FC2ブログ

明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

明智少年のこじつけ1 

明智少年のこじつけ1 (ファミ通文庫)明智少年のこじつけ1 (ファミ通文庫)
(2012/01/30)
道端さっと

商品詳細を見る
読書期間:2012/9/1~2012/9/14

【評価……D
発想 ★★★★☆☆☆☆☆☆ … 4
設定 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
物語 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 1
人物 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 1
文章 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
挿絵 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
ギャグ
ラブコメ
ミステリー



 ★★☆☆☆☆☆☆ … 2
 ★★☆☆☆☆☆☆
 … 2
 ★★☆☆☆☆☆☆
 … 2




 幼なじみの明智京太郎は、今日もお決まりの台詞をつきつける――「小林くん。キミがこの事件の犯人だ!」ってオレを犯人扱いすんのはもうやめろ!
 おまけに文美は「すごいわ、名推理!」なんて合いの手打つし二重ちゃんに至っては「兄さんをイジめないで」と叫んでドロップキックを繰り出す始末。なぜだ、被害者はオレなのに……。とにかく京太郎、お前はまず証拠をもってこい!
 第13回えんため大賞優秀賞、その場しのぎのNEO的学園ミステリー。!!

【感想】


第13回えんため大賞優秀賞受賞作品。

完全に地雷でした。
何故これを選出したのが理解できないぐらいに酷かったです。
正直、途中で諦めようと思ったのは、一度や二度ではありませんでした。

探偵役が好きな明智京太郎が、理不尽なまでに主人公・小林修司を貶める作品。
日常生活に舞い込んできた事件を、無理矢理小林を犯人に仕立てようとする京太郎がムカつく
こじつけどころか、理論も何もあったものではありません。
中二病を発症して手のつけられなくなった野郎で、ただ小林を苛めているだけです。
ギャグ?コメディ?笑えるシーンなんて見当たりません。

しかもそれが延々と続きます。
ストーリーに変化を付けられないのか、登場人物達の喚き合いをただ傍観するだけ。
京太郎を始めとしたキャラの言動に腹が立ちまくりです。
こうして読書感想を書いているだけでも、ムカムカしてきたくらいですよ。

京太郎の妹である二重が押し倒されているカラーイラストを見て購入したのが間違いでした。
結局、挿絵の方も微妙でしたからねぇ。
amazonの評価が星1つであることを先に知っていたら、手を出すことはなかったのになぁ……。

唯一評価できるとしたら、方向性や狙いといったコンセプトかなぁ。
こじつけで推理するミステリーという発想は悪くないと思います。
ギャグとしてもシリアスとしても面白さを感じられなかったのは、実力不足なのでしょうかね。

「えんため大賞」といえば、野村美月、井上堅二、庵田定夏らを輩出した実績のある賞ですが、ハッキリ言って看板に傷を付けたと思います。
少なくとも、今後世間的な評判を見聞きする前に、新人作品に手を出そうとは思わなくなりました。

文章もつまらないルビを多用しすぎてて辟易とします。
相当なことがない限り、作者の本は今後読むことはないでしょう。

探偵を気取る少年から言い掛かりで犯人扱いされる主人公のギャグ小説

スポンサーサイト



テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  明智少年のこじつけ  道端さっと  春日歩  評価D 

△page top

少年テングサのしょっぱい呪文 

少年テングサのしょっぱい呪文 (電撃文庫)少年テングサのしょっぱい呪文 (電撃文庫)
(2009/10/10)
牧野 修

商品詳細を見る
読書期間:2010/6/4~2010/6/8

【評価……D
発想 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ … 3
設定 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 1
物語 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
人物 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
文章 ★★★★☆☆☆☆☆☆
 … 4
挿絵 ★★★★★★★★☆☆
 … 7












 今日も今日とて、喫茶店『不眠症』でバカ3人組がバカ話に興じていた。
 リーダー格で熱血漢の柳原心太、通称テングサ。クールな二枚目であるところの鈴木地球、通称あっちゃん。ちょっと小太りで三枚目の佐藤流星愛、通称サトル。ヘンテコな名前を持つ3人は、同じ高校に通う遊び仲間だった。
 そこにテングサを訪ねて、怪しげな女性がやってくる。彼女は暗い顔で言った。「人を殺してほしい」と――。
 邪神をその身に宿す少年テングサを巡る奇々怪々な事件が、ここに幕を開ける。バカ少年たちは、コスプレ姐さんや美少女殺し屋の襲撃から逃れられるのか?

