fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

狼と香辛料 第3話「狼と商才」 

世間では既に最終回を迎えている最中、マイペースに第3話視聴完了。
物語の本筋にようやく入ってきたのかな。

商人の駆け引きが作品の売りの一つとして聞いていましたが、うん、確かに面白い。
いかにして儲けを出すかを焦点に繰り広げられる商談が、見ていて楽しい。
でも、これはアニメで一度見ただけで理解するには、相当頭が回らないと無理なような気がする。
しおんの王」と同様に、一時停止しながら考えて観るアニメだなぁw
じっくり腰を据えて読めるラノベの方が、物語に入りやすいんだろうね。

今回のホロも可愛かった。
第2話のように見所ばかりってわけでもなかったけど、要所要所で萌えさせてもらいましたとも。
個人的には、銀貨のくだりで「むーっ」と唸るところが良かった。

あとは、ロレンスにはもう少し頑張ってほしいな。
最初から商人としてホロに負けすぎてるぞw
頑張れ、ロレンス!

テーマ: 狼と香辛料

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 狼と香辛料  狼と香辛料(アニメ話感想)  2008年放送開始アニメ 

△page top

狼と香辛料 第2話「狼と遠い過去」 

ごめん、ギブアップ。

わっちわっちされちまったw

まさか第2話で早くもやられてしまうとは……。
正直舐めていたよw

ストーリーはそんなに大したことなかったんだけど、ホロの魅力を存分に堪能しました。
全裸は1話だけかと思ったら、恥じらいもなく服を脱いじゃってるしw
脱衣シーンの方が全裸よりもエロいと感じるのは僕だけだろうか?
照れるという感情がないのかと思えば、頭を撫でられながら慰められたときに見せた、あの頬を紅くさせつつ見上げる仕草は反則じゃなかろうかw
賢狼の名に相応しい知識でロレンスをからかうところも可愛いし、食べ物を前にテンションが上がるところも見ていて面白い。
こういう賢い娘が見せる可愛らしさというのは、ただそれだけでギャップがあって心を掴まれます。
これは人気が出るわけだw

色々と萌える場面は多かったけど、途中まではまだ堪えられていたんですよ。
止めを刺されたのはこのセリフ。

「……怒っとる?(・ω・`)」

あの声はヤバイ。
ホロがどこまで計算しているのかは分からないけど、それでもいいやと思ってしまう破壊力があったね。

アニメ見終わったら、原作読んでみようかなぁ……。
くそ、読みたい本が多すぎるw

テーマ: 狼と香辛料

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 狼と香辛料  狼と香辛料(アニメ話感想)  2008年放送開始アニメ 

△page top

狼と香辛料 第1話「狼と一張羅」 

本当に今更なんですが、アニメ「狼と香辛料」の第1話を観ました。
もうすぐ最終回らしいのにね……。

ラノベ原作はもちろん、アニメの評判も上々なので期待していました。
実際に見た感想は……何にも話進んでねえよ、コレw
1クールだけなのに、こんなにのんびりとやっていていいのかなと思うくらい。
とりあえず、主人公の行商人ロレンスと狼少女である賢者ホロが出会ったところで終了。
噂程度にどういったジャンルの話なのかはある程度知っていますが、1話ではほとんど語られませんでしたね。
作画を含め、全体的に丁寧に作られている印象でした。
このクオリティを継続するのは難しいでしょうから、問題はどのタイミングで作画崩壊するのか、ですね。

第1話の見所は、ぶっちゃけ、ホロの全裸であることは隠しきれませんw
でも、あまりエロスを感じなかったのは、何でだろう。まぁ、いいけど。
テレビ東京系列なのによくやるなーと思ったら、UHF局だったのね。
あそこの深夜アニメはエロ系多いからなぁ。納得。

1話の大半を全裸で駆け回っているとはいえ、それだけではここまでの人気キャラになることは不可能です。
2話以降に萌えエピソードが満載なんでしょうね、きっと。
自分もわっちわっちされてしまうのかどうか、楽しみですw

ところで、アニメオリジナルキャラとしてクロエというキャラが出てきますね。
思わずホロよりも反応してしまいましたよw

テーマ: 狼と香辛料

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 狼と香辛料  狼と香辛料(アニメ話感想)  2008年放送開始アニメ 

△page top

みなみけ~おかわり~ 第1~4話 

よく分からない大人の事情により制作会社が変わった第二期のみなみけ。
大半がHDDの肥やしに成り下がっているだけの新番組の中で、毎週録画した翌日には見ている唯一といっていいアニメです。

第二期が発表された時、すごい不安でした。
キャラデザが変わりすぎてて、悪い印象しか抱けませんでしたからね。
しかもアニメオリジナルストーリーが主流になるという話だったので、黒歴史の単語が頭によぎったのは僕だけじゃないはずでしょう、きっと。

そんな中で始まった第二期の1話。
とりあえず、声優は同じなのでそこは全く問題なし。
音響監督も続投らしく、BGMも同じものが使われていて違和感ありませんでした。
肝心のストーリーはというと……うーん、やっぱり一期とは違いますね。
ショートコントの積み重ねのような一気に対して、二期のは普通のアニメと同様に1本のストーリーが軸にあるドラマ仕立てになっていて、一期であった爽快感を消しちゃっていますね。
とはいえ、話の内容自体はキャラがいいのもあって、楽しめないというわけでもなく、無意味にエロかったのを除けばそれなりに面白いと感じました。

第1話を見終わった時点では、制作会社が変わっているわりには頑張っている方かなと思いました。
けど、2,3話と見ていくうちに、個人的評価はどんどん微妙に方向に……。
話の内容も問題ですが、一番の悪所は黒モブですね。
絶望先生はまだいいとしても、みなみけでは作風が合わなさ過ぎて雰囲気ぶち壊しでしょう。
教室の形も変わってたりするし、一期から変更したところがすべて裏目に出てしまってます。

そして、今回悪い意味で話題の4話ですね。
色んなところで叩かれていますが、それもしょうがないなといった内容でした。
キャラの性格を崩壊させ、新キャラを前面に打ち出してまでシリアス方面に持っていこうとしたのに、かなりツマラナイ話でしたからねぇ……。

確かにね、良作とされている一期を前提として視聴するわけだから、どうしても二期を見るときのハードルは高くなるとは思います。
でも、それを抜きにしても違和感以上の質の差を感じずにはいられませんね。
正直、ここまできたらもう挽回するのは難しいでしょう。

結局のところ、最初に抱いた不安は見事的中してしまったわけですよ。
一期はDVDに保存しましたが、二期は見たらすぐに消していくことになりそう。
HDDを圧迫しないですむのは有難いけど、あまり嬉しくないなぁ。

ちなみに、僕は原作を読んでいません。
なので、一期と二期のどちらが原作寄りなのかは分りません。
あくまで、アニメの比較評価と思ってくれると助かります。

テーマ: みなみけ〜おかわり〜

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: みなみけ  みなみけ~おかわり~  みなみけ~おかわり~(アニメ話感想)  2008年放送開始アニメ 

△page top