fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

交響組曲「ドラゴンクエストIX」星空の守り人 

交響組曲「ドラゴンクエストⅨ」星空の守り人』のCDを購入しました。
1ヶ月以上前に発売していたのに気づいていませんでした。
アンテナを広げておかないと駄目ですななぁ。

組曲の内容は、コンサートの時と同様ですね。
9の楽曲を初めてオーケストラで聴いたのが生演奏だったために、CDで聞いた時の感動はそこまでなかったりしますが、まぁサントラに比べたら断然良かったです。

各曲の感想はコンサートの感想の時に語ったので省くとして、一つだけ気になったことが。
サントラでは序曲だけがオーケストラだったので完成度が違うなと思ったのですが、交響組曲版でも序曲は飛びぬけて素晴らしい音色を発しているように聴こえます。
主旋律は以前のままなので当然ながら、イントロも相当練ったんだろうなぁと感じられました。
DSという携帯ゲーム機であるためか、9の頭身が低いためなのか、全体的に可愛らしい曲が多いんで、勇ましい序曲がなお格好良く聴こえます。

交響組曲「ドラゴンクエストIX」星空の守り人交響組曲「ドラゴンクエストIX」星空の守り人
(2010/02/10)
東京都交響楽団 すぎやまこういち

商品詳細を見る

テーマ: ゲーム音楽

ジャンル: ゲーム

タグ: ゲーム音楽CD  ドラゴンクエスト  ドラクエ9  すぎやまこういち 

△page top

ドラゴンクエストコンサート in 京都 2009年夏 後編 

交響組曲「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」レポート後編です。

ルイーダの酒場(現実)

休憩時間中のロビー。
半分どころか9割はDSを持っていました。
もはや、リアル「ルイーダの酒場」状態w

すぎやま先生が冒頭が冗談を交えながら、すれ違い通信を演奏中にするのはやめてねと言ってましたが、さすがにそんなことをしている人はいなかったみたいで良かった。
そういえば、その時にすぎやんが「すれ違い通信のことをスレチって言うんでしょ?w」って言ってましたが、本当なんでしょうかw
スレチっていうと、スレッド違いしか思い浮かばないんですがw


【第二部】

■暗闇の魔窟~洞窟のワルツ~そびえ立つ死の気配
ダンジョンBGMメドレー。
街と村の曲もそうでしたが、ダンジョンBGMも同じ曲を聴いているような感覚でいました。
ノビのある綺麗な旋律は、恐怖よりも緊張感が伝わってくるようでした。

■集え、者たち~祈りの詩~せつなき思い
ダーマ神殿の曲からイベント曲までのしんみりとした組曲。
「祈りの詩」は感動的なシーンで流れることの多い曲ということもあって、かなり印象深いですね。
「せつなき思い」も合わせて、9を語る上で欠かせない名曲だと思います。
曲繋ぎのコンマスのソロは、早くCDでも聴いてみたいと思わせるもので、お見事でした。

■サンディのテーマ~サンディの泪~サンディのテーマ
言わずと知れたギャル妖精・サンディのテーマ曲とそのアレンジ。
この曲だけ浮きすぎだ……いい曲ですけどw
ゲーム音源で聴いていた時は空気ぶち壊すのが良くも悪くもありましたが、CDで聴いてみて音の良さに驚き、さらにオーケストラ演奏になることによってまるで別レベルになっていて、すっかりとお気に入りの曲となってしまいました。
第二部のここまで、陰鬱とした曲が並んでいたこともあって、明るさ満点のサンディのテーマは演奏している人たちも凄く楽しそうでしたね。

■運命に導かれ~主なき神殿
後半に流れる特定MAP専用BGM2曲。
どちらも場所のインパクトあるためか、曲との結び付きも強く、登場回数の割には耳が覚えています。

■決戦の時
ラスボス戦BGM。
個人的には9で一番好きな曲です。
最終決戦用の音楽としては、シリーズ屈指の格好良さだと信じて疑いません。
ドラクエのラスボス曲は、派手なものは少ないんですよね。
ボスの恐怖を静かに煽るようなものも悪くはないのですが、3の「勇者の挑戦」みたいに盛り上がる曲の方が好みなので、今回の「決戦の時」は痺れました。
何回聞いても序曲のモチーフが流れるところで鳥肌が立ちます。
DSでは潰れ気味だった金管楽器の音もハッキリと聴こえ、大満足。
要所を締めるティンパニの動きが見え辛かったのは残念でしたが、音は振動が伝わってくるほど感じられました。

