fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第37話「家族の一員」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第37話のネタバレ感想です。

観終わるまで2期最終回だとは気付きませんでした。
豪華客船編が終わってから日常パートに戻ったので、クライマックス感がなかったですね。

ラストを飾ったのがボンド回だったということも余計に締め括りと感じなかった理由の一つ。
でも内容はほっこりとさせられるもので良かったと思います。

アーニャもそうですけど、ボンドがいれば全て解決とはいきません。
未来予知能力者といっても言葉を交わすことが出来るわけではないってのがミソですね。
予定通りに事が進まないのが可笑しくて、しょんぼりするボンドには可哀相だけど面白かったです。
もちろん、振り回されっぱなしのロイドも。

立場上、放火犯を捕まえても表彰されるわけにはいかない1人と1匹。
だけど唯一心が読めるアーニャには伝わっているという構図が良いんですよね。
アーニャから折り紙で作られた星を贈られたシーンは尊いというしかありませんでした。

さて、これで2期が終わりましたが、原作ストック的に3期はしばらく先になるかな。
そういえば、劇場版の評判は悪くなさそうですね。
どこかで配信サービス始まったら観てみようかな。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第36話「バーリント・ラブ/〈夜帷〉の日常」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第36話のネタバレ感想です。

長編エピソードを終え、またいつもの日常が戻ってきました。
小休止という名の本編となります。

シリアスというかボケを織り交ぜながらも真面目な物語だった本筋に対して、コメディパートの落差が激しすぎる。
先週までの感覚で視聴していると、まるでスピンオフ作品のようにすら感じます。
ノンストップでコントを見ているようで笑い疲れました。

今回のメインはベッキーがアーニャの家に遊びに行く口実でロイドに会いに来た話。
おませなお嬢様が恋愛映画で見知った知識でアプローチをかける様が豪快で楽しい。
そこに加えて天然なヨルさんが勘違い発動させまくるので、もう大変。
酔った振りをするベッキーを本気で心配したヨルさんが車に撥ね慣れながらも病院を目指す展開は面白かったです。

後半はコードネーム〈夜帷〉の名を持つフィオナがロイド不在の間に奮闘した話。
フォージャー家が楽しい休暇を満喫しているシーンとシンクロするように任務や特訓に明け暮れるフィオナの構図は、豪華客船編の裏話みたいで面白い。
ロイドからお土産を貰って愛情が溢れんばかりの内面が、声優さんのおかげで漫画よりも色気が倍増していました。

それにしてもこれだけ優秀なロイドとフィオナが何故ヨルさんの狂気に勘付かないのか。
どうみたって常人じゃないですよ、この人。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第35話「リゾートを満喫せよ/休暇自慢」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第35話のネタバレ感想です。

豪華客船編のエピローグ。
血生臭い話は終わり、微笑ましい家族愛と平和な日常が描かれています。

やっとフォージャー家の3人が揃いました。
ロイドの観察眼を誤魔化せるわけもなく、あっさり怪我していることがバレてしまうヨル。
ただ、決して上手くないように見えるヨルの嘘で引き下がってしまうぐらいロイドの警戒心が薄くなっています。
本人は任務だと言い続けていますが、情が湧いているのは間違いないですね。

島でのひと時は仲睦まじい家族そのもの。
3人揃って帽子を被っているのがエモい。
美味しいものを食べたり、アトラクションを楽しんだり、動物を触れ合ったり。
アーニャの笑顔に喜ぶ姿はもはや本当の親ですよね。
怪力でアーニャが乗るボートを押してしまうヨルさんと格好良く助け出すロイドが面白かったです。

後半はアーニャが旅行話を自慢したくて盛ってしまい自爆してしまう話。
一般的な中流家庭であれば羨ましがられるはずなんですけどね。
話をしたのが上流階級の同級生だったので相手が悪かった。
嘘つきばかりの大人に囲まれているアーニャが反省するというオチは一種のブラックジョークみたいでしたね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第34話「未来を繋ぐ手」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第34話のネタバレ感想です。

豪華客船編、勝負の決着となる第5話目。
フォージャー家の各々が奮闘してピンチを乗り越える展開にクライマックス感があります。

実力者揃いの殺し屋の中でも明らかに頭一つ抜けた腕を持つ刀使い。
部長さんを吹っ飛ばし、ヨルさんとも互角の戦いができる時点で相当な強者です。
単純な戦闘能力だけでいえば、ロイドよりも上なのではないでしょうか。

戦いの途中で落としたヨルさんの武器を見つけたのは母の姿を探して駆け付けたアーニャでした。
超能力で心を読めるにしてもそれ以外はただの幼女なのに、相当頑張っていますよね。
ヨルさんがいる方に向かって武器を投げたことが結果オーライで受け渡せたのは、間違いなくアーニャのおかげです。

居合抜きの刃に己のエモノを走らせて懐に入るヨルさんが格好良い。
そして、ホッと息をついた姿が可愛くて本当良いヒロインやってますね。

一方、休暇中のはずのロイドも船内に爆弾が仕掛けられていることを読唇術で知って行動に移します。
変装して爆弾処理を行うのですから、本当にハイスペックで頼りになる存在ですね。
先週まで子育てに苦労していた姿が嘘のようです。

でも実はこれもアーニャのアシストが大きかったんですよね。
スパイの父と暗殺者の母にバレないように陰ながらサポートする子という構図は何度繰り返してもワクワクさせられます。
託児所のお姉さんに見つかって、残りの爆弾=ウンコ出し切っていないと勘違いされるオチにはアホらしくて笑わせてもらいました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第33話「船上の交響曲(シンフォニー)/姉のハーブティー」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第33話のネタバレ感想です。

ガーデン2人vs殺し屋大勢。
花火に乗じて人知れず甲板での戦闘が始まりました。

改めてアニメ制作陣の力量に感服。
まるで劇場版かのように滑らかに動き回るアニメーションを終始楽しむことが出来ました。
これがテレビアニメで観られるわけですから、贅沢な時代になったものですね。

いわゆる雑魚相手ではなく、腕の立つ殺し屋ばかりで並みの敵ではないことが伝わってきます。
各々自信があるのも頷ける実力を持っていて、一筋縄ではいかないのが分かります。

それでも悠々とその遥か上を行くガーデン所属のヨルさんと部長さん。
圧倒的な人数差をモノともせず、撃破していく様は恐ろしくもあり美しくもあり。
やっていることは結局皆殺しなわけですから、多少BGMで誤魔化していても血みどろになる決戦には生臭さは隠せません。
ガーデンの全貌は未だ明らかになっていませんが、ここまで来ると国を動かせるだけの戦力といっても過言ではないですね。

