fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第37話「家族の一員」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第37話のネタバレ感想です。

観終わるまで2期最終回だとは気付きませんでした。
豪華客船編が終わってから日常パートに戻ったので、クライマックス感がなかったですね。

ラストを飾ったのがボンド回だったということも余計に締め括りと感じなかった理由の一つ。
でも内容はほっこりとさせられるもので良かったと思います。

アーニャもそうですけど、ボンドがいれば全て解決とはいきません。
未来予知能力者といっても言葉を交わすことが出来るわけではないってのがミソですね。
予定通りに事が進まないのが可笑しくて、しょんぼりするボンドには可哀相だけど面白かったです。
もちろん、振り回されっぱなしのロイドも。

立場上、放火犯を捕まえても表彰されるわけにはいかない1人と1匹。
だけど唯一心が読めるアーニャには伝わっているという構図が良いんですよね。
アーニャから折り紙で作られた星を贈られたシーンは尊いというしかありませんでした。

さて、これで2期が終わりましたが、原作ストック的に3期はしばらく先になるかな。
そういえば、劇場版の評判は悪くなさそうですね。
どこかで配信サービス始まったら観てみようかな。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第36話「バーリント・ラブ/〈夜帷〉の日常」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第36話のネタバレ感想です。

長編エピソードを終え、またいつもの日常が戻ってきました。
小休止という名の本編となります。

シリアスというかボケを織り交ぜながらも真面目な物語だった本筋に対して、コメディパートの落差が激しすぎる。
先週までの感覚で視聴していると、まるでスピンオフ作品のようにすら感じます。
ノンストップでコントを見ているようで笑い疲れました。

今回のメインはベッキーがアーニャの家に遊びに行く口実でロイドに会いに来た話。
おませなお嬢様が恋愛映画で見知った知識でアプローチをかける様が豪快で楽しい。
そこに加えて天然なヨルさんが勘違い発動させまくるので、もう大変。
酔った振りをするベッキーを本気で心配したヨルさんが車に撥ね慣れながらも病院を目指す展開は面白かったです。

後半はコードネーム〈夜帷〉の名を持つフィオナがロイド不在の間に奮闘した話。
フォージャー家が楽しい休暇を満喫しているシーンとシンクロするように任務や特訓に明け暮れるフィオナの構図は、豪華客船編の裏話みたいで面白い。
ロイドからお土産を貰って愛情が溢れんばかりの内面が、声優さんのおかげで漫画よりも色気が倍増していました。

それにしてもこれだけ優秀なロイドとフィオナが何故ヨルさんの狂気に勘付かないのか。
どうみたって常人じゃないですよ、この人。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第35話「リゾートを満喫せよ/休暇自慢」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第35話のネタバレ感想です。

豪華客船編のエピローグ。
血生臭い話は終わり、微笑ましい家族愛と平和な日常が描かれています。

やっとフォージャー家の3人が揃いました。
ロイドの観察眼を誤魔化せるわけもなく、あっさり怪我していることがバレてしまうヨル。
ただ、決して上手くないように見えるヨルの嘘で引き下がってしまうぐらいロイドの警戒心が薄くなっています。
本人は任務だと言い続けていますが、情が湧いているのは間違いないですね。

島でのひと時は仲睦まじい家族そのもの。
3人揃って帽子を被っているのがエモい。
美味しいものを食べたり、アトラクションを楽しんだり、動物を触れ合ったり。
アーニャの笑顔に喜ぶ姿はもはや本当の親ですよね。
怪力でアーニャが乗るボートを押してしまうヨルさんと格好良く助け出すロイドが面白かったです。

後半はアーニャが旅行話を自慢したくて盛ってしまい自爆してしまう話。
一般的な中流家庭であれば羨ましがられるはずなんですけどね。
話をしたのが上流階級の同級生だったので相手が悪かった。
嘘つきばかりの大人に囲まれているアーニャが反省するというオチは一種のブラックジョークみたいでしたね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第34話「未来を繋ぐ手」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第34話のネタバレ感想です。

豪華客船編、勝負の決着となる第5話目。
フォージャー家の各々が奮闘してピンチを乗り越える展開にクライマックス感があります。

実力者揃いの殺し屋の中でも明らかに頭一つ抜けた腕を持つ刀使い。
部長さんを吹っ飛ばし、ヨルさんとも互角の戦いができる時点で相当な強者です。
単純な戦闘能力だけでいえば、ロイドよりも上なのではないでしょうか。