■星空へ~星空の守り人
エンディング曲。
「星空へ」はエンディング直前に流れるイベント曲で、短めではありますが、ハープの音色が美しい良曲。
「星空の守り人」は、イントロの壮大さに衝撃を受けました。
ゲームでもコンサートでも、終わってしまう寂しさを感じながら聴いていました。

【アンコール】

今年もアンコールは2曲。
そして、そのうちの1曲は、9プレイヤーのほぼ全ての人が予想していたことでしょうねw

■海図を広げて
オリジナルは4ですが、9でも使用された船BGMです。
絶対にこの曲は来るだろうなと思ってました。
個人的には3年連続で聴いてますが、飽きませんね。

■導かれし者たち
続いて4のエンディングテーマより。
すぎやま先生、4の曲好きだなぁ……w
去年のアンコールも2曲とも4からだったし。
しかしながら、9の曲を聴いた後に4の曲を聴くと、やはり旧作のドラクエは重みが違うなと感じますね。


今年もまた来て良かったと心から思えた公演でした。
来年も京都で開催されるそうですが、是非行ってみたいですね。

9のオケ版CDが発売されるのが非常に待ち遠しいです。
今年の秋に収録し、来年の春に発売と言ってましたが、楽しみですねー。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人 オリジナルサウンドトラックドラゴンクエストIX 星空の守り人 オリジナルサウンドトラック
(2009/08/05)
すぎやまこういち

商品詳細を見る

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9  すぎやまこういち 

△page top

ドラゴンクエストコンサート in 京都 2009年夏 中編 

交響組曲「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」レポート中編です。

トーセ30周年らしい

入場の際に貰ったパンフレットです。
内容はプログラムのみで、曲目解説がなかったのは少し残念でした。
9が発売間もないことから、ネタバレ防止をしたかったのかな。

コンサート3回目の今回、初めて楽団を後ろから見れる2階ハイバック席での鑑賞となりました。
奏者との距離感が物凄く近く、上から覗いていることもあって演奏している指の動きまでよく見えるほどです。
そして、指揮者のすぎやまこういち先生の指揮が真正面から見ることが出来て、今まで経験したコンサートとはまた違った愉しみを感じることができました。
最近、視力が少々落ちてきたのが悔やまれますが、それでも楽団を身近に感じられる良い席で、一度は経験しておいて損はないなと思いましたね。

難点を挙げるとするならば、4列目だったことで角度的に吹奏楽器や打楽器の一部が見えなかったこと。
特に、すぎやま先生が言ってましたが、9では木管楽器が主役となる曲が多くあったので、演奏している所があまり見えなかったのは悔しかったですねぇ。
まぁ、逆にいえば近くにいるおかげで、音だけはしっかりと聴こえたのですが。

あと、これは正確には席の問題ではないのですが……。
(伏せ字)自分の近くに座っていた子どもがうるさすぎて曲に集中できないことがあったのが、かなりムカッとさせられました。
演奏中に喋っているんじゃねぇよ……と何度も注意しようかと思いましたが、それをしたらそれこをコンサートを純粋に楽しめなくなりそうだからやめました。
連れてくるなとは言いませんが、親はしっかりと子どもに言い聞かせてください、マジで。


さて、以下、演目についての感想です。

※注意!
音楽知識を持っていない素人が、思ったことをそのまま書いた感想となっています。
デタラメなことを書いている可能性が高いことを念頭に入れて頂けると助かります。


【第一部】

■序曲Ⅸ
定番中の定番であり、一部では国家とも呼ばれる名曲。
ロトのテーマ(1~3)、天空シリーズ以降(4~8)とのいずれとも違う新たなイントロから始まります。
ゲームで聴いていた時は、電源をつけるたびに聴いていたのですが、それでもクリアするまでしっくりとは来ず、慣れることはありませんでした。
しかし、生で聴いた瞬間、まるで違う印象を受けてビックリ。
以前「暗めで禍々しい雰囲気」と評しましたが、むしろ「壮大で光が生まれるような導き」を感じるイントロに変わっていました。
ゲームでも、唯一オーケストラ音源だったはずなのに、ここまで別物のように聴こえるとは、さすが生は違うなと思い知らされましたね。