とはいえ、殺し屋連中も黙ってやられるわけではなく、刀使いが部長を吹っ飛ばしてからは立場逆転。
ヨルさんが己の戦う意味に悩んで力を発揮できないこともあって、窮地に立たされます。
常にどこか抜けていて、ギャグっぽい演出が多いヨルさんにとって、ここまでシリアスな展開は初めてではないでしょうか。
彼女の生きる意味、そして戦う理由を自覚した時、真の力が発揮されるであろう次回が楽しみですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第32話「誰がための任務」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第32話のネタバレ感想です。

豪華客船編、第3話目。
護衛任務のヨルさんとアーニャの子育てをするロイドが別の意味で苦労する話です。

殺し屋との戦闘をサーカスと見立てる機転の良さが光るアーニャ。
それに乗っかって劇団員を装いながら敵を倒すヨルさんもさすがでした。
途中までは珍しく殺し屋が善戦していましたけど、殺気をアーニャ含む周囲に漏らしたことがヨルさんの逆鱗に触れましたね。

それにしてもアーニャのおかげで助かりましたけど、どこか抜けているヨルさんはいつバレてもおかしくなさそう。
ロイドと違って戦闘能力特化型ですから隠密行動には向いていませんね。
スタイルの良さで変装の出来ていませんでしたし。

一方そのころのロイドはコードネーム通り黄昏ていました。
アーニャの奇想天外な行動やリアクションにショックを隠し切れずに真面目に思い悩むのが面白い。
幼児の思考なんてただでさえ読めないのに、アーニャの場合は心を読めるからなおさら混乱するんでしょうね。
子供の成長を促しつつ喜ばせようとする良い父親しているはずなのに、アーニャがヨルさんに手助けしたい一心でロイドから離れたいと思っているからややこしいことになっているのが楽しいコメディの構図になっています。

豪華客船の名の通り、船内の催しや設備は凄いですね。
ゴルフ、図書室、マジックショー、ジクソーパズル、スケートという充実っぷり。
これなら何日も船の上だって過ごせそうだ。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第31話「戦慄の豪華客船」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第31話のネタバレ感想です。

豪華客船編、第2話目。
殺し屋連中がヨルさんたちの偽装を見抜き襲い掛かってきました。
カッコ可愛いヨルさんいっぱいです。

相手もプロだけに手強いと感じつつも、そこはさすがのいばら姫。
今のところサシで勝負を挑んでくるものばかりなので、圧倒的な力を見せて排除しています。
護衛対象から裏の顔には見えないと言われるぐらい抜けているところもありますが、仕事に抜かりはありません。

騒動にならないようにするため、出来る限り殺しを抑えているのが逆に大変な様子。
いつも暗殺モードだと鋭い目つきをしているのに、今回は目をぱちくりとさせることが多いのもスイッチが入り切っていない証拠でしょうか。
それでも投擲でドアをぶち抜くほどの破壊力を出すのは恐ろしい。

終われる身となったヨルさんがアーニャ達に近付く展開は誰しもが予想していた期待通りのストーリーでしょう。
心を読む力で誰よりも早く状況を察知するも、幼児であるアーニャが精一杯誤魔化そうとする流れはホント面白い。

数多の盗聴器に気付くロイドの観察眼は、これまたさすがとしかいいようがありません。
それなのにアーニャの育児のことになると急激に頭のいいポンコツになってしまうロイドが楽しい。
無駄に深読みしてしまうのがアホすぎる。

冷静に考えてみたら、少なくとも今回だけで3人は死んでいるのにシリアスになりきらない作風が凄い。
アーニャの存在だけでなく、全体的な雰囲気作りのおかげなんでしょうね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第30話「越境作戦」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第30話のネタバレ感想です。

第2期5話目にしてようやくきました、長編シリーズ。
ヨルさんのお仕事をメインとしたフォージャーファミリーのドタバタ劇を描いた豪華客船編のスタートです。

短編もそれはそれで楽しいのですが、やっぱり長編は深みが違うので没入感がまるで異なりますね。
奇しくもアーニャが乗船でワクワクしているように、視聴者も新章突入に気持ちが昂ります。

もしかすると劇場版はこの話を主体にするのではないかと予想した人もいるのではないでしょうか。
話のまとめ方も含めて満足感の高いエピソードであり、期待せずにはいられません。

第1期から通して、基本的にロイド視点で動く物語が多かったので、新鮮な気持ちになります。
ヨル自身にとっても普段の暗殺稼業が主体ではなく、護衛が任務で戸惑っている様子が窺えます。
戦闘能力はずば抜けたものを持っている彼女ですが、隠密行動などはロイドと比べるとまだまだって感じですね。
そこら中に仕掛けられている盗聴器にも気付いていないので、組織としても能力はさほど高くないのでしょうか。

逆にロイドは休暇だというのに周囲の観察をやめられずクソ真面目だったり。
アーニャにツッコミ入れられている姿がアホっぽくて楽しい。

護衛対象から服を借りて変装するヨルさんが可愛くて素敵。
ショートパンツのおかげで剥き出しになっている生足に見惚れていたら瞬殺されそうです。
この衣装のフィギュア出ないかなー。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第29話「知恵の甘味/情報屋の恋愛大作戦Ⅱ」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第29話のネタバレ感想です。

おまけエピソードだったり脇役にスポットが当たることが続きますね。
面白いけどエンジンが掛かり切っていない感覚になります。

前半は食べるとインペリアルスカラーになれるという眉唾モノのスイーツを奪い合う子供たちの話。
欲する5人に対して4個しかないマカロンを賭けてババ抜きする展開です。

同年代と過ごすアーニャを見ていると、やはり年齢を誤魔化している関係で幼さが隠し切れませんね。
おかげで天然ボケみたいになってて楽しい。
こんな娘が家族や友達だったら毎日飽きないでしょうね。

思考を読める能力のおかげでアーニャが無双する……かと思いきや、表情が顔に出るので手元にジョーカーがあると途端に弱くなるのが面白い。
敗北直前で涙を流すアーニャにわざと負ける選択をするダミアンは男の子ですね。
途中から展開バレバレでしたけど、分かっていても面白いってのはキャラが立っている証拠です。

後半はフランキーが惚れているカフェ店員の迷い猫を捜す話。
サブタイトル通り、以前とまんま同じパターンですが、今回強力するのはロイドではなく偶然街で出会ったヨルさんでした。

