの歌声は、アジア風の曲調と素晴らしくマッチしますね。
妖艶さを漂わせる響きから始まり、情熱的な熱唱で締める流れが秀逸すぎる。

これはしばらく何度も聴き込みたいなと思える一曲ですね。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: うえきの法則  島谷ひとみ  Falco 

△page top

願い星 

願い星願い星
(2007/11/21)
Snow*

商品詳細を見る

アニメ「キミキス pure rouge」の初代ED曲である『願い星』のCDを購入しました。

ゲームは興味ありましたけど未プレイで、アニメのみ視聴した本作品。
物議を醸す最終回で大荒れだったんですよねぇー。
その教訓から「アマガミ」などはオムニバス形式に舵取りしたことは記憶に新しいです。

このアニメ、OPもEDも良曲揃いでした。
EDの入り方が巧くて、毎回『願い星』のイントロが流れ出すタイミングが神懸かっていましたね。
切なく想いを紡ぐ詩を綺麗に歌い上げており、響かせる音が心地良く胸に刻まれます。
サビの「おさえきれない~」から始まる部分は、文字通り溢れ出る想いが押し寄せてくるようです。

歌手のSnow*さんは、それほどCDを出していないようですね。
最初は『願い星』が収録されているアルバムを買おうかなと思っていたのですが、現時点では存在していないようでした。
他にもこの方が歌うアニソンで気になる曲が2つほどあるので、またそのうちシングルで購入しようかなと検討しています。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: キミキス  Snow*  願い星 

△page top

エール~あなたの夢が叶うまで~ 

エール~あなたの夢が叶うまでエール~あなたの夢が叶うまで
(1993/12/17)
WENDY

商品詳細を見る

サッカーアニメは、隠れた名曲が多く存在していると思います。
作品の知名度に対して、何故かアニソンが取り上げられることが少ないんですよね。

アニメ「蒼き伝説 シュート!」もその一例に含まれます。
週刊少年マガジンの代表作の一つで、知っている人も多いはず。
個人的には「キャプテン翼」の方が詳しいのですが、世代としてこちらの方が合ってますね。
リアリティのあるサッカー漫画とトンデモ系サッカーの中間に誕生したこの作品は、絶妙な塩梅で成り立っている貴重な作品だと思います。
全てを細かく覚えているわけではないものの、インパクトのある複数のシーンは今でも脳内にこびりついています。

WENDYが主題歌を歌うシングルCDを購入しました。
OP曲の「エール~あなたの夢が叶うまで~」と ED曲の「素直でいたい」。
どちらも爽やかで、青春の汗と涙を彷彿とさせる歌詞が素晴らしく、鳥肌が立ちます。
特にOP曲は、間違いなくサッカーソングなのに、プレイヤーではなく応援側から贈る曲というのが素晴らしい。
まさしくタイトル通りの応援歌であり、頑張っている人に届けたいという気持ちに溢れています。
今でもスポーツの応援歌として通用しますね。

ED曲は女の子の恋心が清々しく、青臭さが眩しい。
甲乙つけがたく、どちらも大好きな曲です。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: WENDY  シュート!  エール~あなたの夢が叶うまで~  素直でいたい 

△page top

堀江由衣 BEST ALBUM 

BEST ALBUM(初回限定盤)BEST ALBUM(初回限定盤)
(2012/09/20)
堀江由衣

商品詳細を見る

9月20日に発売されて以来、堀江由衣さんのベストアルバムをよく聴いています。
基本的にCDを発売日に買うことはないんですけど、これは欲しいなと思っていたので、当日ショップに買いに走りました。
最初の店では初回限定版が売り切れで通常版しかなく、人気の高さを思い知りましたね。

驚きだったのは、これが堀江由衣さんにとって実質初のベストアルバムということ。
芸歴15年のキャリアがあり、アニメの主題歌も頻繁に歌っているイメージだったので、未だベストアルバムを出していないとは思っていませんでした。
唯一出したアルバムは、キャラソン集扱いだったらしく、満を持しての発売だったようです。
元々聴きたい曲がいくつかあったので、良い機会だと思って購入しました。