■天の祈り
天使界で流れる曲であり、9の象徴ともいえるテーマ曲。
すぎやま先生曰く、デモ版をテストプレーした時に、予想以上に1ループが長めに必要になるなと思い、尺を足した曲だそうです。
確かにゲームをプレイしていると、移動が長いMAPでだれ気味になることが多かったなぁという印象ですが、音楽に対しては悪い印象は残っていませんね。
ハープの旋律が美しく、奏者のお姉さんに見惚れてしまってました。

■宿命~悲壮なるプロローグ
曲名通り、プロローグの一連のイベントで流れる曲。
組曲とはなっていますが、途中までは同じ流れですね。
これまたハープの弾ける音がいい味を出していて、続く木管楽器のゆったりと漂うような曲調は安らぎすら感じられます。
ゲーム内で聴く場面が限られている割に、印象深い曲ですね。

■王宮のオーボエ
城のBGM。
携帯機ということもあってか、9では荘厳さを感じる音はあまりありません。
そんな中で、重々しい気高さを感じる曲は非常にレアじゃないでしょうか。
過去の城BGMと比較すると、明るめですね。
冒頭部分で弦楽器が一斉に引く姿が目に焼きつきました。

■来たれわが街へ~夢見るわが街~酒場のポルカ~来たれわが街へ
街メドレー。
この中で一番良かったのは、やはり「酒場のポルカ」ですね!
手が空いている人が手拍子を楽しそうに打っていて、ノリノリでしたねw
観客の中にも手拍子をしている人が5,6人ぐらいいました。
マナー的にはどうかと思うけれど、気持ちは分かるw

■野を越え山を越え~仲間とともに~箱舟に乗って~野を越え山を越え
ドラクエ音楽の真骨頂といえば、フィールド曲にあると思います。
「野を越え山を越え」は平和でのんびりとした雰囲気を持っていて、9らしい可愛らしい曲ですね。
個人的な好みでいえば、過去シリーズの広がりを感じる曲の方が好きですが、9にはこれで合っていると思いました。
マリンバの軽快な音が、聴いていて心地良かったです。
そういえば、打楽器を演奏していた女性の人も可愛かったなぁ。

■陽だまりの村~村の夕べ
村のBGM。
街の音楽と雰囲気が似ていて、ゲーム内では途中まで聴き分けられていなかったくらいです。
木管楽器の綺麗な音色に危うく眠気を誘われるところでした。

■負けるものか~渦巻く欲望
通常戦闘とボス戦闘曲。
ここまで穏やかな曲が続きましたが、前半の締の戦闘曲でテンションが著しく上昇しました。
今回のオーケストラによる演奏で、一番化けたのは通常戦闘曲で間違いないと思います。
聴き慣れたはずの曲が、ド迫力の演奏の相まって、ひたすら圧倒されっぱなしでした。
曲によっては出番のない奏者もある中で、戦闘曲は全員で音楽を作り上げているのが良いですね。
ボス戦のBGMは、オーケストラになるとより一層に不気味さが漂いますね。
弦楽器が段階的に音を上げていくところしていた、すぎやま先生が両腕を浅く広げ握りこぶしを作って音を執る指揮は、最も記憶に残ったシーンでした。

ここで第一部終了。
20分間の休憩を挟んでから第二部が開始されました。

続く。

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9  すぎやまこういち 

△page top

ドラゴンクエストコンサート in 京都 2009年夏 前編 

そんなわけで、今年もドラクエコンサートに行ってきました!

昨年同様、京都での開催で、片道2~3時間と少々大変でしたが、それも生オケのためと思えばなんのその。
チケットを取ったのは4ヶ月も前だったので、非常に待ち遠しかったです。

天気が悪かったのも去年と同じでしたが、駅からホールまで距離がないおかげで濡れずに済みました。

2年目の京都コンサートホール

建物に近づくにつれて、まず目立ったのがDSを持った人たち。
半分以上の人がDSを開けて、すれ違い通信に必死になっている光景はなかなか異様ですよw
まぁ、きっとコミケ等ではもっと凄かったんでしょうけど、田舎者には予想していても驚かされました。

もちろん、僕もすれ違い通信をしていた一人です。
メイド服に女装していたキャラがいたなら、おそらくそれは高確率で自分だと思われますw

こんな機会は滅多にないということで頑張りました。
その結果、すれ違い来客数が8人から111人になりました。
おかげさまで、宿屋が一気にレベルアップして、宝の地図も50枚以上増えました。
すれ違っていただいた皆さんありがとうございます!
そして、こちらはショボい地図しか用意できなくてスミマセンw

客層は、過去2回行ったコンサートに比べて、さらに女性が多く感じました。
おそらく女性の方が多いぐらいだったんじゃないかな。
携帯機で出た9は、これまでに比べて女性にとっては取っ付きやすかったのかもしれませんね。

さて、オケ本番の感想は後日まとめます。

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9  すぎやまこういち 

△page top

いざ京都へ! 