戦いの途中で落としたヨルさんの武器を見つけたのは母の姿を探して駆け付けたアーニャでした。
超能力で心を読めるにしてもそれ以外はただの幼女なのに、相当頑張っていますよね。
ヨルさんがいる方に向かって武器を投げたことが結果オーライで受け渡せたのは、間違いなくアーニャのおかげです。

居合抜きの刃に己のエモノを走らせて懐に入るヨルさんが格好良い。
そして、ホッと息をついた姿が可愛くて本当良いヒロインやってますね。

一方、休暇中のはずのロイドも船内に爆弾が仕掛けられていることを読唇術で知って行動に移します。
変装して爆弾処理を行うのですから、本当にハイスペックで頼りになる存在ですね。
先週まで子育てに苦労していた姿が嘘のようです。

でも実はこれもアーニャのアシストが大きかったんですよね。
スパイの父と暗殺者の母にバレないように陰ながらサポートする子という構図は何度繰り返してもワクワクさせられます。
託児所のお姉さんに見つかって、残りの爆弾=ウンコ出し切っていないと勘違いされるオチにはアホらしくて笑わせてもらいました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第33話「船上の交響曲(シンフォニー)/姉のハーブティー」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第33話のネタバレ感想です。

ガーデン2人vs殺し屋大勢。
花火に乗じて人知れず甲板での戦闘が始まりました。

改めてアニメ制作陣の力量に感服。
まるで劇場版かのように滑らかに動き回るアニメーションを終始楽しむことが出来ました。
これがテレビアニメで観られるわけですから、贅沢な時代になったものですね。

いわゆる雑魚相手ではなく、腕の立つ殺し屋ばかりで並みの敵ではないことが伝わってきます。
各々自信があるのも頷ける実力を持っていて、一筋縄ではいかないのが分かります。

それでも悠々とその遥か上を行くガーデン所属のヨルさんと部長さん。
圧倒的な人数差をモノともせず、撃破していく様は恐ろしくもあり美しくもあり。
やっていることは結局皆殺しなわけですから、多少BGMで誤魔化していても血みどろになる決戦には生臭さは隠せません。
ガーデンの全貌は未だ明らかになっていませんが、ここまで来ると国を動かせるだけの戦力といっても過言ではないですね。

とはいえ、殺し屋連中も黙ってやられるわけではなく、刀使いが部長を吹っ飛ばしてからは立場逆転。
ヨルさんが己の戦う意味に悩んで力を発揮できないこともあって、窮地に立たされます。
常にどこか抜けていて、ギャグっぽい演出が多いヨルさんにとって、ここまでシリアスな展開は初めてではないでしょうか。
彼女の生きる意味、そして戦う理由を自覚した時、真の力が発揮されるであろう次回が楽しみですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第32話「誰がための任務」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第32話のネタバレ感想です。

豪華客船編、第3話目。
護衛任務のヨルさんとアーニャの子育てをするロイドが別の意味で苦労する話です。

殺し屋との戦闘をサーカスと見立てる機転の良さが光るアーニャ。
それに乗っかって劇団員を装いながら敵を倒すヨルさんもさすがでした。
途中までは珍しく殺し屋が善戦していましたけど、殺気をアーニャ含む周囲に漏らしたことがヨルさんの逆鱗に触れましたね。

それにしてもアーニャのおかげで助かりましたけど、どこか抜けているヨルさんはいつバレてもおかしくなさそう。
ロイドと違って戦闘能力特化型ですから隠密行動には向いていませんね。
スタイルの良さで変装の出来ていませんでしたし。

一方そのころのロイドはコードネーム通り黄昏ていました。
アーニャの奇想天外な行動やリアクションにショックを隠し切れずに真面目に思い悩むのが面白い。
幼児の思考なんてただでさえ読めないのに、アーニャの場合は心を読めるからなおさら混乱するんでしょうね。
子供の成長を促しつつ喜ばせようとする良い父親しているはずなのに、アーニャがヨルさんに手助けしたい一心でロイドから離れたいと思っているからややこしいことになっているのが楽しいコメディの構図になっています。

豪華客船の名の通り、船内の催しや設備は凄いですね。
ゴルフ、図書室、マジックショー、ジクソーパズル、スケートという充実っぷり。
これなら何日も船の上だって過ごせそうだ。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第31話「戦慄の豪華客船」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第31話のネタバレ感想です。

豪華客船編、第2話目。
殺し屋連中がヨルさんたちの偽装を見抜き襲い掛かってきました。
カッコ可愛いヨルさんいっぱいです。

相手もプロだけに手強いと感じつつも、そこはさすがのいばら姫。
今のところサシで勝負を挑んでくるものばかりなので、圧倒的な力を見せて排除しています。
護衛対象から裏の顔には見えないと言われるぐらい抜けているところもありますが、仕事に抜かりはありません。