この情報屋、優秀なんでしょうけど抜けすぎていませんかね。
好意を寄せている女性に恋人がいるかどうか調査不足にもほどがある。
恋は盲目ってやつですか。

ヨルが所属するガーデンの話を掴んでいるようですが、まだまだ具体的なところまでには至っていない様子。
作中で様々な組織が存在しますけど、中でもガーデンは飛び抜けて凄いと感じさせます。

ただ、ヨルさんのパワープレイを目撃していたら疑ってもいいようなもんですけどね。
10年かけて製作したパワードスーツを素手で破壊してぶん投げることができるOLがどこにいるんだって話ですよ。
海老反りして投擲するヨルさんを2カメで流すシーンが楽しすぎて、何度も繰り返して観てしまいました。
その後猫に飛び掛かるシーンは逆に怖くて一回観て十分でしたけども。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第28話「任務と家族/華麗なるボンドマン/子ども心/目覚まし」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第28話のネタバレ感想です。

サブタイトルは数多くあれど、おまけで盛られているだけだったりします。
実質、ユーリ回である「任務と家族」がメインエピソードです。

秘密警察の働きで有能さをみせるユーリ。
重度のシスコンである彼が売国奴相手に優しさを見せるのは、嬉しい反面、心配でもあります。
冷徹なようにみえて家族愛に弱い一面は隠せず、将来的に致命的なミスに繋がる伏線になりそうです。
でも、これがユーリらしさではあるので、このままの彼で居て欲しいなとは思います。

後半は劇中アニメ「ボンドマン」の映像化。
こんな女たらしの主人公では教育によろしくないのでは。
東西国家間が緊迫している中で放送が許されているということは、一般人に対する統制まではないということなのかな。

エンディング後はおまけ小話3連発。
昔、デパートの屋上や広場にパンダの乗り物ありましたねー。
何故か楽しかった思い出が残ってて、アーニャの純真さを見ていたら懐かしくなりました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第27話「ボンドの生存戦略/ダミアンの野外学習」  

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第27話のネタバレ感想です。

シーズン2の2話目から早くも前後半で別々ですか。
内容は悪くないんですけど、せっかくの2期なので本腰据えて観られる話だといいなと思ってしまいました。

前半は未来視の能力で己の死を悟ったボンドが必死に生き残ろうとする話。
これだけだと緊張感のあるシリアスな内容と勘違いされそうですが、死因はヨルの手料理というギャグです。
さすが暗殺者、毒殺もお手の物ですね。
基本的にコメディパートで終始する構成なのですが、ちょっとオチが弱めと感じました。

時間配分としは後半の7割は原作39話のダミアン回。
おまけ回っぽく感じますが実は第1期の地続きの話なんですよね。

取り巻きの二人が家柄による腰巾着ではなくて、本当にダミアンのことを慕っているのが分かるのがエモい。
寝坊の罰として寮母の手伝いをしているダミアンのために、わざと自分達もペナルティを受けるのが微笑ましい。
それを察して付き合う先生たちも人格者で、優しさしかない世界でした。
是非大人になっても変に拗れずにこのままの友情を育んで欲しいなぁ。

アニメとしてはピクニックのシーンが静止画ではなくしっかり動いていることにちょっぴり感動。
時間経過を表す台詞なし映像の連続は、手を抜きやすい場面なのにきっちり仕事をしていて素晴らしかったです。
さすがの制作陣って感じ。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY Season 2 アニメ第26話「ちちとははをびこうせよ」 

SPY×FAMILY Season 2」アニメ第26話のネタバレ感想です。

早くも第2期が開幕となったスパイ×ファミリー。
第1期が分割2クールで放送だったので、実質3期目のような錯覚を覚えます。
早いサイクルで放送されるのは、それだけ需要の高い人気作品だということでしょうね。

アニメの話数はSeason1からの連番として続くようで、Season2の1話目がシリーズ26話となっています。
前期の続きとして原作7巻途中からの再開と思いきや、原作3巻に収録されている番外編を初っ端に持ってきました。
改めて偽装家族を装う特殊な関係性を説明する話としてはナイス選択だったのではないでしょうか。

ヨルさんが暗殺者<いばら姫>の任務中にお尻に受けた銃弾のせいで平静を装えず、ロイドはそんなヨルさんを見て怒っていると勘違いして機嫌取りのためにデートに誘う展開。
アーニャは二人をバレバレな尾行で追跡し、アホっぽいすれ違いコントのようなノリが楽しめます。
たとえ原作を読んでいなくても次が予測つきやすいストーリーなのに、余すことなく面白いのは総合力の高さ故でしょうか。

安定した作画は健在で、どの場面を切り取っても見応えあります。
内容的に派手なアクションがある話ではないものの、漫画でいう大ゴマのカットはキャラの魅力が十二分に出ています。
激痛に顔を歪め、毒を食して逆に神経が麻痺して機嫌がよくなるヨルさんが可愛い。

声優さんたちもさすがの実力派揃いで耳に心地良い演技が見事。
優秀なはずのロイドがヨルさんのことになると途端に勘が鈍ってアホになるのが面白い。
アーニャの調子乗った子供っぽさは種﨑敦美さんのおかげで助長されていますね。

新しいOPとEDは派手に動き回っているけど、前期が神懸っていたので見劣りしてしまうという贅沢さ。
何回か見聞きしたらもっと気に入るかもしれませんけどね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY2期(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

フィギュア開封No.008 POP UP PARADE SPY×FAMILY ヨル・フォージャー(グッドスマイルカンパニー) 

20230725 ヨル001

■ 種別スケールフィギュア■ 発売日2023年5月
■ メーカーグッドスマイルカンパニー■ 価格4800円 4080円
■ 全高17㎝■ 備考POP UP PARADE

初めてライザ以外で購入したスケールフィギュアがこちら。
グッドスマイルカンパニー製の「POP UP PARADE SPY×FAMILY ヨル・フォージャー」です。

20230725 ヨル002

フィギュアに嵌まり始めてしばらく経った頃から、大手ホビー通販サイト「あみあみ」をチェックするようになりました。
手広く新作フィギュア情報を収集するのに打ってつけなんですよね。

そんな中で来年2月に発売予定となっている、アーニャ&ヨルのお座りフィギュアが目に留まりました。
非常に良い出来て思わず一目惚れ。
これは予約しなけばと購入を決定しました。