ドラクエコンサート当日がやってきました。

昨夜は、9のサントラを寝る直前まで聴いてました。
耳掃除も含め、準備万端ですよ!

コンサートチケットと、すれ違い通信目的にDSを持っていきます。
他のゲーム持ってないから、ドラクエ9以外がセットされている心配もありません。

あー、今から興奮していては会場に着いた時には疲れてしまってそうですが、テンションが上がらないわけにいきませんw
楽しみだなぁ。

よしっ、では京都いってきます!

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9  すぎやまこういち 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part8 

ドラクエ9、クリアしました。

……多分。


一応、これはクリアでいいんだよね?
物凄い投げっぱなしの上、まだまだこれからやることが大量に残っているっぽいけれどw

まぁ、何はともあれこれで一段落付けます。
とりあえず、ネタバレなしの軽めの感想でも。

んー、まぁ何だかんだいいつつ面白かったかなと思います。
久しぶりのドラクエどころか、個人的には数年振りの新作RPGプレイだったので、懐かしさ込みでの楽しさもありました。

システム、シナリオともに高評価とはいきませんでしたけど、投げ出してしまうほど詰まらない内容でもなく、飽きずに続けられました。
クエストはもっと作業ゲー的なものになってしまうかなと思ってましたが、意外にも退屈せずに、上手くストーリーを進行させつつ消化出来て良かったですね。

そんな寄り道をしていたおかげか、難易度的には少々ぬるいぐらいでしたね。
情報サイトなどを一切使用せず、自力クリアにこだわってみた今回のプレイでしたが、詰まることは全くありませんでした。
きっと、スキル振りで難易度がガラッと変わるんでしょうね。
中盤になって重要性に気付いてから、戦闘が急に楽になりましたよ。

自分は楽しめましたが、人に勧めるのはちょっと躊躇してしまうぐらいのラインでしょうかね。
正直なところ、これ以上のRPGは今の世の中いくらでもあるんだろうなぁと感じました。
ドラクエという冠だからこそ売れた作品で間違いありません。
誤解のないように言っておきますが、買って後悔しているどころか、プレイして良かったと思ってますよ。あくまに個人的には。

クリア後のやり込み要素は、かつてない量になっているようなので、これからも楽しめそうです。
ただ、これからは多少ペースを落として、ゆっくりと遊びたいと思いますw


▼クリアデータ

・プレイ時間 57時間38分

・戦闘勝利回数 1177回
・錬金回数 26回
・獲得称号数 49個
・クエストクリア数 42個
・宝の地図クリア数 2回
・すれちがい来客数 8人


元職業せんそうまほぶととうたびバトパラませ主なスキル
旅芸人211012231023202237
剣100、博愛100、闘魂82
僧侶174110121610162120槍100、博愛100、信仰心100
武闘家131011402813202018爪100、博愛100、闘魂66
魔法使い20243913211211614杖84、博愛100、魔法100


以下、ネタバレ。
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part7 

いよいよもってコンサートまでにクリア出来るかどうか、怪しくなってきました。
多分、そろそろ終わりっぽいんですけどねぇ。


▼現在のプレイ状況

・プレイ時間 54時間54分


元職業せんそうまほぶととうたびバトパラませ主なスキル
旅芸人211012231023202234
剣100、博愛100、闘魂82
僧侶173910121610162120槍100、博愛100、信仰心100
武闘家131011362813202018爪100、博愛100、闘魂54
魔法使い20243613211211614杖84、博愛100、魔法100


以下、いつものようにネタバレ感想。
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part6 

ROを半休止状態にしているおかげで、プレイ時間は伸びているドラクエ9。
寄り道ばかりでストーリーはそんなに進んでいないのが難点ですけど。


▼現在のプレイ状況

・プレイ時間 38時間58分

元職業せんそうまほぶととうたびバトパラませ
旅芸人20101213102362220
僧侶1731101212101131
武闘家1310112921131711
魔法使い1222811121114