ちなみに、初回限定版と通常版はよくある特典の違い程度の差ではありません。
初回限定版のみCD2枚組となっており、単純に収録曲が倍違います。
これはどう考えても初回限定版を買うべきだと思いますね。
個人的に最も好きな曲である『』が2枚目に収録されている時点で、通常版はありえなかったです。
ただ、この限定版、作りが宝箱みたいな感じでお洒落なのは良いんですが、2枚組でCDを入れ替える時は手間がかかりますね。

トラック1が『Love Destiny』とは、随分と攻めてるなぁw
毒の効力が強い曲なので、拒否反応が出る人もいれば、中毒になる人もいる一曲だと思います。

スクールランブル」OP曲『スクランブル』や「いぬかみっ!」OP曲『ヒカリ』は随分懐かしい。
この時期が一番アニメを見ていた時なので、色々と当時の想い出が蘇ってきます。
コメディとシリアス、どちらも華麗に歌い上げるのがほっちゃんの魅力の一つだと思います。

CDを買う動機として最も強く惹かれたのは、「とらドラ!」関連の2曲。
バニラソルト』と『silky heart』、どちらもアニメ映像を思い出しますね。
特に後者は、作品の雰囲気とマッチしていて、サビでみのりんの駆け出すシーンが今でも鮮烈な記憶として残っています。

パパのいうことを聞きなさい!」や「ながされて藍蘭島」など視聴していたアニメの主題歌が多いですね。
それだけこの15年、第一線で活躍されていた証なんでしょう。
全てのアニメを観ている訳ではないのに、こうして観たことがある作品が多く並ぶのですから。

アニメ関係ではなく、初めて聴いた曲の中では2枚目の最終トラック『HAPPY SNOW』が気に入りました。
タイトルからも察しがつく通り、クリスマスソングなんですが、ほっちゃんの可愛い声を壮大な音が組み合わさり、ベストアルバムの締めを飾るに相応しい曲となっていました。

それにしても、意外と「ラブひな」の曲は少ないんだなぁというのが分かります。
OVAの曲が一つ収録されているだけですからね。
メインヒロインとして抜擢され、成瀬川なるで彼女を知ったというファンは少なくないはず。
本放送ではOPもEDも林原めぐみさんが歌っていましたから、さすがに出番がなかったですね。

ところで、店舗の購入特典としてクリアファイルを貰いました。
声優さんのグッズなんて、もしかしたら初めて手に入れたかもしれません。
過去のCDジャケット一覧が並んでいるのですが、こうしてみると老けませんね。
写真を上手く作っていると感じられてしまうとはいえ、若いなぁと思います。

【関連記事】
▼ Love Destiny

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: 堀江由衣    Love_Destiny  スクランブル  ヒカリ  バニラソルト  silky_heart  HAPPY_SNOW 

△page top

YURIA 

YURIAYURIA
(2006/02/22)
YURIA

商品詳細を見る

女性シンガーソングライターであるYURIAさんの1stアルバムを購入しました。
発売したのは2006年2月22日、もう5年以上も前のCDですね。

名曲アニソンとして一定の知名度を誇る『YOU』を聴いたのがキッカケでした。
アニメ「SHUFFLE!」OP曲として、アニソン愛好家の中では良曲として名高いものですね。
当時、第2期は観ていたんですが、第1期は環境的に観ることが出来なかったので、この曲を知ったのは随分と後になってからでした。

キミのそばに居られることを いつも神様に感謝です 迷いのないキミの横顔 ずっと眺めていたい

この印象的なサビのフレーズが、耳に残ります。
ずっと昔、子供のころに聴いたことがあるような気がするのは、曲調が懐かしい感じがするからですかね。

この一曲のためだけにアルバムを購入しましたが、他も上手く歌い上げられていました。
さすがに「YOU」以上ものはありませんでしたけど、シングルではなくアルバムで買って良かったと思える曲が揃っていましたね。


テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: SHUFFLE!  YURIA  YOU 

△page top

牧野由依『天球の音楽』 

天球の音楽天球の音楽
(2006/12/06)
牧野由依

商品詳細を見る

癒し系の歌声を持つアニソン歌手といえば、真っ先に思い浮かべるのは誰でしょうか?
おそらく、アニオタに聞けば、牧野由依さんの名前は早いうちに挙がると思われます。

声優としても活躍されていますが、それ以上に歌手として人気を集めている方ですね。
澄んだ美声が、流水を想像させる透明感とひんやりとした気持ち良さを与えてくれます。
3期連続でアニメ「ARIA」の主題歌を担当したことで、水の印象と切り離せない存在となりました。