しかし、急激に湧いたスパイファミリーのフィギュア熱を収めることができません。
色々と探し回ってみて、見付けたのはこの商品だったわけです。

「POP UP PARADE」とはグッドスマイルカンパニーが提供するスケールフィギュアのお手頃価格シリーズ。
通称ポッパレ。
今では2~3万するのが当たり前になったスケールフィギュア業界に、手に取りやすさを売りにしたもので一定の評価を得ているものらしいです。
以前は3900円だったのが昨年から4800円に値上がりしたそうですが、それでも買いやすい価格なのは間違いありませんね。

クオリティーもなるほどって感じ。
高額フィギュアと比べたら見劣りはするけれど、プライズほど安っぽくはない。
供給が少ないキャラであれば十分嬉しいものだと思います。
一方で人気キャラの場合は、高いスケールフィギュア一つ買えばいいんじゃないかなという中途半端感もありますね。

肝心のヨルさんは最初こそ期待していたほどではなくて失敗したかなと思いましたが、じっくり堪能すると良さが分かってきました。
プライズとスケールで最も大きく質の差がでる表情が低価格帯と思えないほどに可愛い。
どの角度から見てもバッチリです。
スタイルも素晴らしく、身体のラインがくっきりと出ていて尻がエロいっす。
ニーソとタイトスカートの間にある絶対領域はセクシーですね。
ちなみにパンツは履いていません、ってかスカート内部から脚が生えていました。

最終的には満足できたので、買って良かったと思います。
これで来年発売されるアーニャ&ヨルのフィギュアまで我慢できそうです。

テーマ: フィギュア

ジャンル: 趣味・実用

タグ:   フィギュア  スケールフィギュア  SPY×FAMILY  ヨル・フォージャー 

△page top

2022年秋クール終了アニメ感想 

随分と遅れましたが、秋クールで終了となったアニメの一言感想まとめです。

本来であれば「異世界おじさん」の最終回を観終わってから書こうと思っていたので遅れてしまいました。
いつまで経っても延期になった13話について告知がないんですよねぇ。
これ以上待っていたら冬クールも終わってしまいそうなので、ここで区切りをつけることにしました。

「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」は1話で視聴切り。
「うる星やつら」も2話で切りました。
どちらも決して悪いわけではなく、それなりに楽しむことは出来ていました。
ですが、今回のアニメで観ないといけない理由が弱く感じてしまったんですよね。
ゲームや初代アニメなどで事足りると思うと、多忙な中で観続ける必要性は薄いと判断しました。

▼ ぼっち・ざ・ろっく

アニメ評価 ★★★★★ 原作/既読

きらら作品の最終兵器は伊達ではなかったことを証明しました。
期待度が非常に高く、序盤こそもう一歩と感じたものの後半からの盛り上がりは素晴らしかったです。
やはり漫画では味わえない演奏面で化けたところはありますね。

▼ SPY×FAMILY 第2クール

アニメ評価 ★★★★★ 原作/既読

分割2クール目も文句なしの出来で大満足。
ロイドが格好良く、ヨルが可愛く、アーニャが愛おしい。
第2期や劇場版も今から楽しみです。

▼ 機動戦士ガンダム 水星の魔女

アニメ評価 ★★★★☆ 原作/アニメオリジナル

個人的にはガンダムのTVアニメシリーズはAGE以来なので10年振りに触れることになります。
キャラデザインが好みだったのが視聴のキッカケでしたが、前日譚である「PROLOGUE」で心を鷲掴みにされました。
物凄く気になるところで1クール目が終わってしまったので、続きが待ち遠しいですね。

▼ 新米錬金術師の店舗経営

アニメ評価 ★★★☆☆ 原作/漫画版のみ既読

女の子が冒険で魔物を討伐しつつ素材を集めて錬金術を行い店を経営する、そんな話。
アトリエシリーズを彷彿とさせるというか、まんまというか。
わちゃわちゃと動く様が面白くて、最後まで完走出来ました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ評価  ぼっち・ざ・ろっく!  SPY×FAMILY  機動戦士ガンダム_水星の魔女  新米錬金術師の店舗経営 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第25話「接敵作戦」 

SPY×FAMILY」アニメ第25話のネタバレ感想です。

分割2クールで放送された第1期も今回が最終回。
最後のエピソードで遂に満を持してデズモンド国家統一党総裁が登場。
スパイがファミリーを形成するキッカケとなったオペレーション〈梟〉の目的が、ようやく前進しました。
アニメ25話分かけてこの進捗ですから、この作品が完結するのは相当時間が掛かりそうです。

超人的な能力を持ち合わせているスパイでも困難な警備体制であることを今更ながらに説明しています。
ロイドだったら何とかなるんじゃないの?と思った視聴者も多かったでしょうから、早めに語らせても良かった気がしますね。

主に娘と妻のおかげでコメディ寄りの作品ですが、ロイドが本業を遂行する時は真面目ですね。
いつになく格好良いロイドが見られて、そういえば主人公だったなと思い出しました。
ロイドがデズモンドに名乗るシーンは、裏に思惑を抱きつつ演技しているニュアンスを僅かに残した江口拓也さんの好演だったと思います。

任務のためには冷徹になれるロイドですが、随所に素が垣間見えるところに好感が持てます。
ダミアンに対して申し訳ないと抱く気持ちは決して嘘ではないように見えました。
あと、アーニャがはちゃめちゃ過ぎて子育てに苦労している発言はダミアンたちが同情してしまうぐらい本音だったんでしょう。

結果的に名前を覚えてもらって作戦成功と言いたいところですが、デズモンドが不気味過ぎますね。
今回の接触でロイドに不信感を抱いている可能性もあります。
それが判明するのは、一体いつになるのでしょうね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第24話「母役と妻役/ともだちとかいもの」 

SPY×FAMILY」アニメ第24話のネタバレ感想です。

フィオナとのテニス勝負には勝利したもののロイドに見放されるのではないかと不安なヨルさん。
虚ろな目でふらふらと歩くからご近所から夫の浮気を噂されてしまう始末。
すぐさまフォローを入れようとするところは、さすがスーパーマンのようなスパイをやっているだけのことはあります。

ベロンベロンに酔っぱらうヨルさんが可愛い。
呂律が回っていない演技が素晴らしい早見沙織さんのおかげで魅力が倍増しています。
顔赤らめながら本音がぽろぽろと漏れる女性ってイイっすよね。

パンストで包まれた綺麗な美脚でハイキックを披露するヨルさん。
思わず見とれてしまいそうになりますが、食らったら普通に死にます。
気絶したとはいえ一度耐えたロイドが超人ってだけですね。