色付きが、現在の職業。
左側が最初の職業となっています。

以下、ネタバレ感想。
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part5 

ドラクエ9発売から1ヶ月が経ちました。
ストーリーはまだまだ中盤もいいところです。

何としても今月末の京都で行われるドラクエコンサートまでにクリアしなければ……。
会場で曲ネタバレなんて最悪すぎますからね。
今月5日には、東京で一足先に開かれているはずですが、やっぱり盛況だったのかな。

また、同様の理由でサントラも発売されていますが買っていません。
とにもかくにも、早くクリアする以外選択肢はないようです。


▼現在のプレイ状況

・プレイ時間 25時間39分
・主人公(旅芸人)Lv23 僧侶Lv24 武闘家Lv24 魔法使いLv21 


他の職業も育てているので、主人公がレベル低めになっています。

以下、ネタバレ。
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part4 

ドラクエ9で各種通信を始めてみました。

まずは、「すれ違い通信」について。
DSワイヤレス通信により、すれ違い待機中にしているプレイヤーが約10m以内を通ると、お互いの主人公キャラが宿屋の客としてやってくるというシステムです。
その客に話しかけると、プレイヤーの記録(プレイ時間や戦闘回数など)が見ることができ、メッセージと共に宝の地図をもらうことができます。

閉じていてもOKということで、いつも持ち歩いている鞄に電源つけっぱなしで入れてみたところ、土日で3人とすれ違いました。
そんなに人がいるところに居たわけでもないのに、結構簡単に会えましたね。
もっと人がいるところに行けば、一気に増えそうな予感。
電車移動すれば、面白いことになりそうですね。

次に「Wi-Fiショッピング」。
ここでしか手に入らない(のかどうかは知りませんが)珍しいアイテムがゴールドで買えるお店。
1日1回ダウンロードができて、各プレイヤーによって商品のラインナップが異なります。
すれ違い通信と異なり、Wi-Fi環境がなければ利用することはできません。

どのようにバランス調整をしているのか不明ですが、これがまたなかなか興味深い。
思わず限定品っぽいアイテムに釣られて衝動買いしてしまいます。

あとは「マルチプレイ」ですが……これは周りにドラクエ9をやっている人がいないと遊べません。
これもWi-Fi対応していれば良かったんですけどねぇ。
この点だけは、本当に残念です。


▼現在のプレイ状況

・プレイ時間 20時間36分
・主人公(旅芸人)Lv20 僧侶Lv20 武闘家Lv20 魔法使いLv16
 

寄り道ばかりで、ストーリーが全然進んでいなかったり。

以下、ネタバレ。
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part3 

今回の転職システムについて。
ダーマ神殿まで辿り着いたので、ようやく理解しました。

過去の転職があったシリーズ(3,6,7)のいずれとも異なる仕組みとなってますね。
3と6&7の中間ぐらいにある難易度ですかね。

まず、6や7のような熟練度はありません。
しかし、3のように転職すると必ずレベルが1になるわけではなく、各キャラ固有の職業別レベルが存在します。
例えば、戦士Lv15のキャラが僧侶に初めて転職するとLv1になるけれど、いつでも戦士Lv15に戻れるといった具合。
ただし、スキルや特技は引き継ぎますが、呪文はその職業でしか使えません。

んー、何というか中途半端ですねぇw
6&7の転職と違って、全員が最終的に差のない全能力を持ったキャラにならないところはいいと思います。
正直、転職システムの一番の問題点はそこで、極めた先が同じだと面白くないんですよね。
また、3の転職は個人的には結構好きですが、レベルが1になってしまうためリスクが大きすぎる難がありました。

でも、今回のシステムだと転職そのもののメリットがかなり少ないんですよねぇー。
呪文も引き継げないわ、ステータスも各職業で決まっているわ、わざわざ転職する意味って何?という感じ。
長所って、スキルポイントを貯められるだけなんですよね。
それも、そんなにスキルが重要とは感じられないし……。
上位職になれば、また違った特徴や長所が出てくるのかなぁ。

