fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

『骨ドラゴンのマナ娘』4巻 感想 



骨ドラゴンのマナ娘」4巻のネタバレ感想です。

今までより温かみを感じさせる表紙ですね。
3巻までは青色の寒色系でまとめていたので緑と夕焼けが新鮮です。

しんみりと心に沁みるエピソードと小気味の良いコメディの応酬が楽しい。
シリアス一辺倒にならない匙加減が独特で、作者のバランス感覚が素晴らしい。

サトモリの一件は解決し、新たな竜との出会いは来訪という形でした。
過干渉の姉竜から離れた弟竜を探しに行くというストーリー。
作中内でも語られていますけど、レアな存在である竜と頻繁に遭遇するので感覚が狂ってきますね。

行方をくらました理由が寿命を悟り独りになるためだった、というのはまるで死期が近付いた猫のよう。
長寿であるので一体何年生きているのか不明ですが、兄や姉が寿命とは程遠い振る舞いからすると、平均から相当離れているのだと思われます。
ネムにとっては子の死が近いことを知り、少なからず複雑な思いだったでしょうね。
イブが察した時の唇を噛み殺した沈痛な面持ちには胸が痛くなりました。

本来、相手の話を聞かないのは人だろうと竜だろうと気分が良いものではないです。
コミカルに描いていますが、弟竜からしたら姉竜をウザったいと思ったのは本当でしょう。
読者から見てもそう思いますし。
でも、締めの言葉でもある通り、気に病みがちな弟竜にとっては丁度良い間柄なのでしょうね。

それにしても、兄弟竜たちは名前がないことが不便じゃないのだろうか。
姉さん、弟君では他の兄弟と区別付かないと思うんだけど。
ミィ姉さん、ヨウ兄さんと呼ぶイブの案を採用してもいいんじゃないかな。

兄弟の母親竜は一匹ではなかったことが判明。
四の群まで数えていたけど、全員死別なのかな。
渡りの竜に「古の」と呼ばれるぐらいネムは特別長寿だったのかもしれませんね。

人に対して警戒するエルフとしては、らしさ全開の里でした。
観光スポット化しているのは色んな意味で賢い。
隠したいものは秘密にしつつ、表面上は交流を深めて里を豊かにしているわけですからね。

細かい部分まで描写されていることに拘りを感じさせてくれます。
メッセージボイスを花の蕾に籠めて青い鳥に運ばせたり。
猫パンチで木の蔓をほどいて里の裏口を開放したり。
森林の中を泳ぐ霧鯨や、通行人を確認するワンコだったり。

この作品の世界観が本当に素敵です。

毎度のことだけど、イブが可愛くて愛おしいなぁ。
ネムだけでなく、ユウルやロゼが保護者気分で甘やかすのも共感が深い。
普段は生い立ちもあってか、淡々としたリアクションでシュールな笑いを引き起こさせてくれて面白くて。
それが竜のこととなると一変し、表情を大きく変化させるのでギャップによる破壊力がエグい。
魂召喚したことに引け目を感じてるイブがネムから肯定されて涙を流すシーンはエモかった。
次コマでロゼがイブの背中を押すシーンも含めて良かったです。

巻構成が考えられていて、長編がしっかり1冊でまとめられているのは好感が持てます。
非常に読みやすいうえに、次回への引きもバッチリでお見事。

そんなわけで、ネムの頭蓋骨に亀裂が入った続きが待ち遠しい。
残りの竜も3匹となりましたし、本作も折り返し地点には来ていそうですね。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 骨ドラゴンのマナ娘  骨ドラゴンのマナ娘(巻感想)  雪白いち 

△page top

『骨ドラゴンのマナ娘』3巻 感想 



骨ドラゴンのマナ娘」3巻のネタバレ感想です。

今回から雑誌掲載された分となります。
移行期間中は休載となっていたこともあり久々の刊行で嬉しいです。
WEB連載で追いかけているので中身は知っていますが、通して読むことで没入感は大きく変わりますね。

もっと評価されるべきとはまさにこのこと。
ホント良い作品に巡り合えましたよ。

ユウルの大叔父でオーナーのルドルフ登場。
キツイ性格なのかなと思っていたら、随分と優しいダンディでしたね。
お互い素直になれないだけで、家族思いのイイ人でした。
顔見せ程度の出番で終わっちゃったけど、そのうち本格的にストーリーに絡んでくるのかな。