恋愛感情までもスパイのために利用しようとするロイドは一見すると難攻不落に見えますが、意外とコロっと落ちそうな気がしています。
どっちかというと好意を持ちつつも愛情に変化するのに時間かかるのはヨルさんの方じゃないかな。
まぁ、どちらにせよ早く本当に結婚しろよと言いたい。
心で繋がってイチャイチャするといいよ。

後半はアーニャとベッキーの友情物語。
高飛車な性格が故に友達がいなかったベッキーにとって、アーニャは本当に大事な親友になったんですね。
ベタだけどお揃いのキーホルダーをつけて喜ぶシーンは嬉しくて心揺さぶられました。
ダミアンが見惚れてしまうのも無理はないです。

アーニャとベッキーのファッションショーは、もっとじっくり見たくなるぐらい可愛いがいっぱいでした。
こんな幼女がいたら、着せ替え人形のごとく服を試着させるのは楽しいだろうなー。

来週で最終回なのかな?
第2期と劇場版製作発表となったので、今後もこの作品に触れられるのは有り難いですね。


テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第23話「揺るがぬ軌道」  

SPY×FAMILY」アニメ第23話のネタバレ感想です。

何でもありな闇テニス回、後編。
たとえ銃撃されても回避するとか、どうみても素人ではないのにスパイとは疑われないんだろうか。
投薬でドーピングする輩がいるぐらいだから別にいいのかな。

相変わらず某テニスアニメよりも滑らかな作画に感心します。
背景を動かしながらロイドとフィオナが飛び交うシーンは素直に凄いと思いました。
原作よりも躍動感があるのはお見事ですね。

危なげなく勝ち上がり、元々の目的だった絵画も無事入手。
一歩遅ければ保安局に差し押さえられるところでしたが、変装と偽造で何とかなりました。
……こんなことができるのであれば、最初から保安局や執事に化けていればよかったのでは。

まぁ本題はそこではなく、後半のヨルvsフィオナの一戦です。
お嫁さんポジションを取られたとヨルさんを目の敵にしているフィオナ。
私情にまみれたテニス勝負を仕掛けた彼女を必死に止めようとするロイドが面白い。
無知は罪というか、命とりになりますよ。

ただのラケットでテニスボールが網の目状に割けるって何。
ガットの耐久性どうなってんの。
打ち返そうとしたラケットが粉々になったのは、それだけフォオナが力強かった証拠でしょう。
音速以上のスピードで飛んでくるボールに触れたら、普通手首折れますよ。

散々脳内で舐めていたヨルさんに負けて泣きじゃくりながら帰るフィオナが可愛い。
シリアスだった21話が既に遠い過去のようです。
山に籠ってテニスの特訓をするCパートで、すっかりギャグ要因の一員に染まりましたね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第22話「地下テニス大会 キャンベルドン」 

SPY×FAMILY」アニメ第22話のネタバレ感想です。

今回もまたコードネーム<夜帷>こと、フィオナがメインとなるお話。
ある任務でロイドと共に潜入することになったことを内心爆発的に喜ぶフォオナが最初から最後まで面白い。
徹底して仮面が崩れないのは、さすがスパイというべきなのだろうか。
中身は「すき」の単語で脳内埋め尽くされるほどのお花畑だというのに。

照れた表情を見せることでギャップ萌えを狙うのは容易いでしょうが、フィオナはひたすら表情を変えません。
あれだけ優秀なロイドが感情を見誤るぐらいですから生半可なレベルではありませんね。
内面描写を多めにすることで落差を表現する手法は、視聴者から観たら濃厚な甘さを受け続けている気分になります。
仕事のできるクールな女性なのに、アホの子みたいな印象受けますね。

ストーリー的にも若干お馬鹿な展開で、ロイドが逐一ツッコミをしているのが笑えます。
装備も薬も何でもござれな闇テニスってなんだよと言いたい気持ちは分かります。

演出や作画はトップクラスの安定度を誇るアニメのため、テニス描写もダイナミックで見応えあって楽しかったです。
スピーディーかつ重さを感じるラリーは原作よりも伝わってきましたね。
テニプリよりも絵が動いていたぐらいですよ。

それにしても、ロイドってプロ顔負けのテニスができるぐらい運動能力も超人的なんだなぁ。
いや、分かってはいましたけど、近くにヨルさんという化け物がいますから霞んでしまうんですよね。
この世界のパワーバランスがどうなっているのか知りたくなりました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第21話「〈夜帷〉/はじめての嫉妬」 

SPY×FAMILY」アニメ第21話のネタバレ感想です。

新たなキーキャラクター、フィオナの出番がやってきました。
OPやED映像では一足早く登場しており、前回は顔見せ程度だったのでようやく本番ですね。

ヨルさんに勝るとも劣らないクールな美人。
冷徹な仮面からはシビアな判断で仕事のできるスパイだと感じ取れます。
しかしその実態は、脳内が先輩LOVEで埋め尽くされるヤンデレ気質な女性でした。

既婚男性を不倫に誘う女性のような立場で、全くもってエレガントではないスタイルに引き笑いしてしまいます。
表情を顔に出さないだけで、脳内はもはや昼ドラの泥沼展開のようですね。
もちろん、フィオアの一方的な思い込みなんですが。

完璧超人のロイドでも読み取れないポーカーフェイスが無駄に凄いんだけど、思考を読み取れるアーニャがいるおかげで途端にコメディ色が強い劇になっています。
キャラ配置の巧さを改めて実感させられますね。
まぁ、幼女からしたら拷問のような教育をするママはお断りでしょう。

ロイドとフィオナが口の形を発音を分けて喋るテクニックを披露するシーンは何度見ても頭が理解できません。
ゆっくり見直しても脳の処理が間に合わずにバグります。
試しにやってみようとしたら顎が外れかけました。
よくもまぁこんな芸当ができますね。

Cパートはアーニャお気に入りのペンギンを愛犬と母親にボロボロにされる番外編エピソード。
ヨルさんは活躍よりも失敗するシーンの方が圧倒的に多いですね。
面白いけれど、もう少し見せ場があっていいと思うんだ。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第20話「総合病院を調査せよ/難解な暗号を解読せよ」  

SPY×FAMILY」アニメ第20話のネタバレ感想です。

娘、父の職場に社会見学に行くの巻き。
もちろん、スパイではなく医者の方です。

何気に初めて描写されるロイドの医者勤務ですが、普通に働いていて驚きます。
どれだけハイスペックなの、この男。
精神科医なので知能でカバーできると判断してそうですが、普通はできませんから。
しかも開業医ではなく勤務医って、スパイ活動と両立できている意味が分かりません。