そんなわけで、今はまだ様子見というか試行錯誤中。
クエストがいっぱい溜まってきたので、それをやりながらレベル上げておこうかなと考え中。

あと、一人キャラクター作りなおしました。
この仕様を知って、今ならまだ作り直しても問題ないなと思って、♀魔法使いをキャラメイクからし直しました。
理由は当然、見た目。
メイキング画面と、実際に移動中や戦闘中で見た場合とでは全然違って見えるんですよ。
9は装備品が見た目に反映されるので、愛着が持てないとつまらないんですよね。

おかげで今は楽しいですw
「俺きめえ」と思いながらも、ついニーソやスカートを履かせたくなってしまいますw


▼現在のプレイ状況

・プレイ時間 14時間08分
・主人公Lv18 僧侶Lv18 武闘家Lv18 魔法使いLv13 


以下、短めのネタバレ感想。
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part2 

ドラクエ雑記その2。
「携帯ゲーム機でのドラクエ」について。

DQ9は、自分にとって「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」以来の携帯ゲーム機でのドラクエです。
当然、据え置き機と比較すると長所も短所もあります。

長所は言うまでもなく、いつでもどこでも気軽に遊べる点ですね。
時間があまりない時も、寝る前にちょこっとだけプレイするということができます。
今のところ家以外でプレイはしていませんが、持ち運びできるのも間違いなく大きなメリットです。
あと、これはまた別の話ですが、ネトゲと異なり寝転びながら遊べるので、体調がイマイチ優れない時もプレイできるのは有り難いところですね。

一方、短所は、やっぱり見た目・演出面の弱さかな。
昔に比べるとマシになりましたが、どうしても比べると見劣りしてしまいます。
音楽も頑張ってはいますが、PS2版DQ5がフルオーケストラだったので、楽曲そのものは悪くなくても必然的にショボく感じてしまいます。

またGBとDSによる差も散見されます。
例えば、DSは片手での操作がし辛いので探索等が多いRPGは不向きだという点。
これは2Dであれば問題なかったと思うんですが、3Dのゲームだと片手で斜め操作がやり辛いというのは、なかなかネックとなってきます。

2画面制は使い方次第で面白くもつまらなくもなる要素ですね。
これについては、また別の機会に語りたいと思います。


▼現在のプレイ状況

・プレイ時間 9時間12分
・主人公Lv14 僧侶Lv13 魔法使いLv13 武闘家Lv13


プレイ時間の割には、あまり進んでいません。

以下、ネタバレ感想
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ9プレイ日記Part1 

ドラクエ雑記その1。
「音」について。

どのシリーズにおいても、一番最初にドラクエらしさを実感するのは何かと言われたら、SEだと思います。

高く小気味の良い決定音。
あまりにも有名なレベルアップ音。
明らかにゲーム的な音なのにもはや間違いようもなく認識させられている階段音。

過去、特に変化の大きかった6から7への進化においても、SEのおかげでドラクエらしさは受け継がれてきました。
今回の9も、良い意味でまるで変わっていません。
久しぶりのドラクエでしたが(8はあれから積んでます)、安心して遊べますね。


▼現在のプレイ状況

・プレイ時間 3時間40分
・主人公Lv9 僧侶Lv4 魔法使いLv4 武闘家Lv4


以下、ネタバレ感想。
-- 続きを読む --

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」を手に入れた 

国民的RPGを買ってきました。
夜遅くにしか行けなさそうだったので予約しておきましたが、しなくても問題なさそうだったみたいね。

ドラクエ9

ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人です。

DSは念のために前日に確保しておきました。
色は白と悩んだのですが、やっぱり手垢などで汚れそうだったので黒にしました。
とりあえず、今のところ気に入ってます。

正直、昔に比べるとゲーム始める前のwktk感は激減しちゃってましたが、OPが流れた瞬間、一気に覚醒しました。
やっぱり「序曲」は偉大だなぁ。
これぞドラゴンクエストだと体がすぐに反応しましたよw
イントロが今までのシリーズと異なる新しい「序曲」は、ロトシリーズの荘厳さや、天空シリーズ以降の広大さに比べると、暗めで禍々しい雰囲気があって意表を突かれました。
しかし、その分、軽やかなテンポでありながら伝統の重みをしっかりと引き継いだメインメロディが流れると、イントロとのギャップにより「序曲」がより活き活きと感じられました。
もちろん思い入れの大きい過去作品とは比べられませんけど、そんなに悪くないと思いますね。

