fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第20話「開戦!!日本対フランス」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第20話のネタバレ感想です。

日本vsフランス、キックオフ。
開催国との試合ということで、独特の雰囲気の中で行う一戦となります。

まず試合内容よりも先に語りたいのが作画について。
一体どうしたんだと言いたくなるぐらい全体的に作画が凄い良かったです。
これまで苦言が漏れてしまうことが多かっただけに、ビックリするほど安定していて驚きました。

どの場面もしっかりとアニメーションが動いており、パスワークが自然なことに感動。
ドリブルもちゃんとフェイントを入れて滑らかに突破していくシーンが描かれています。
もちろん全てを動かす事は無理なので静止画も挿入されるのですが、効果的に使用されているため気になりません。
メインキャラだけでなく脇役やモブまで含めて顔が崩れておらず、2期で最も作画が優れていた回だったと思います。

世界初公開と声高らかに宣言したピエールのスライダーシュートも格好良い演出でしたね。
のちに翼が解説する通り、少し押し出すように蹴るアクションをしっかり表現していました。
ああ、そういえばコピーした翼のスライダーシュートがゴールポストに弾かれる場面は極端にスピードが落ち過ぎていて、ちょっと勿体ない演出でしたね。

ちなみに翼が人の技を簡単にコピーするのは、ワールドユース以降が顕著なだけで無印版では言うほどありません。
今回のスライダーシュートだってドライブシュートを取得するのに苦労したのが下地にあるので納得いきますしね。

ナポレオンと早田のいざこざでピエールがキャプテンシーを発揮するところが好きです。
しかし、原作では思いっきりナポレオンの頬をはたいていたのが、肩を強く握る形に改変されていました。
いくらチームメイトを統率するためとはいえ、暴力は駄目というイマドキの理由なのでしょう。
仕方がないとはいえ少々残念ですね。

そして、早田はその後接触プレイで早くも2枚目のイエローカードをもらってしまい、前半10分で退場に。
リアルだったら早過ぎる退場を審判も嫌ったかもしれませんが、うーん、どうでしょうね。
故意ではなかったとしても顔面に肘が入ってしまっては厳しい判断される可能性は覚悟しないといけないでしょう。

まぁ、真後ろからスパイクの刃を見せながらスライディングタックルをしたりする世界で今更審判が仕事するのはおかしいという意見は最もなのですが。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第19話「火の玉の正体」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第19話のネタバレ感想です。

いよいよ本戦トーナメント&準決勝の火蓋が切って落とされました。
第1試合はドイツvsウルグアイ。

スポーツ漫画におけるライバルチーム同士の対決は大好物です。
実力が拮抗していてどちらが勝つか分からない展開だとなおのことよし。
そういう意味ではさすがにドイツが負けるとは誰もが思っていないので、ウルグアイがどこまで粘れるかが焦点となります。

開始1分も経たずに速攻でボレーシュートを決めるウルグアイ代表ビクトリーノが格好良い。
原作でも印象的だった槍を突き刺すみたいなシュートは、彼が如何に疾風の如くスピードに乗っているか伝わってきます。
シュナイダーに闘志剥き出しな姿は、FW向きな性格をしているので素質があるなと感じさせますね。

ただどうしても100m10秒台の俊足FWといい、かませ役ポジションといい、新田とキャラが被ります。
どちらも好きなんですけどねー。

毎試合ゴールを決めているビクトリーノが霞んでしまうほどにドイツが、そしてシュナイダーが強過ぎる。
まさに王者と呼ぶべき存在で、圧倒的なカリスマ性に持ち合わせています。
ファイアーショットの演出は絶賛とまではいきませんでしたが、エフェクト増し増しなのは派手で良かったですね。

幻のキーパー、デューター・ミューラーが初登場。
良くも悪くもアニメでは誇大表現を抑えているので、あまり大きく感じられませんでした。
漫画の巨人みたいなデカさはインパクトあったんですけどね。

結果的に試合は6-2でドイツが圧勝。
原作では6-1だったので、多少は善戦したもいえます。
ミューラーさえいなければ、ノリに乗ったビクトリーノがもう少し点数入れていたかもしれませんね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第18話「ベスト4集結!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第18話のネタバレ感想です。