【感想】


世間の評判もよく、表紙の絵柄も好みだったので買ってみたけれど……。
うーん、はっきりいって、自分にとっては地雷でした。

まず、そもそもの内容が掴めない。
人間に憑依する邪神と呼ばれるものが存在する現代が舞台のお話――なのですが、これが意味不明。
妙に役所めいた設定を持ち出してきて、法人格を得られるとかつらつらと説明していますが、その説明がバカな男子高校生の一人称ということもあってか、分かりづらい。
リアリティを追求しているのかと思いきや、その割に邪神が叶える願いの範疇がぶっ飛びすぎ。
何でもありすぎていて、突っ込みどころ満載です。

そんな細かいことを気にしなくてもいいギャグ系作品ならいいんですが、物語はシリアス風味。
殺しだの呪いだの物騒な言葉が飛び交っています。
しかし、主人公達はどこ吹く風。
間接的に重大なことを犯したとしても、つまらないバカ話をするだけ。
笑いも誘われないし、いいとこなしです。

ヒロイン勢もまるで惹かれない。
すめらぎ琥珀さんのイラストが良質なだけに、非常に勿体無い。

困ったことに面白いところが見つからない。
最後の発想は悪くはないけど、だからどうした?と思ってしまいましたし。
ここまで見事に肌が合わなかった作品は、久しぶりです。

一番の見どころはカラーイラスト

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  少年テングサのしょっぱい呪文  牧野修  すめらぎ琥珀  評価D 

△page top

ブラックナイトと薔薇の棘 

ブラックナイトと薔薇の棘 (電撃文庫)ブラックナイトと薔薇の棘 (電撃文庫)
(2003/07)
田村 登正

商品詳細を見る

【評価……D
舞台 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
物語 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
人物 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
文章 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
 … 3
挿絵 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
オススメ度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2

黒崎雄一が所属する高校のIT研究部が運営するインターネット上の掲示板に、自殺の予告を思わせるメッセージが書き込まれた。メッセージの送り主はこの掲示板の常連でもある天空のアイ。ただの悪戯かもしれないと思いながらも、ネット上での交流が深かった雄一は天空のアイを捜し出すことを決意する。わずかな手がかりを頼りに捜索を始めた雄一は、同じように天空のアイを捜そうとする掲示板の常連、薔薇の棘と出会う。そしてふたりは協力し、天空のアイを捜そうとするのだが……。
平凡な日常のほんの一歩外側には、昨日までとは違った空気が流れている――。第8回電撃ゲーム小説大賞<大賞>受賞作家が描く青春サスペンス。

メールでのやりとりでしか知らない相手の安否を心配して現実での行動に出る男女の話。
1冊完結の読みきり作品です。

2003年に発刊された本なので、多少の古臭さは否めません。
しかし、それを抜きにしても無駄な文章が多いのが目につきます。

主人公がIT研究部員(これまた時代を感じる)なので、PC系の話が出てくるのは構わないのですが、OSがどういったものかといったことをわざわざ説明しなくてもいいんじゃないかなと思いますね。
作者がいかにも勉強して書きました!という雰囲気が文章からにじみ出ています。

まぁ、まだそれは目をつぶるとします。知らない人だっているだろうし。
この作品の欠点は、人物描写が雑すぎる点にあります。
意味のないキャラを無闇に登場させたうえ、微妙に名前が被っているのは分かり難くて堪りません。
主人公とヒロインは、作者の都合のいいように動かされるので、動機に理由なんてさっぱり。

特にヒロインの横暴ぶりには引いてしまいました。
ただの学生がそこまでして一度も実際に会って喋ったこともない相手を捜そうとする気がしれない。
もうちょっと納得のいく背景があるとか、もしくは暴走を抑えて描かないと、世間知らずな馬鹿にしか映りません。

古本屋の100円コーナーで買った本でしたからマシでしたけど、定価で買っていたら大失敗ってところですね。
評判がそこそこ良かっただけに、楽しめなかったのは残念でした。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  ブラックナイトと薔薇の棘  田村登正  雪乃葵  評価D 

△page top

リバーズ・エンド5 change the world 

リバーズ・エンド〈5〉change the world (電撃文庫)リバーズ・エンド〈5〉change the world (電撃文庫)
(2003/07)
橋本 紡

商品詳細を見る

【評価……D
舞台 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 1
物語 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 … 2
人物 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
 … 3
文章 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
 … 3
挿絵 ★★★★☆☆☆☆☆☆
 … 4
オススメ度 ★★☆☆☆☆☆☆
 … 2