まだプレイして1時間も経っていないので、感想らしい感想はほとんどないのですが、楽しめそうな予感だけはヒシヒシと伝わってきます。
心配だった3D酔いも問題ありませんでした。
自分以外にもDQ8で3D酔いする方が一定の割合でいたみたいなので、開発陣も気を使ったところなんでしょうね。

キャラメイクはパッケージに写っている男デフォキャラから、目を変更した程度にしました。
もうちょっと髪型とかバリエーションがあるといいなぁと思ったんですが、まぁそういうゲームでもないから仕方ないのかな。
名前はHNから「カケル」。
ドラクエはいつも本名でプレイするのですが、すれ違い通信などもあるので避けました。

さてさて、明日から本格的にやるぞー。
あと、それと並行して定期的にプレイ日記書いていきたいなぁ。

テーマ: ドラゴンクエストIX

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

まだ知らぬ楽曲に期待を寄せつつ 

今年も、夏に開催されるドラゴンクエストコンサートのチケットを無事入手しました。
25日の午前より販売開始されたわけですが、カウントダウンに備えていたわけではありません。
そろそろ販売時期だったなぁと思ってたまたまコンサート情報を見たらタイミング良かっただけですw

とはいえ、気付いたのが深夜だったのでスタートダッシュは遅れてしまいました。
さすがに絶好のポジションと言えるような席はあらかた奪われてしまってましたね。
でも、今回自分が取った席はそんな悪いところではなく、結構期待できる位置だと思います。

演目はドラクエ9。
発売日が7月11日で、京都でのコンサートが8月29日となっていますので、1ヶ月半ほど猶予があります。
その間にどれだけゲームを進められるかで、コンサートでの楽しみも変わってくるはずです。
クリアという概念がネトゲである9にあるのかどうか分かりませんが、可能な限りやり込んでおきたいですね。

あとは、当日が空いていることを願うだけ。

▼ドラゴンクエストコンサート情報
http://sugimania.com/concert.html#kyoto090829

テーマ: ドラゴンクエスト

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9  すぎやまこういち 

△page top

当然の延期 

ドラクエ9が発売延期だそうです。

やっぱりね。

予想通り過ぎる。
よく訓練されているドラクエファンなら、当然のことだと受け止めていると思います。

最近確かに少しずつ情報が出てきてはいましたけど、発売1ヶ月前としては少なすぎるんですよね。
今回はネトゲだから前作とは単純に比較できませんが、それでもまだまだ完成には程遠く感じられました。
重大な不具合による延期とか言ってますが、どう考えても嘘っぽいですし。

ま、個人的には3月は忙しそうだから延期してくれて有難いくらいですよw

テーマ: ドラゴンクエスト

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9 

△page top

ドラクエ8から既に4年が経っていることに驚き 

7が前作の6から4年半以上あけて発売された時は、待ちに待ったという感じだったけど、9もそれに近いぐらいの期間を空けているんだなぁ。
全くもってそんな気がしません。時間の感覚が狂い過ぎてますね。

さて、「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」の発売日が2009年3月28日と報道発表されました。
まぁ、ドラクエシリーズの発売日は発表された後も延期されるのが定番だから、あまり信じてはいませんが。

でも、万が一(さすがに失礼か?)このまま3月に発売されるとすると、スケジュール的に辛い。
というのも、まだ僕はドラクエ8をプレイしていないんで、先にやっておきたいんですよね。
1~7まで全てプレイしてきた身としては、たとえ繋がりがなくても8を飛ばして9はやりたくない。
ドラクエ9はDSのネトゲなので、発売日に買ってこそ楽しめるもんだと思うから、先延ばしもできない。
あと3ヵ月そこらの間に暇を見つけて8をクリアする……のは大変そうだなぁ。

その前に、9をやるならDSを買わないといけないんだけどねw
きっと春は品薄になるだろうな、DS。
携帯ゲーム機でのドラクエは不安もありますが、期待も大きいです。

そのうえ、何とドラクエ10の発表もあったらしいですね。
しかも、Wii用として開発されているそうで。
新作発売前にさらに続編を発表するなんて、今までのドラクエシリーズではありえなかったことですね。
それだけ9が独自路線で制作されているということなんでしょうか。
何にせよ、9が特殊な分、10は王道で行って欲しいところです。

テーマ: ドラゴンクエスト

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ9  ドラクエ10 

△page top