日本vsアルゼンチン、決着。
三杉のゴールで逆転した日本でしたが、アルゼンチンの猛攻を浴びることになります。
ディアスを擁するだけあって超攻撃的チームの果敢な攻撃に徐々に押され始める日本。
パスカルとのコンビプレイで翼のマークを外し、壁を物ともしないバナナシュートを放つディアスはさすが。
若島津の三角飛びも防がれ、決まったかと思った瞬間、次藤を発射台にした石崎の顔面ブロックでギリギリクリアする展開は初見では予想もつかないものでハラハラドキドキさせられたことを思い出しました。

原作漫画のスピード感に勝てないのはもうしょうがないとして、比較的テンポの良いカットが多くて楽しめましたね。
止め絵は多かったものの展開が目まぐるしかったこともあって、あまり気になりませんでしたし。

アルゼンチン戦を見直すと、やっぱりディアスって良いキャラしているなと改めて思いました。
結局翼が単独で勝てたシーンはほぼないという事実が強敵感を増しています。
イタリア戦と日本戦の2試合で9得点も獲っているので、こんな選手が出てきたらたちまちヒーローになるでしょうね。

最初こそディアス役である松岡禎丞さんの声は合わないんじゃないかと思っていましたが、すっかり耳に慣れました。
特に意地を見せる時の叫び声などは他が考えられなくなるぐらい馴染みましたね。

前半パートで試合が終わり、後半は幕間回だろうなと思ったらまさかのアニオリのラブコメパート。
石崎たちが不在の翼に対してマネージャーに報告しているんじゃないのかと半分冗談ぽく笑っていたら、本当に早苗と喋っているとは思わなかった。
これはマジで原作最終巻の流れをガッツリやるんだろうか。
また神田が顔見せで出てきたくらいだしなー。
ある意味怖いもの見たさというか、興味はあるんですけどね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第17話「貴公子復活!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第17話のネタバレ感想です。

三杉淳、復活の時。
まさしく秘密兵器投入という実況のフレーズが相応しい。
原作漫画で読んだ時の鳥肌と興奮が止まらない思い出が甦ります。

時間制限付きの最強選手って子供心に突き刺さって、もうホント大好きでした。
控えにまだこんなとっておきがいたのかと驚く他チームの反応も含めて最高です。

アニメでどう表現してくれるのかワクワクしていましたが、うーん……何とも言えない出来。
回想が多過ぎてもはや総集編みたいになっちゃっています。
新規部分は漫画の20ページ分しかありません。

いや、意図は分かるんですよ。
久し振りに登場する三杉について掘り下げているわけで、決して悪手ではないと思います。
実際、原作でもパス回しをしながら個々に想い出にふけるシーンもありますしね。
ただ熱心なファンからすると丁寧というよりかは時間かけすぎて、せっかくの華麗な三杉のプレイが堪能し辛くなっている感覚が残りました。

そして、回想連発している割には作画が微妙というのも残念。
圧倒的に躍動感が足りていませんね。

試合終了までの内容を1話で描き切った方が良かったと思うんだけどなぁ。
アニメ観終わった後に漫画を読むと迫力が違いに驚きます。
原作漫画面白いなとしみじみ思っちゃいますね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第16話「シーソーゲームの攻防」  

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第16話のネタバレ感想です。

一進一退を繰り広げる日本vsアルゼンチン。
日本が同点に追いついたことで天才ディアスにも余裕がなくなりました。

強引な突破でも翼を抜くのはさすがですが、最初から岬とのコンビプレイで奪いに行く算段だったのでしょうね。
あっさりボールを取られたディアスをチームメイトが鼓舞する流れは結構好き。
翼、岬、日向の日本が誇るTOP3をディアス抜きで守り抜いたのは、やはりアルゼンチン代表というべきでしょう。

そして、仲間の想いを継いだボールを一人で抜き去るディアス。
マラドーナのオマージュと分かっていても8人ごぼう抜きのインパクトは凄かったですね。
若島津の縦に振り下ろすチョップはギャグにしか見えませんでしたけど。

再び日本を突き放したアルゼンチン。
決定機が生まれにくくなった状況で動いたのが松山光でした。
圧倒的なドリブル力を見せた直後のディアス相手に根性でキープ合戦で勝利するというのが巧い展開ですね。

ドロップキックパスからのタイガーダイビングヘッドでまたしても同点に追いつく日本。
原作の構図が好きだったのですが、アニメでは迫力が少し欠けていて惜しかったなと思いました。

