FC2ブログ

明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

テルミー2 きみをおもうきもち 

テルミー 2 きみをおもうきもち (集英社スーパーダッシュ文庫)テルミー 2 きみをおもうきもち (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/07/22)
滝川 廉治

商品詳細を見る
読書期間:2012/3/24~2012/3/26

【評価……B+
発想 ★★★★★★★★☆☆ … 8
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
青春
感動
切なさ



 ★★★★★★☆☆☆ … 7
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
 ★★★★★★☆☆☆
 … 7




 事故で亡くなった二十四人のクラスメイトの最期の想いを背負う少女・テルミー。
 事故を免れた少年・清隆と共に、テルミーはクラスメイトたちの願いを叶えるため、その身に宿った彼らの能力を支えに、走り出す。
 薔薇を育てていた少年が伝えきれなかった想いを届けるために。
 主演女優と脚本家の二人を失った映研部にもう一度映画を作る喜びを思い出してもらうために。
 悲しみとやさしさが奏でる物語、第二章をあなたに贈ります。

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


亡くなった24人のクラスメイトの最期の願いを叶えるために、残された2人が奔走する物語。
1巻発売からしばらく期間が空いたので、続刊は出ないものだと思い込んでいました。

ここまで仕上げてくるとは。
題材に対して作者の技量が若干届いていないかなと危惧していましたが、モノにしましたね。
物凄く良くなっていることに驚かされました。
なるほど、作者が自信作だと言うだけのことはあります。

魂が抜き取られたという言葉通り、悄然とする大切な人を喪った者たち。
身を切り刻まれるかのような痛みに涙し、ぽっかりと穴が空いてしまったかのような喪失感に茫然とする人々を見ていると、無常さにやりきれない思いが募ります。
そんな彼らに、死者からの言葉が届くことは、一体どれほどの救いとなるのか。
人が人を弔う理由が、残された人たちのためだというのが身に染みて分かります。

もう死んでいると達観しているからなのか、クラスメイトの面々の想いが洗練されていて、ダイレクトに胸に響いてきます。
剥き出しとなった心のおかげで、輝美を媒体として宿ったことが伝わってくるんでしょうね。
ちっとも現実的ではなくても、そう信じさせてくれるだけの想いが詰まっています。

プロローグの話から、心を掴まされました。
孫を失くして自意識が曖昧となっているお婆ちゃんが立ち直ったことが、我がことのように嬉しい。
シンプルながらも、この作品の本質を見事にとらえている導入だったと思います。

園芸部部長の恋物語が描かれる第1~2章、女優と脚本家を失った映研部の立て直しを図る第3章。
ともに読み応えのある内容で、切なくも前を見据えることが出来る素晴らしい話でした。
じんわりと熱をこもった優しさで、哀しみがポロポロと剥がれ落ちていくようです。

それと同時進行で、清隆と輝美にも少しずつ変化が生まれていく構成も狙いは悪くありません。
二人に急接近する少女・保科楓は、唐突すぎて異物感があるものの、やりたいことは分かります。
前回の感想で、主人公役の影が薄いと指摘しましたが、クラスメイトの想いの欠片に影響を受け始めている状態を見ると、積もり積もった最後はとんでもないことになるのではないかなという予感を覚えました。

イラスト担当は七草さん。
1巻より上達していて雰囲気も合っていたと思います。
ただ、折り畳んだカラーページに輝美の尻がデカデカと出るところは考えて欲しかったな。

インパクトのある設定のお陰で、久しぶりに読んでも内容を忘れていませんでした。
次も1年後でも構いませんので、是非とも完結して貰いたいです。

切なさの後に温もりが残る読了感が心に染みわたります

スポンサーサイト



テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  テルミー  滝川廉治  七草  評価B+ 

△page top

テルミー きみがやろうとしている事は 

テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/07/23)
滝川 廉治

商品詳細を見る
読書期間:2010/8/22~2010/8/24

【評価……B-
発想 ★★★★★★★☆☆☆ … 7
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
文章 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
挿絵 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
感動
切なさ




 ★★★★★★☆☆☆ … 7
 ★★★★★★☆☆☆
 … 7





 修学旅行での事故で失われたひとつのクラス。当日欠席したことで事故をまぬがれた少年・清隆は、ただひとりだけ生き残った少女・輝美が、亡くした恋人の遺品を持ち出したことに困惑する。問いかける清隆に輝美は、自分の中に亡くなったクラスメイトたちの最期の願いが残されていることを伝える。少女はその想いをかなえようとしていたのだ。清隆は自分にも手伝わせてほしいと申し出るが…。
 悲劇から始まるやさしさの物語、読んでください。

【感想】


悲劇から始まるやさしさの物語。
あらすじを読んで分かる通り、冒頭から悲しみが待っています。

しんみりとさせられると同時に、優しさがにじみ出るお話でした。
哀しみと向き合う前向きさが、逆に切なさを増大させます。

プロローグは、強烈なメッセージ性があって印象的でした。
何をもってハッピーエンドとなるのかは考え方次第でしょうね。
スタート地点が最底辺だからといっても、比較で幸福感をはかることに意義があるのかなとも思いますし。
でも、残された人が、新たに歩み始めようと切り替えることは、悪くないことのはずです。

一人生き残った少女・輝美と、一人事故に遭わずに済んだ少年・清隆が、クラスメイト達の想いを届けようとする行動に、哀しみを感じつつも、温もりと優しさに胸を打たれました。
死んでしまった幼馴染み、親友、クラスメイト達に、出来ることが残されているのは、幸せではないけれど救いではあったと思います。

クラスメイトの数が多すぎるため、一人に割けるページ数が少なくなるのは勿体無いですね。
おかげで、表面的に悲壮感は漂っているのですが、心の奥底を掴まれるような痛みは感じられませんでした。
とはいえ、丁寧に描写しすぎてしまうと、終わりが見えないのも確か。
どちらを優先すべきのか、難しいところです。

その中で、清隆の親友である孝司の話は心に残りましたね。
笑えない悲しさが辛く、切なさ以上に虚しさを覚えました。

クラスメイト達はともかくとして、主人公である清隆と輝美の影が薄いのは気になりました。
もう少し、個性的に色付けしても良かったのではないでしょうか。
特に、清隆と幼馴染みのエピソードは、あっさりしすぎだったと思います。
だからこそ、クラスメイト達に焦点が合うのかもしれませんが……。

挿絵は、必要性が乏しい場面であったり、似たような顔が多くてちょっと残念。
でも、表紙の幻想的な雰囲気はとても良かったです。

この物語は、完結してこそ評価される本でしょうね。
続刊が確定しているのであれば、今回の内容でも特に問題はありません。
しかし、もしもこれで終わりとするならば、あまりにも中途半端です。

24人もの願いを叶えるためには、紙幅が足りません。
作者がどのように締めくくるつもりなのか、非常に気になります。
せっかくの良テーマなので、是非続きを出してもらいたいですね。

少女の中に眠るクラスメイト最期の願いを叶えるために奔走する少年達の優しい物語

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  テルミー  滝川廉治  七草  評価B- 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top