そんなスーパーマンみたいな父をもつアーニャはワクワクが止まらない様子。
作中アニメのボンドマンみたいな存在で、子どもにとってはヒーローそのものなんでしょうね。

母も肉体的に超人ですが、父以上に外部には知られるとマズイお仕事なので社会学習なんでできやしません。
妄想とはいえ返り血を浴びるアーニャの絵をよく放送できたなと感心したくらいです。
血の色がピンクだったりグロ画像をモザイク処理していましたが、国によっては放送禁止になってもおかしくないですね。

アーニャのせいでロイドが呼び出しを食らうオチも含めて楽しかったです。
可哀相ではあるけど、ヨルさんに殴打療法なんて誤魔化していたロイドも悪いっちゃ悪い。

WISE工作員の美人同僚が初お目見え。
まだクレジットでは名前は出ていませんでしたが、次回予告見る限り来週が本番のようですね。
とりあえず数える程度の台詞を聞く限り、佐倉綾音さんの声は合っていると感じました。

後半はまたしてもアニオリ回。
秘密の暗号作りばらまくスパイごっこに夢中になるアーニャの話。
ちょっとオチが弱い気がしないでもないですが、オリジナルとは思えないぐらい違和感ありませんでした。
キャラ設定がしっかりしているので、日常回は量産しやすい作風なんでしょうね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第19話「デズモンドへの復讐計画/母、風になる」  

SPY×FAMILY」アニメ第19話のネタバレ感想です。

前半は学園パート。
デズモンド家に自社を潰されたと勘違いしたジョージがダミアンを嵌めようとする話。
最初からオチが分かっていても面白い類いのネタでしたね。
もしも自分がジョージの立場だったとしたら、むしろ倒産して欲しいと願ってしまうかもしれません。

前回の間抜けなスパイが実は子供のお小遣いで雇われていたと判明して、今更ながらに納得しました。
ってかギャグっぽく終わっているけど、一歩間違ったら本当にジョージの家が抹消されててもおかしくなかったわけか。
結果的にロイドに救われましたね。

後半は2クール目初のアニメオリジナルエピソード。
アーニャの忘れ物に気付いたヨルさんが学園まで届けに行く話。

7分程度の短い話でありながら面白かった。
1クール目のアニオリ回は微妙でしたけど、これは良かったなぁ。

ヨルさんの魅力が存分に引き出されている内容でした。
妄想突っ走り気味なヨルさんがコロコロと表情を変える様が堪能できます。
そして、学園まで急行するダイナミックなアクションシーンが見応え抜群。
身体を捻りながら飛び回る場面は何度か繰り返し視聴するぐらい気に入りました。

あと細かいところで、ヨルさんがアーニャの自室に入る際に小声で断りを入れるシーンが好き。
ロイドがヨルさんを慰めるために昼食を誘う優しさも含めて温かい気持ちになれましたね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第18話「家庭教師の叔父/〈東雲〉」  

SPY×FAMILY」アニメ第18話のネタバレ感想です。

アーニャとロイドにとっての中間テスト編。

前半パートはアーニャ勉強頑張るの巻。
叔父と姪の関係であるユーリとアーニャの顔合わせでもあります。

こんな小さな子どもの頃から中間試験なんてやりたくないなぁ。
アーニャでなくても勉強嫌いになりますよ。
それこそ親が上手く動機付けしないと、子はやる気出ないと思います。

新月の日に超能力が使えなくなるって、どこかで見た設定ですね。
今回はともかく将来的にシリアスな場面にてこれが伏線となる日が来るのでしょう。
何だかんだでズルはしない娘なので、たとえ能力が使える日でもテストで心を読むことはしなかったと思いますね。

ユーリの扱いやすさは幼女でも手綱を握れるレベル。
姉さん至上主義だから同調すればイチコロですね。
姉泥棒と思われているロイドには難しいかもしれませんが、アーニャなら簡単に誘導できそうですね。

後半パートはテストの採点を改竄しようと試みるロイドの話。
雑でボロ出しまくる同業者の東雲の登場回です。

基本的にコメディ路線で面白いと思うんですけど、東雲のアホさ加減を見ているとイーデン校のセキュリティが疑わしくなりますね。
あまり対象のレベルを落とすと、デズモンドへの接触のために妻と子を用意したロイドまでアホに見えてきます。
まぁただのギャグと思っておくのが無難ですかね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第17話「ぐりほんさくせんを決行せよ/〈鋼鉄の淑女〉/オムライス♡」 

SPY×FAMILY」アニメ第17話のネタバレ感想です。

ショートストーリーが続きますね。
悪くはないんだけど物足りなさを感じてしまうのは長編と比べると物語が薄目だからでしょうか。
確かに面白くはあるんだけどねー。

学園パートは久々になるのかな。
図工の時間に次男ことダミアンと仲良くなろうと試みるアーニャのスパイごっこも久し振り。

アーニャは年齢偽っているので周囲よりも年下なんでしょうが、さすがに工作の出来が酷い。
超能力で人の心を読めても年相応の幼児だなということを再認識しました。

一方でダミアンの設計図は大人でも描けないような緻密さが凄い。
基本的に有能で将来が楽しみな子ですよね。
父親が自分に関心がないことに気付いているのが何とも可哀相な話です。

ロイドとシルヴィアの会合パートが一番面白かった。
クソ真面目に娘の成長を報告するロイドに「何言ってんだコイツ」と言葉にするシルヴィアがアホらしくて好き。
こんな平和な話が延々と続く幸せなんだろうなー。

Cパートは幼少期のヨルさんとユーリの話。
ユーリが強靭な肉体を手に入れたのが姉のメシマズが原因だったという気の毒な話なんですが、一番の不幸は当人達が全く気付いていないということじゃないのかな……。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第16話「ヨル’sキッチン/情報屋の恋愛大作戦」  

SPY×FAMILY」アニメ第16話のネタバレ感想です。

原作1話完結型のコメディ2篇。
話の内容は定番過ぎて新鮮味に欠けますが、この作品のキャラで描かれるだけで楽しくなります。
それだけキャラが立っているということなのでしょうね。

前半は4巻冒頭のエピソード。
文字通り、料理も殺人級の腕を持つヨルさんが家族のために料理の勉強をする話。
弟のユーリが毒見のために呼ばれたけれど、幼い頃から食べ続けて既に舌が麻痺していたので役立たずだった。
美味いと言いながら吐き出しているから身体は正直とも言えますが。