互いの10番同士がマンマークに付き膠着状態へ。
そんな時、最後の交代カードで満を持して登場する三杉淳の背中が痺れる。
この場面で最高の切り札として出てくるのが格好良すぎますね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第15話「逆襲の日本代表」  

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第15話のネタバレ感想です。

2話目で既に後半戦突入してスコアが3-3の同点という激しい展開。
観戦する立場ならイタリア戦のロースコアよりも点の取り合いの方が絶対楽しいですよね。
一時は3点ビハインドだったところから追いついたら興奮が収まらないと思います。

さて、そんな日本vsアルゼンチンの中盤戦。
文字通り、ボールの所有権を賭けてピッチの中央で翼とディアスが激突を繰り返します。
一進一退ながらも少しずつ翼が競り勝つ場面が増えてきたことが、日本の反撃に繋がりました。

日本の2点目は超ビッグプレイ、立花兄弟と次藤によるスカイラブツインシュートです。
このシーンをアニメで観られる日が来るとはね。
とんでもない必殺技が多数存在するキャプ翼界においても、おそらくトップレベルでビックリ仰天技だと思います。
巨漢である次藤が砲台となって立花兄弟をスカイラブ発進させ、空中でツインシュートを放つ派手すぎる技に子供心は鷲掴みされました。
大人になった今では笑ってしまいつつも格好良さに痺れる大好きなシュートですね。

3点目は岬のジャンピングボレーシュート。
ディアスに阻まれて咄嗟にパスに変える翼の判断が光るプレイですね。
一人で突破するのは難しくても黄金コンビなら乗り越えられる、分かりやすいシーンでした。

正直アニメ単体だと微妙な作画なのですが、激しい動きが多くて難しいんだろうなと理解はできます。
漫画のスピーディー感を表現するのは困難でしょうからねぇ。


テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第14話「ネバーギブアップ」  

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第14話のネタバレ感想です。

2クール目のスタートでOPが変更となりました。
曲は前回同様にWEST.が歌っていますがこちらは可もなく不可もなく。
やはり興味が湧くのは映像の方で、劇中の限られたソースとは異なり迫力のある動きが楽しめます。
アルゼンチンとフランスと戦う様子を描いており、それ以外の国が全く出ていません。
おのずと2クール目で放送される範囲が予想が付きますね。

日本vsアルゼンチン、キックオフ。
この試合好きなんですよねー。

試合運びは天才ファン・ディアスの独壇場といって過言ではありません。
わずか前半10分でハットトリック達成は離れ業過ぎる。
側転・バク転からのオーバーヘッドキック、カーブをかけた前転シュート、トドメにドライブシュート。
どれもこれも派手で、こんなのリアルで目撃したら誰もがファンになってしまうのではないでしょうか。

彼が凄かったの確かですが、翼が不甲斐なかったのも正直あります。
まぁ突如いなくなった憧れのロベルト本郷がまさか今この場にいて観戦していると知ったら驚きはするでしょうけどね。

岬のドリブルが通用していないことって、振り返ってみても今までなかった気がします。
小学生時代に三杉と対戦した時だって、こうもあっさりボールが獲られるなんてことはありませんでしたし。
この辺りから翼と岬の実力差が広がっていったのかもしれません。

若島津もポンポンと点を獲られ過ぎなんですよね。
いかに日本国内での戦いとレベルが違うか、教え込まれています。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

「キャプテン翼」連載終了へ 

キャプテン翼が連載終了するニュースが入ってきました。
漫画家・高橋洋一先生がXで心情を語っています。

要約すると、絵を描く漫画家としてキャプテン翼の物語を最終回まで描くことは不可能と考えたようです。
そして、原作としてネーム担当に集中すれば最後まで物語を残すことができるかもしれない、とのこと。
容易にできる決断ではなく、苦悩の末に導き出した答えであることは間違いないでしょう。

子供の頃から追いかけてきたファンの一人としては、ぶっちゃけ哀しみ半分、嬉しさ半分です。

魅力的なキャラクター、先の見えない展開、天先的な発想力から生み出される必殺技の数々。
いずれも先生のおかげで他にはない面白さがあり、多くの人を虜にしてきました。
その中でも個人的に素晴らしいと思っているのが、流れるようなコマ割り。
一般的なサッカー漫画だと全体像が把握し辛かったり、スピード感が失われやすいのですが、キャプテン翼に限っては動線が本当に惚れ惚れするほどお見事なんですよね。
大胆に見開きでダイナミックなアクションをするキャラクターたちは本当に格好良い。
近年見惚れるようなコマ割りが少なくなってきたとはいえ、それでもセンスは神がかっていると思っています。