騒動にならないようにするため、出来る限り殺しを抑えているのが逆に大変な様子。
いつも暗殺モードだと鋭い目つきをしているのに、今回は目をぱちくりとさせることが多いのもスイッチが入り切っていない証拠でしょうか。
それでも投擲でドアをぶち抜くほどの破壊力を出すのは恐ろしい。

終われる身となったヨルさんがアーニャ達に近付く展開は誰しもが予想していた期待通りのストーリーでしょう。
心を読む力で誰よりも早く状況を察知するも、幼児であるアーニャが精一杯誤魔化そうとする流れはホント面白い。

数多の盗聴器に気付くロイドの観察眼は、これまたさすがとしかいいようがありません。
それなのにアーニャの育児のことになると急激に頭のいいポンコツになってしまうロイドが楽しい。
無駄に深読みしてしまうのがアホすぎる。

冷静に考えてみたら、少なくとも今回だけで3人は死んでいるのにシリアスになりきらない作風が凄い。
アーニャの存在だけでなく、全体的な雰囲気作りのおかげなんでしょうね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第30話「越境作戦」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第30話のネタバレ感想です。

第2期5話目にしてようやくきました、長編シリーズ。
ヨルさんのお仕事をメインとしたフォージャーファミリーのドタバタ劇を描いた豪華客船編のスタートです。

短編もそれはそれで楽しいのですが、やっぱり長編は深みが違うので没入感がまるで異なりますね。
奇しくもアーニャが乗船でワクワクしているように、視聴者も新章突入に気持ちが昂ります。

もしかすると劇場版はこの話を主体にするのではないかと予想した人もいるのではないでしょうか。
話のまとめ方も含めて満足感の高いエピソードであり、期待せずにはいられません。

第1期から通して、基本的にロイド視点で動く物語が多かったので、新鮮な気持ちになります。
ヨル自身にとっても普段の暗殺稼業が主体ではなく、護衛が任務で戸惑っている様子が窺えます。
戦闘能力はずば抜けたものを持っている彼女ですが、隠密行動などはロイドと比べるとまだまだって感じですね。
そこら中に仕掛けられている盗聴器にも気付いていないので、組織としても能力はさほど高くないのでしょうか。

逆にロイドは休暇だというのに周囲の観察をやめられずクソ真面目だったり。
アーニャにツッコミ入れられている姿がアホっぽくて楽しい。

護衛対象から服を借りて変装するヨルさんが可愛くて素敵。
ショートパンツのおかげで剥き出しになっている生足に見惚れていたら瞬殺されそうです。
この衣装のフィギュア出ないかなー。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第29話「知恵の甘味/情報屋の恋愛大作戦Ⅱ」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第29話のネタバレ感想です。

おまけエピソードだったり脇役にスポットが当たることが続きますね。
面白いけどエンジンが掛かり切っていない感覚になります。

前半は食べるとインペリアルスカラーになれるという眉唾モノのスイーツを奪い合う子供たちの話。
欲する5人に対して4個しかないマカロンを賭けてババ抜きする展開です。

同年代と過ごすアーニャを見ていると、やはり年齢を誤魔化している関係で幼さが隠し切れませんね。
おかげで天然ボケみたいになってて楽しい。
こんな娘が家族や友達だったら毎日飽きないでしょうね。

思考を読める能力のおかげでアーニャが無双する……かと思いきや、表情が顔に出るので手元にジョーカーがあると途端に弱くなるのが面白い。
敗北直前で涙を流すアーニャにわざと負ける選択をするダミアンは男の子ですね。
途中から展開バレバレでしたけど、分かっていても面白いってのはキャラが立っている証拠です。

後半はフランキーが惚れているカフェ店員の迷い猫を捜す話。
サブタイトル通り、以前とまんま同じパターンですが、今回強力するのはロイドではなく偶然街で出会ったヨルさんでした。

この情報屋、優秀なんでしょうけど抜けすぎていませんかね。
好意を寄せている女性に恋人がいるかどうか調査不足にもほどがある。
恋は盲目ってやつですか。

ヨルが所属するガーデンの話を掴んでいるようですが、まだまだ具体的なところまでには至っていない様子。
作中で様々な組織が存在しますけど、中でもガーデンは飛び抜けて凄いと感じさせます。

ただ、ヨルさんのパワープレイを目撃していたら疑ってもいいようなもんですけどね。
10年かけて製作したパワードスーツを素手で破壊してぶん投げることができるOLがどこにいるんだって話ですよ。
海老反りして投擲するヨルさんを2カメで流すシーンが楽しすぎて、何度も繰り返して観てしまいました。
その後猫に飛び掛かるシーンは逆に怖くて一回観て十分でしたけども。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第28話「任務と家族/華麗なるボンドマン/子ども心/目覚まし」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第28話のネタバレ感想です。