って、そうか。
どうして改善できないのかと思ったけど、きっとヨルさんも超人的な耐性があるから味見しても無駄ということか……。

故郷の料理を思い出して振舞ったことで、ロイドやアーニャにも喜ばれてほっこり。
からの、二段構えのオチはあまりにも予想通り過ぎる。
メシマズは何故オリジナル創作料理に走るのだろうか。

後半はモジャモジャことフランキーの恋物語。
有能な情報収集屋が片思いするとストーカーになってしまうという怖いお話。
でもあれだけ好きな相手のことを調べられるのなら、有効活用できそうなもんですけどね。
頭で考えるのと実践するのでは大きく違うってことですかね。

モニカも可愛いし、カミラも素敵なレディでしたし脇役も含めて女性陣が魅力的な回でした。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第15話「新しい家族」 

SPY×FAMILY」アニメ第15話のネタバレ感想です。

2クール目冒頭から3話連続で続いた「新しい家族」編、完結。
犬さんことボンドが正式にフォージャー家に加入しました。
原作読んでいる時は隔週更新の全6話構成ということもあって長く感じたものですが、アニメだとすぐ終わっちゃいましたね。

過言でも何でもなくフォージャー家によって無事テロは未然に防がれました。
疲労困憊のロイドよりも的確に動いたアーニャと無自覚に暴れたヨルさんの方が活躍しているという不条理さよ。
結局、主犯格にダメージ入れられたのはヨルさんの蹴りのみでしたしね。

ハンドラーが微笑を浮かべながら「今日が平和で何よりだ」と呟くシーンが重い。
その前後にアーニャぐらいの娘がいたと過去形で語ることも含めて、いかに平和が尊いものであるかを思い知らされます。
基本的にコメディ漫画として物語は進行しますけど、背景は相当シビアな世界観であると再認識させられました。

後半はアフターストーリーを踏まえつつ、2クール目初となる日常回。
どっちが面白いと思うかは人それぞれですけど、個人的には素直に笑っていたいからこっちの方が好みです。
幼女とペットのペアはヒーリング効果絶大で癒されます。
ラストシーンでロイドに埋もれながら寝ちゃってるアーニャの絵は、ヨルさんでなくても顔が綻んでしまいますね。

美男美女の夫婦と可愛い娘に優しい大型犬まで増えて、なんとまぁ理想的な家族ですこと。
いつかロイドの任務が終わった時もこのまま家族で居続けてくれることを願っています。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第14話「時限爆弾を解除せよ」 

SPY×FAMILY」アニメ第14話のネタバレ感想です。

何だかすごく早いペースだと感じますが、実際は原作20話と21話だけしか進んでいません。
中身が濃いからそう思うのかもしれませんね。

相変わらずアクションシーンがダイナミックで見応えあります。
ちょっとした挙動にも手を抜いておらず、細かかな配慮が随所に見られます。
ヨルさんの超人的な動きはもちろん、アーニャのちょこまかと動き回る絵が見られるだけでアニメは楽しいですね。
今回は特にアーニャの奮闘が目立つ回ということもあって、シリアス展開なのに微笑ましかったです。
このぐらいの年齢って時計は読めないんだったかなぁ?

ハンドラー<管理官>ことシルヴィアの淡々と語りかける場面は非常に印象的でした。
戦争の凄惨さを知っている人間ならではの台詞でテロを企てる学生たちとは重みが違います。
甲斐田裕子さんの演技も素晴らしく、耳に記憶が残るようでした。

ラストシーンで変装用の顔を剥いで銃を構えるロイドが格好良い。
夕陽が逆光になっていて、まるで映画のワンシーンのようでした。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

SPY×FAMILY アニメ第13話「プロジェクト〈アップル〉」 

SPY×FAMILY」アニメ第13話のネタバレ感想です。

3ヵ月の期間を経て、スパイファミリーが再開しました。
話数からして、あくまで1期の分割2クールというスタイルのようですね。
1クール目の最終回を観終わった時は待ち遠しかったですが、いざこうしてみるとあっという間でした。

さて、2クール目はいきなり初っ端から長編開始。
コメディ路線で話が進むことが多かった1クール目と比較すると、シリアス展開におやっ?と思うかもしれません。
要所で和やかなボケが挟まりますので楽しく観れていますけどね。

犬、登場。
原作のネタバレになるのであまり迂闊なことは言えないのですが、概ね想像通りに動いてくれて満足です。
アーニャを背に乗せて走るシーンで、犬目線で走る躍動感は素晴らしい演出でした。

ヨルさん相変わらず妄想突っ走っていますね。
普通に考えたら余所見して娘を見失うのはイケナイことなんですけど、テンパっているヨルさんを見るのは何故か楽しい。
最後のマジ蹴りで戦闘力も発揮してくれて、さっそくエンジン全開な母でした。

ロイドは活躍しているのですけど、果たして腹痛という言い訳で離れてよかったのだろうか。
アーニャに「ちちのくそ くそながい」なんてフォローはされる始末ですし。

新OPとEDもお披露目。
前期はセンス抜群でお見事だったのでハードル上がっていましたが、期待を超えるクオリティに驚き。
まるで劇場版かのような色彩と細やかなアニメーションに改めて予算の偉大さを思い知りました。
爆発的な人気が出るかどうかはともかく、間違いなく素晴らしいアニメになることは約束されていますね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: SPY×FAMILY  SPY×FAMILY(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

2022年秋アニメ新番組注目PV 

今期秋アニメで注目している作品のPVをまとめてみました。
まだ夏アニメの視聴が間に合っていないため、既に放送開始済みの作品にも手を付けられていません。
本来であればチェックしているものは全て目を通したいところですが、取捨選択しないと時間が足りませんね。

▼[1] ぼっち・ざ・ろっく!