唯は目覚めた。その姿に拓己は希望を見い出し、彼女にかつての思い出を語りはじめる。
短くて儚かったけれど、ぬくもりに満ちた日々のことを。そんな拓己の姿に、七海は複雑な思いを抱く……。
一方、コクーンによって送り出される世界では、戦いが激しさを増していた。拓己はしかし、かつて家族と友人を奪っていった『戦い』に身を投じることができない。それを見た伊地知たちは、新たな状況を作り出そうとするのだった。
希望と絶望が交錯する中、拓己は最後の選択を迫られる!
橋本紡&高野音彦が贈る大好評シリーズ、ついに感動の完結!

<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>

後日談を描いた「after days」はあるものの、物語としては実質最終巻になる第5巻。
ここまで伏せられていた謎や伏線がどのように暴かれ消化していくのかが見所だったわけですが……。
残念ながら、期待はずれだったと言わざるを得ないですね。

今まで築き上げてきたものが、何もかもが裏目に出てしまいました。
あれだけ長々と子どもたちの心情を丁寧すぎるくらいに書いていたのはなんだったんでしょうかね。
終わりよければ全てよしという言葉の裏には、締め方を間違えると作品全体の評価が崩れるという意味がありますが、まさにそのことを教えてくれた本だったように思います。

1巻から4巻まで、期待という名の我慢をしていたものがあります。
それが、SF設定の甘さと物語内の大人たちの対応です。
最初の頃は、後々納得のいく理由を知ることになるんだろうなと思って読んでいたので、あえてその場での突っ込みはしてきませんでしたが、3,4巻を読んでいる辺りから徐々に不安が増大していき、そしてとうとうこの5巻で爆発してしまいました。

4巻の感想の時に、設定部分に引っかかると楽しめなくなると言いましたが、今回ばかりはスルーできません。
物語の核心が触れられる部分ですからね。
それがもう、目も当てられない内容となってるんですから、この評価になるのは致し方ありません。
無駄にSF要素に凝ろうとして失敗してます。
あの理不尽な閉鎖的状況を作り出されたのが、人為的なものでなければさほど問題じゃなかったんですよ。
超常現象ってことにしておけば、それだけで説明付きますから。

結局、作者は何を書きたかったんでしょう。
最終章のあの言葉ですかね?
あれも、泣いたって人も多くいるようですが、僕は感動したという程ではなかったですねぇ。
あのラストにインパクトを与えたいのであれば、最初から構成が間違っていた気がします。
駆け足で走り去った1巻の唯との思い出よりも、2巻から4巻までじっくりと築き上げた仲間たちとの絆の方がよっぽど強く見えるのは僕だけなんでしょうか。

ここまで作品の魅力を引っ張ってきたキャラクター面も、今回はイマイチです。
いや、サブキャラクターは今まで通りいいんですよ。
問題は……主人公の拓己。
ここにきて、このヘタレモードはないでしょ。
この年代に求めるのは酷なのかもしれないけど、あまりに考えが浅い気がする。

そういえば、以前八神さんが「イリヤの空、UFOの夏」と比べてしまうという話をしていましたが、なるほど、確かにこの辺りは似てなくはないかもしれませんね。
でも「イリヤの空、UFOの夏」の主人公である浅羽には、いい意味で人間の嫌な部分があったり、成長が見て取れる姿があったりして、最後まで立派に主人公をやっていました。
それに対して、拓己は選択しなければならない時に決めることができない優柔不断さが目立ち、ここまで積み重ねてきたのは何だったのかと問いただしたいくらいでした。

さらには独特のテンポのいい文章も、説明文が多くていつもの勢いがありません。
同じような文章が何度も続いていたりして、マイナス点となってしまいました。

日常部分は相変わらずよかったんですが、最終巻になってもそこでページを割くのはどうかなと思いますね。
まぁ、結局良かったと思えるところは、ほとんどその部分のみなんですが。

とまぁ、かなりの酷評になったわけですが、ネット上での感想を見ると大方好評を博しているんですよね。
こんな風に感じたのは僕だけなのかなぁと不安に思いましたが、先週の座談会で黒依さんも同意見だったので少し安心しました。

さて、ここまで酷い評価だと、この作品だけではなく作者の評価も低くなりそうですが、実はそうでもなかったりします。
その理由は、「リバーズ・エンド after days」の感想で語ることとします。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  リバーズ・エンド  橋本紡  高野音彦  評価D 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top