今回購入した1stアルバム「天球の音楽」では、「ARIA」関連で計4曲が収録されています。
第1期「ARIA The ANIMATION」OP曲にして、シリーズの顔となった『ウンディーネ』。
第2期「ARIA The NATURAL」OP曲で、安心感を抱かせてくれた『ユーフォリア』。
挿入歌ながらも印象に強く残っている『シンフォニー』。
この3曲は優劣をつけるのが難しいくらい、横並びで好きですね。
いずれも優しく歌い上げており、ヒーリング効果は絶大です。

他にも素晴らしい曲が揃っています。
N・H・Kにようこそ!」のED曲である『もどかしい世界の上で』は文句なしで名曲。
2クール目で採用された曲ですが、当時アニメをリアルタイムで視聴していた時、前回までの電波系EDとは180度違う方向性に驚きを覚えたのと同時に、耳に優しい歌声だなぁと感じた記憶が残っています。

ツバサ・クロニクル」からも3曲選ばれています。
中でも劇場版の主題歌である『アムリタ』は、ささやくように語りかける声で始まり、中盤に重厚な盛り上がりを見せ、一言で収束する締めくくる構成が凄い。

完成度は間違いなく高い一枚だと思います。
若干ながら声より音が前に出ているかな?と感じる部分もありますが、それでも非常に満足度の高い楽曲が多く収録されていました。
疲れている人にはお薦め。
安らぎを得られると思いますよ。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: ARIA  N・H・Kにようこそ!  ツバサ・クロニクル  牧野由依  ウンディーネ  ユーフォリア  シンフォニー  もどかしい世界の上で  アムリタ 

△page top

Brave Love~Galaxy Express999 

Brave Love~GalaBrave Love~Gala
(1998/02/25)
アルフィー

商品詳細を見る

最近アニソンランキングの動画をよく見ます。
各々特色があって面白いんですよね。
中でも個人的ランキングは、紹介してる楽曲から好みのジャンルが垣間見ることが出来るのが楽しいです。

それなりのアニソンを聴いてきたつもりですが、それでも当然のように知らない曲は数多くあるもんです。
そんな良曲と出会えた時は、何事にも代えがたい喜びが得られますね。

THE ALFEEが歌う『Brave Love ~ Galaxy Express 999』もその一つ。
とあるランキング動画で1位に輝いていましたが、部分的に聴いた瞬間に凄さを身に染みて感じましたね。
その後、速攻でCDをポチりました。

これは「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」の主題歌で使用されている曲です。
世代が異なるので「銀河鉄道999」は、まともに観たことがありません。
再放送ですら観た記憶がほとんどないくらいですね。
まぁ、それでもアニメと同タイトルの『銀河鉄道999』の曲は知っています。
ささきいさおさんが歌い上げる伸びやかなサビは、あまりにも有名です。

しかし、劇場版の楽曲で、これほどの名曲が眠っているとは知りませんでした。
いや、自分が知らないだけで、知名度はあるのかもしれませんけどね。
でも、ちょっと調べた限りでは、映画は相当酷い失敗だったようで、原作を知っていると逆に違和感を覚えるという人もいるようです。
ある意味、曲だけを純粋に評価出来て良かったのかもしれません。

とにかく真っ直ぐ飛んでくるシャウトが気持ち良過ぎる。
直球ストレートを投げ込み、ミットにバシッと音を響かせているようなイメージ。
一目惚れならぬ、一聴き惚れしました。


テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: 銀河鉄道999  THE_ALFEE  Brave_Love~Galaxy_Express999   

△page top

風道花うた 

風道花うた風道花うた
(2012/06/06)
marble

商品詳細を見る

marbleさんの5周年記念ベストアルバム「風道花うた」を購入しました。
今月6日に発売されたばかりの新譜で、たまたま店頭で発見することが出来てラッキーでした。
元々アルバムが欲しいと思っていたアーティストで、タイミングが良かったです。

数多くのアニソンを手掛けているmarbleさんですが、中でもやはり「ひだまりスケッチ」との関連度は飛び抜けていますね。
過去3期共にED曲を担当するほか、このCDには収録されていないイメージソングも作曲し、ひだまりラジオなどにも出演されていたこともあり、「ひだまりスケッチ」のアーティストというイメージが強くあります。
是非とも4期もこの方々にED曲を制作してもらいたいですね。