きらら作品の最終兵器が遂にアニメ化。
話題になってから長く感じたので、若干勢いが落ちてしまいましたがアニメで再ブレイクを期待したい。
PV見る限りちょっとシリアス強めなのですが、コメディに全振りしてくれてもいいんですけどね。


▼[2] SPY×FAMILY 第2クール


1クールのスパイを置いて、帰ってきたスパイファミリー。
前回終わった時は待ち遠しかったけど、いざ始まるとあっという間でしたね。
まるで劇場版のような力の入り具合で、今期も安心して観られそうです。


▼[3] 弱虫ペダル LIMIT BREAK


4年振りとなる弱ペダ第5期。
個人的に原作よりアニメの方が楽しめる作品なので、この時を待っていました。
燃えるBGMが多いのがいいんですよね。


▼[4] 新米錬金術師の店舗経営


原作はなろう発のライトノベル。
漫画版を読んでいるのですが、コミカルなノリで楽しめています。
どこからどうみてもアトリエシリーズに見えるんですよね。


▼[5] 聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-


聖剣伝説シリーズ初となるアニメ作品。
LOMはプレイしたことあるんですけど、途中で積んでしまったんですよねぇ。
リマスター発売したこともあって先にゲームをプレイするかどうか悩みます。


▼[6] うる星やつら


令和の時代に復活したうる星。
声優陣が人気中堅を揃えているのが年齢層を狙い撃ちしている感じ。
しかしながら、あの当時だから出来たノリやネタが多いので果たして成り立つのかどうか。


▼[7] ポプテピピック TVアニメーション作品第二シリーズ


まさかのクソアニメ第二期。
コメントありきで視聴するタイプの作品ですね。
くだらないと思いつつも観ちゃいます。


▼[8] 機動戦士ガンダム 水星の魔女


ガンダムTVアニメシリーズ最新作。
そこまで積極的にガンダムは見ないのですが、この作品はちょっと気になっています。
絵柄は好みです。

「転生したら剣でした」「夫婦以上、恋人未満。」あたりも少し漫画で読んでいて興味があります。
この他にもノーマークの作品で評判良いものは1話だけでも目を通したいなと思います。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ぼっち・ざ・ろっく!  SPY×FAMILY  弱虫ペダル5期  新米錬金術師の店舗経営  聖剣伝説LOM  うる星やつら  ポプテピピック2期  機動戦士ガンダム_水星の魔女 

△page top

2022年春クール終了アニメ感想 

2022年春に終了したアニメ感想リストです。

▼ SPY×FAMILY(第1期1クール目)

アニメ評価 ★★★★★ 原作/既読

少年ジャンプ+で配信されている大人気WEB漫画。
放送前から大ヒットが義務付けられているといっても過言でないぐらい期待度が高まった作品です。
(総評より抜粋)

▼ であいもん

アニメ評価 ★★★★★ 原作/既読

和菓子を通して大切な人同士の交流を描くハートフルストーリー。
昨今では珍しい作風のアニメなだけに注目度はさほど高くなかったと思われますが、間違いなく出来は素晴らしかったです。
(総評より抜粋)

▼ かぐや様は告らせたい -ウルトラロマンティック-

アニメ評価 ★★★★★ 原作/既読

ラブコメ漫画としては長編の域に突入した「かぐや様は告らせたい」第3期。
ウルトラロマンティック大作戦は作品内外ともに見事大成功となりました。
(総評より抜粋)

▼ 恋は世界征服のあとで

アニメ評価 ★★★★☆ 原作/既読

説明しよう!
正義の味方ヒーロー戦隊・ジェラート5のリーダーである相川不動と世界征服を企む悪の秘密結社・ゲッコーの戦闘員リーダーである禍原デス美は恋人同士なのである。
これは、戦闘している最中に逢引きを重ね続ける彼と彼女のギャグ全開ラブコメ物語なのだ。
(総評より抜粋)


▼ トモダチゲーム

アニメ評価 ★★★☆☆ 原作/既読

お金と友情を天秤にかけたゲームで人間の本性が暴かれる。
裏切り者は一体誰なのか、先の気になる展開が続くデスゲーム系作品です。
(総評より抜粋)


▼ 可愛いだけじゃない式守さん

アニメ評価 ★★★☆☆ 原作/既読

マガポケでも随一の大人気ラブコメのアニメ化作品。
元々Twitter漫画だったこともあり、初期は場面だけを切り抜いたショートショートのようなスタイル。
そのため、ラブコメ作品としては比較すると少なめであろう、カップル成立して1年後の作品となっています。
(総評より抜粋)

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ評価  SPY×FAMILY  であいもん  かぐや様は告らせたい3期  恋は世界征服のあとで  トモダチゲーム  可愛いだけじゃない式守さん 

△page top

SPY×FAMILY アニメ総評 



【評価……A-
作画 ★★★★★★★★★ … 9
演出 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
脚本 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
人物 ★★★★★★★★★
 … 9
音楽 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
声優 ★★★★★★★★★
 … 9
原作再現度
コメディ




 ★★★★★★★★ … 9
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8





1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話
A-A-A-A-BA-A-A-A-B+A-B+

【総評】


少年ジャンプ+で配信されている大人気WEB漫画。
放送前から大ヒットが義務付けられているといっても過言でないぐらい期待度が高まった作品です。

タイトル通り、スパイである主人公・ロイドが偽装家族と共に過ごしつつ任務を遂行せんとする物語。
偽装結婚したヒロイン役のヨルは暗殺者、孤児院から連れ出した娘役アーニャはテレパシー能力者とそれぞれが秘密を抱えています。
舞台は戦後の余波が残る西欧風な国、東のオスタニアと西のウェスタリス。
シリアスな背景で繰り広げられるのは、実は勘違い系ギャグコメディなので意外と思われるかもしれません。

たびたび各話感想でも語りましたが、予算が飛び抜けていることが伝わってきます。
主題歌にOfficial髭男dismと星野源を抜擢するだけでなく、アニメーションの滑らかさや全てのカットに行き届いている丁寧さなど、他の深夜アニメとは一線を画しています。
余裕をもって制作されているので安定感が素晴らしく、完成度は今期に限らず昨今のアニメ界においても随一でしょう。

実際、アニメ化になって更に作品人気はブーストが掛かっているようですね。
作風が万人向けなのでお勧めしやすいことも一因でしょうか。

一番の魅力は間違いなくキャラクターです。
主人公が格好良く、ヒロインが可愛いってだけで興味を引き付けるのに十分だということを証明していますね。
あとアーニャの子供らしい無邪気な言動の数々が愛おしいのなんの。
そして声優さんのおかげで全員さらにキャラが立つようになっており、お見事というしかありません。

原作を大事にアニメ化しているのも好印象。
カットされたシーンはほぼありませんし、オリジナル要素を追加する際も雰囲気が崩れないよう配慮が行き届いています。

個人的に良かったと思うのは第2話のヨル初登場、第8話のヨルの弟ユーリから夫婦仲疑われる回。
どちらも演出が原作越えしており、映像として見られて嬉しかったです。

プレッシャーも大きかったでしょうが、期待通りの出来として作り上げてくれました。
これなら秋から始まる第2クールも不安はないですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ総評  SPY×FAMILY  2022年放送開始アニメ 

△page top