サブタイトルは数多くあれど、おまけで盛られているだけだったりします。
実質、ユーリ回である「任務と家族」がメインエピソードです。

秘密警察の働きで有能さをみせるユーリ。
重度のシスコンである彼が売国奴相手に優しさを見せるのは、嬉しい反面、心配でもあります。
冷徹なようにみえて家族愛に弱い一面は隠せず、将来的に致命的なミスに繋がる伏線になりそうです。
でも、これがユーリらしさではあるので、このままの彼で居て欲しいなとは思います。

後半は劇中アニメ「ボンドマン」の映像化。
こんな女たらしの主人公では教育によろしくないのでは。
東西国家間が緊迫している中で放送が許されているということは、一般人に対する統制まではないということなのかな。

エンディング後はおまけ小話3連発。
昔、デパートの屋上や広場にパンダの乗り物ありましたねー。
何故か楽しかった思い出が残ってて、アーニャの純真さを見ていたら懐かしくなりました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第27話「ボンドの生存戦略/ダミアンの野外学習」  

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第27話のネタバレ感想です。

シーズン2の2話目から早くも前後半で別々ですか。
内容は悪くないんですけど、せっかくの2期なので本腰据えて観られる話だといいなと思ってしまいました。

前半は未来視の能力で己の死を悟ったボンドが必死に生き残ろうとする話。
これだけだと緊張感のあるシリアスな内容と勘違いされそうですが、死因はヨルの手料理というギャグです。
さすが暗殺者、毒殺もお手の物ですね。
基本的にコメディパートで終始する構成なのですが、ちょっとオチが弱めと感じました。

時間配分としは後半の7割は原作39話のダミアン回。
おまけ回っぽく感じますが実は第1期の地続きの話なんですよね。

取り巻きの二人が家柄による腰巾着ではなくて、本当にダミアンのことを慕っているのが分かるのがエモい。
寝坊の罰として寮母の手伝いをしているダミアンのために、わざと自分達もペナルティを受けるのが微笑ましい。
それを察して付き合う先生たちも人格者で、優しさしかない世界でした。
是非大人になっても変に拗れずにこのままの友情を育んで欲しいなぁ。

アニメとしてはピクニックのシーンが静止画ではなくしっかり動いていることにちょっぴり感動。
時間経過を表す台詞なし映像の連続は、手を抜きやすい場面なのにきっちり仕事をしていて素晴らしかったです。
さすがの制作陣って感じ。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第26話「ちちとははをびこうせよ」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第26話のネタバレ感想です。

早くも第2期が開幕となったスパイ×ファミリー。
第1期が分割2クールで放送だったので、実質3期目のような錯覚を覚えます。
早いサイクルで放送されるのは、それだけ需要の高い人気作品だということでしょうね。

アニメの話数はSeason1からの連番として続くようで、Season2の1話目がシリーズ26話となっています。
前期の続きとして原作7巻途中からの再開と思いきや、原作3巻に収録されている番外編を初っ端に持ってきました。
改めて偽装家族を装う特殊な関係性を説明する話としてはナイス選択だったのではないでしょうか。

ヨルさんが暗殺者<いばら姫>の任務中にお尻に受けた銃弾のせいで平静を装えず、ロイドはそんなヨルさんを見て怒っていると勘違いして機嫌取りのためにデートに誘う展開。
アーニャは二人をバレバレな尾行で追跡し、アホっぽいすれ違いコントのようなノリが楽しめます。
たとえ原作を読んでいなくても次が予測つきやすいストーリーなのに、余すことなく面白いのは総合力の高さ故でしょうか。

安定した作画は健在で、どの場面を切り取っても見応えあります。
内容的に派手なアクションがある話ではないものの、漫画でいう大ゴマのカットはキャラの魅力が十二分に出ています。
激痛に顔を歪め、毒を食して逆に神経が麻痺して機嫌がよくなるヨルさんが可愛い。

声優さんたちもさすがの実力派揃いで耳に心地良い演技が見事。
優秀なはずのロイドがヨルさんのことになると途端に勘が鈍ってアホになるのが面白い。
アーニャの調子乗った子供っぽさは種﨑敦美さんのおかげで助長されていますね。

新しいOPとEDは派手に動き回っているけど、前期が神懸っていたので見劣りしてしまうという贅沢さ。
何回か見聞きしたらもっと気に入るかもしれませんけどね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top