トラック1に収録された「ひだまりスケッチ」ED曲『芽生えドライブ』が一番のお気に入り。
澄んだ歌声と綺麗なメロディがヤミツキとなり、何度リピートしても飽きが来ません。
ひだまりスケッチ×365」ED曲『流星レコード』や、「ひだまりスケッチ×☆☆☆」ED曲『さくらさくら咲く ~あの日君を待つ 空と同じで~』も言うまでもなく良曲で、作品のファンはもちろんのこと、誰にでもお薦めしやすい曲となっています。

トラック4には「キミキス pure rouge」のOP曲『青空loop』も収録されています。
「キスキス恋しているよ」の導入がインパクト絶大で、アニメを観ていた人ならすぐに思い出せるはず。
アニソンらしい可愛さとポップさに溢れる一曲で、自然体な曲調が多い中では一風変わった印象を与えます。
こちらは誰にでもってわけにはいきませんが、個人的には好きな曲ですね。

可愛らしさでいえば、アニメ版「ましろ色シンフォニー」のED曲『水彩キャンディー』も素敵です。
サビにある「すいーさいー、キャンディー滲んでゆく~」の伸びやかな歌声がたまらない。
曲名のセンスも素晴らしく、イチオシのアニソンですね。

初めて聴いた他の楽曲も含めて完成度が高く、非常に満足感が得られる一枚でした。
今後の活躍にも期待せざるを得ませんね。


テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: ひだまりスケッチ  キミキス  ましろ色シンフォニー  marble  風道花うた  芽生えドライブ  青空loop  水彩キャンディー 

△page top

鯨 / Venus say 

BuzyBuzy
(2006/01/25)
Buzy、SSK 他

商品詳細を見る

Buzyのアルバムを購入しました。
目的は、NHKアニメ「ふたつのスピカ」OP曲「Venus say」を聴くためです。

このCDを購入するにあたって、しばし悩みました。
実は、Buzyの歌う本来の曲名は「」となっており、別の曲扱いなのです。
アニソンとして使用された「Venus say」は、アニメ用に歌詞を変更したもので、シングルにのみ収録されています。
前々から欲しいと思っていても、なかなか手を出せなかったのはそのためです。

結局のところ、一番の目的は「Venus say」を聴くことではあるんですけど、「鯨」と比較すると曲の長さが半分程度だったり、煌びやかといえる歌声で他の曲を聴いてみたいという気持ちもあったので、あえてアルバムの方を買いました。

最初は、アニメOPで慣れた歌詞と違って違和感を覚えましたけど、すぐに気にならなくなりました。
どちらにせよ、切れ味の鋭い声がカッコよく響き渡る名曲であることは違いがありませんしね。
まだ聴き込んではいないものの、他も良曲が揃っていて、アルバム買って良かったと思いました。
まぁ、シングルは安く買えるので、どうしても聴きたくなったら買います。

作曲担当は本間昭光氏。
ポルノグラフィティなど有名アーティストの作曲を手掛けられている方です。
こういっては何ですが、きっとBuzyよりも知名度があるでしょうね。
本間さんが担当していたことに気が付いたのは、購入直前ですが。

「ふたつのスピカ」はNHKアニメらしい、子供たちが真っ直ぐ夢へと向かう良いアニメでしたね。
え?ドラマ?そんなのありましたっけ?


テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: ふたつのスピカ  Buzy    Venus_say  ニコニコ動画 

△page top

WAKE UP! 

WAKE UPWAKE UP
(1999/05/19)
CHISATO

商品詳細を見る

ゴクドーくん漫遊記」の初期EDのCD「WAKE UP!」を購入しました。
歌っている千聖さんが、PENICILLINのギタリストだということを知ったのはつい最近のことです。

原作ラノベは軽く店頭で見た程度で、読んだことはありません。
アニメで知り、声優さんの演技に惚れて、毎週夢中で視聴していた記憶があります。

OP曲、そして後期ED曲も含め、この作品の歌は良曲が揃っており、いずれも聴き応えのある素晴らしい曲だと思います。
しかし、担当したバンドが解散したことなどもあり、今では入手が難しくなっています。
唯一、この「WAKE UP!」だけが比較的お手頃な価格で取引されているぐらいですね。
いつかは全て揃えるつもりですが、ひとまずこのCDから買ってみました。

ゴクドーくんが逃げ、ルーベットが追いかけるEDは印象深いですね。
テンポは早くないのに曲調がカッコよくて、聴いていて楽しい気分にさせてくれます。
音程が落ち着いており、歌いやすいのも特徴ですね。


テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: ゴクドーくん漫遊記  千聖  WAKE_UP! 