表紙エピソードである14話「月夜の散歩」が印象に残りました。
ただのイイハナシダナーで終わらずにアクセントのある笑いがあって楽しい。
死の間際にあったおじいさんが昔飼っていた猫の霊にワンパン喰らって幽体から実体に戻されるシーンが勢いもあって面白かったです。
殴られたと呟くおじいさんに対して、すかさずおばあさんが「殴り返して来ましょうか?」と物騒なことを口にするのも素敵。

とにかくそんな言葉選びが秀逸な漫画ですね。
ボケもツッコミも上品で、センス抜群。
原作担当が付いているわけでもないので、作者一人で完成させているのですから凄い。

絵柄も初期から変わらず丁寧に描かれています。
連載が続くとどうしても雑になってしまいがちですが、この作品は安定感が素晴らしい。
生き物を大事に描写していて、猫もワンコも可愛くて癒されます。

もちろん竜の描き方もお見事。
ニセモリこと次男の竜もぷくぷく太ったまん丸ボディで、ニートなのに愛くるしい。
サトモリ様がパンパンとお腹を叩くこともセットで微笑ましく見えました。

エルフのロゼは毎度ながらお綺麗で目の保養になります。
小さなコマでしたけど、ニット姿で女豹のポーズは反則的でしょう。
表情の作り方が巧みで、演技しているのが伝わってくるのは作者の腕のおかげかな。
木の工芸品を扱っていたので、実は工作が苦手というのは意外でした。

娘の成長を垣間見ているような感覚を覚える良作。
唯一の欠点は刊行ペースが空きがちなところ。
早くも次巻が待ち遠しいです。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 骨ドラゴンのマナ娘  骨ドラゴンのマナ娘(巻感想)  雪白いち 

△page top

『和泉さんはわりと魔女』2巻 感想 



和泉さんはわりと魔女」2巻のネタバレ感想です。

全2巻は早いなぁ。
ようやく和泉さんと椎名くんの距離感が近付いてきたところでお終いなので、不足感が残りました。
続きがありそうな形で終わらせていますけど、打ち切りなのかな。
一応綺麗に区切りを付けようとしているのは感じられるので、元から短編作品だったと思って読めなくはないです。

少しずつ和泉さんの感情が表に出るようになっていくのは、椎名くん同様に嬉しくなりますね。
葬式で涙を見せなかった彼女が事あるごとにぼろぼろと涙を零すようになったのは喜ばしい変化だと思います。

和泉さんへの想いが周囲にモロバレしている椎名くんの可愛さよ。
どっちがヒロインなのか分からないくらい恥ずかしがるシーン満載です。
好意に全く気付く素振りもない和泉さんだけど、鈍感系主人公のウザさが皆無なのは朴念仁キャラだからかな。
1巻感想でも書いた通り、感情の昂りがなだらかなだけで起伏がないわけでもないですしね。

特に最終回で見せた浴衣姿の和泉さんが真っ赤に照れた表情は破壊力ヤバかった。
そして、椎名くんを見つめて微笑みを浮かべるシーンも素晴らしく尊い。
このたった2コマだけでも、この物語を読んで良かったなと思えるくらい脳内にこびりつきました。

全体的に雰囲気作りの巧い作品、いや作者なんでしょうね。
四コマ漫画のコマ割りが多く、テンポ良く起承転結で読むことができます。
ギャグセンスも秀逸で、クスっと笑える部分が多数仕込まれています。
若干物足りなさはあったものの楽しく読ませてもらえました。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 和泉さんはわりと魔女  和泉さんはわりと魔女(巻感想)  雪白いち 

△page top

『和泉さんはわりと魔女』1巻 感想 



和泉さんはわりと魔女」1巻のネタバレ感想です。

「骨ドラゴンのマナ娘」が個人的に大ヒットだったので、同作者の漫画にも手を出してみました。
こちらも面白いですね。

作風や題材は似通っていて、クールでシニカルだけど実は直情的な魔女娘が主人公ってところは一緒。
キャラの肉付けである大食い要素すら同じ。
作者の好みなんだろうなぁーと思っていたら、雰囲気や内容まで酷似しています。

もはや「骨ドラゴンのマナ娘」プロトタイプ版のようなものです。
大きな違いは現代を舞台とした高校生が主人公ってことぐらいでしょうか。

亡くなった祖母から届く手紙を元に、預かっていた宝物を元の持ち主に返していく物語。
死者の弔いが絡む少しせつなく、でも心温まるショートストーリー集のような作品ですね。
想いと繋がりを糸で表現しており、ほどかれていく様が心が昇華されるかのようです。

紡がれていくお話とラブコメ要素が程よいバランスでミックスされています。
主人公の和泉さんは感情の起伏が平坦なだけで、無感情ってなわけではありません。
クーデレ展開まで期待するのは難しいかもしれませんが、ニッコリ笑顔になるシーンは見てみたいですね。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 和泉さんはわりと魔女  和泉さんはわりと魔女(巻感想)  雪白いち 

△page top

『骨ドラゴンのマナ娘』2巻 感想 



骨ドラゴンのマナ娘」2巻のネタバレ感想です。

もー、とにかく登場するキャラがみんな可愛い!

画集を読んでいる気分になるぐらい見応えのある絵とコミカルな動きに心奪われます。
大絶賛した1巻と遜色のないクオリティで、間違いなく本物だと確信しました。

物怖じしないイブがジト目で淡々と仕事をこなすのが面白い。
普段は無表情なだけに、たまに見せる笑顔の破壊力が凄まじい。
このギャップ萌えでご飯何杯でもイケてしまいます。

「竜殺し」という単語を酒と勘違いするボケとツッコミが完璧すぎる。
このシーン以外も漫才的な畳み掛けや構成が目立ちますね。
作者がその手の台本を書いているのかと疑う程に良質なお笑いを世界観壊さず描いています。
言葉の選び方が秀でていて、するすると滑らかに読めるのはこの作品の魅力の一つですね。

エルフ娘のロゼが全コマで見惚れるほどに美しい。
絶世の美少女という言葉がピッタリと合いますね。
綺麗と可愛いの中間にある稀少さを画力を持って表現できているのが素晴らしすぎます。
あとがきによると急遽登場が決まったキャラだとか。
そうとは思えない練られたシナリオ、埋没されることのない設定など感心させられますね。
いやはや、この作者の力量は底がしれません。

ちょっぴり切なく、でも心温まるほんわかストーリーは健在。
合わせてイブの成長が描かれていて、物語がしっかり進んでいるのも好印象です。

細部に至るまで丁寧な作りに目を奪われますね。
「エルフの森工房」の商品が素敵だなぁ。
木の包丁や食器など、見ているだけでも楽しい。
こんな雑貨屋さんがあれば覗いてみたくなります。

言語による違いを吹き出しで表現したり、柔らかいフォントに温かみを感じたり、センスの塊のような作品ですね。
是非とも長く連載して欲しいので、応援していきたいと思います。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 骨ドラゴンのマナ娘  骨ドラゴンのマナ娘(巻感想)  雪白いち 

△page top

『骨ドラゴンのマナ娘』1巻 感想 



骨ドラゴンのマナ娘」1巻の感想です。

これは久しぶりに大当たりを見つけてしまったかも。

好みの要素がこれでもかとテンコ盛りとなっていて、めちゃくちゃ好きです。

舞台は魔法があるファンタジー世界。
年老いたドラゴン・ネム捨てられた幼女・イブを育てるところから始まる物語。
やがてイブは少女へと成長するが、ネムの寿命が尽きる時がやってきて……というストーリー展開です。

まず何より魅力的なのは、細い線で描かれたディティールまで拘る美麗な絵。
イラスト集かのように一コマずつ気合の入った仕上がりで、きめ細かさが半端じゃありません。
勢いではなく、ただの一本たりとも気を抜かずに線を描いているのが伝わってきます。
丁寧すぎるぐらいに背景を描写することで、世界への没入感も深めてくれます。

元々Youtubeの広告で作品を知り、絵が好みだったので検索して調べてみました。
無料で第1話を読んだ後、即日で1巻を購入したのは本当に久しぶりです。

その原動力となったのは、愛らしいキャラクターのコミカルな表情や言動。
虚ろな表情でちょこまかと動くイブが可愛らしく、まるで猫を愛でるような気分になります。
かと思いきや、時折漏れる主張がワイルドでタフな性格をしているのが面白い。
優しいドラゴンが親心を持ってしまうのも仕方がない魅力が詰め込まれています。

ほんわかとした雰囲気に少しだけ切なさが混じり、でも悲しみは感じさせないハートフルストーリーが素晴らしい。
予想外に笑いが散りばめられており、シリアス寄りにならないのも何だか新鮮です。

唯一の不安要素はお化け屋敷となっている宿の主人代理ユウル。
裏で何を考えているのか分からず、不穏な空気を漂わせています。
まぁでも作品の雰囲気を崩してまでの展開はないでしょう、きっと。

緻密さと柔らかさを併せ持つ少年漫画と少女漫画の良いところどりしたような作品ですね。
今後の物語の膨らませ方に期待するしかありません。


テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 骨ドラゴンのマナ娘  骨ドラゴンのマナ娘(巻感想)  雪白いち 

△page top