△page top

Inner Light / Under Star 

Sometimes AloneSometimes Alone
(2001/09/05)
Shocking Lemon

商品詳細を見る

アニメ版「はじめの一歩」が放送されたのが、今からもう10年以上前。
ちょうど深夜アニメを観始めた時期ということもあり、思い入れが強い作品です。

このアニメを評価する際に外せないのが、音楽ですね。
劇中のBGMは、試合展開が移ろうように、場面ごとにガラリと違う姿を見せてくれました。
格好良くスピーディーな走りに爽快感を覚えたり、重圧に押し潰されそうな低音に息を呑んだり。
そして、フィニッシュを決めるのは、アニメでは定番であるOP曲だったりするわけです。
燃えないわけがありません。

OP曲は3曲ありますが、その中でもやはり優れているのがOP2「Inner Light」でしょう。
二度目の一歩vs千堂のラストで流れた時は、もう鳥肌が立ちましたね。
画面効果とのマッチ具合が反則的で、何度見ても感動してしまいます。

OP1「Under Star」も好きでした。
共にShocking Lemonが歌う楽曲で、アルバム「Sometimes Alone」一枚に収録されています。
サントラではテレビver.の収録となっているので、フルで聴きたかったら別で購入しないといけませんから、このCDが一番お得感があると思います。

モリナオヤさんの歌うED曲「夕空の紙飛行機」とは、また異なるベクトルで良曲ですね。


テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: Shocking_Lemon  Inner_Light  Under_Star  Sometimes_Alone  ニコニコ動画 

△page top

BIRTHDAY 

BIRTHDAY(期間生産限定盤)(DVD付)BIRTHDAY(期間生産限定盤)(DVD付)
(2012/04/11)
ClariS

商品詳細を見る

4月11日に発売されたClariS(クラリス)の1stアルバム「BIRTHDAY」を購入後、毎日聴いています。
これまでシングルCDを買おうかと悩み続けていたので、待望のアルバムですね。

デビューから1年半で、すっかりヒットメーカーとなったClariS。
ニコ厨だと自負していますが、ニコニコ動画で活動していた時代は知りませんでした。
ですので、多くの人同様に「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」OP曲『irony』が初めて聴いた機会となります。
強烈なインパクトを受けたというわけではないものの、普通に良曲で、名前を覚えました。

次に聴いたのは「魔法少女まどか☆マギカ」OP曲『コネクト』。
映像とのシンクロ率が素晴らしく、まどかの走り抜ける絵と歌声のマッチ具合が印象的でした。
俺妹に続いてブレイクしたアニメに携わったことにより、彼女達のブランド価値も急上昇しましたね。

そして、つい最近放送していた「偽物語」ED曲『ナイショの話』。
ビッグタイトルの主題歌を続けて歌えるなんて、何か持っているものがあるんでしょうね。
まぁ、メジャーデビュー間もない中学生達がここまで持ち上げられていると、ステマかと疑いたくもなりますがw

しかし、たとえそうだとしても、気にいるかどうかは自分の判断。
実際、良い歌を唄います。
歌唱力が飛び抜けているわけでもなく、かといって声色が魅惑的かというと、別段そうでもなく。
では、何が優れているのかと問われると、音が気持ち良いと答えます。
秀逸な楽曲に合わせるハモリ声が、耳を震わせ、心地良さを与えてくれます。

シングル4曲に加え、新規に8曲も収録しています。
正直、アルバム曲に関しては、あまり期待していなかったのですが、思いのほか良曲揃いで得した気分でした。
比較的落ち着いたテンポの曲が多く、シングル曲、特に『コネクト』のような疾走感のある曲を期待していると、肩透かしを食らうかもしれません。

ちなみに、自分は期間限定版のCDを買いました。
初回限定版は、特に欲しいとは思いませんでしたので。

これからもアニソン中心に歌い続けて欲しいですね。

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

タグ: ClariS  BIRTHDAY  irony  コネクト  ナイショの話 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top