だからこそ、先生の手で表現された絵が見られなくなってしまうことが寂しい。
たとえネームを元に真似てみても、似て非なるものだと感じてしまわないか心配です。

その一方で、オリンピック編で終わると思っていた漫画の続きが読めることは素直に嬉しい。
アプリではその先の展開を描いているそうですけど、ネタバレ回避のためあえて触れていませんでしたし。
チャンピオンズリーグやワールドカップが読めるかもしれないと思うとワクワクします。

ちょっと気になるのは、今のオリンピック編は途中で漫画家交代になってしまうのではないかということ。
単行本派なので雑誌でどこまで進んでいるのか分かりませんが、どう考えても試合の途中だと思うんですよね。
せめて切りのいいところまでは本人に手掛けて欲しいんだけどなぁ。

テーマ: 漫画

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  高橋洋一 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第13話「星空の誓い」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第13話のネタバレ感想です。

前半がまさか1期の総集編になるとは思っていませんでした。
1期からだいぶ期間が空いたので、ロベルトが翼について語るのは重要ではあると思うんですけどね。
ただ内容を見知っているものからするとちょっと退屈でした。

おかげで新規シーンの尺は短くなり、日本vsアルゼンチンは次回に持ち越し。
ヘルナンデス不在のイタリア相手に5-0で圧勝したアルゼンチン。
過去の強敵を引き立て役にする風潮はここから始まった気がします。
弱小チーム相手ならともかく、仮にもイタリア代表ですからね。
それだけファン・ディアスが逸材ということでしょうか。

タイトルにもある決戦前の特訓は印象深く残っています。
原作では河川敷の公園みたいな場所だったのが、ライトアップされたグラウンドになってて違和感ありました。
選手達が自発的に練習しているはずなのに、誰が設備を用意しているのかと突っ込みたくなりますね。
あとユニフォームが代表用だったのも残念でした。
漫画だと各々所属しているチームや学校のユニフォームを練習着としていて、オールスター感があって良かったんですけどね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第12話「優勝への宿命」  

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第12話のネタバレ感想です。

各国の予選がダイジェスト気味に描かれる幕間回。
分かってくれる人多いと思いますが、スポーツ漫画のライバルチーム同士の対決こそ試合展開読めなくて楽しいですよね。
まぁ、今回の試合は強豪国の引き立てみたいな形でしたけど、世界には凄い選手がゴロゴロいるんだというのが感じられる大事な内容だったと思います。

一番時間を掛けて描かれたのは、フランスvsイングランドの一戦。
現実世界であれば期待高まる好カードですね。
ただ、キャプテン翼の世界ではイングランドがイマイチ強くありません。
序盤こそピエールを徹底的に注意を払いつつ、フランスの弱点をついて先制ゴールを決めましたけどね。
ナポレオンが途中出場してからは防戦一方でした。

そのナポレオンの必殺技・キャノンシュートが格好良かった。
大砲が砲丸を撃ち出すインパクトのように放たれる一撃はエフェクトやSEがマッチしていましたね。
キレキレなBGMも相まって何度も繰り返し視聴するほど気に入りました。

苦戦中のフランスがサポーターから「もっと動け!」と怒鳴られる場面は、作画のことかと思えて笑ってしまった。
でも今回は頑張っていたと思うんですよね。
下手すると日本vsイタリア戦よりも動いていたように感じます。
ピエールの華麗なドリブルが鮮やかでしたし、俯瞰視点でもちゃんと選手が動いていたのは好印象でした。

それ以外の試合は全て結果表示だけでしたが、これは原作通り。
途中キャプテン翼ニュースなんてコーナーが入りましたけど、これも原作では新聞記事っぽく表現する定番の手法ですね。
アニメでは唐突に南葛マネージャー陣が紹介し出したので、なんだこれと一瞬思いましたけど。

いよいよ次回はアルゼンチンですね。
好きな試合なので楽しみです。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第11話「猛虎の目覚め」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第11話のネタバレ感想です。

日本vsイタリア、決着。

同点に追いついた日本が勢いよくイタリアゴールに迫りますが、そこはさすがのヘルナンデス。
1失点したからといって崩れることもなく、DF陣の指示も的確に鉄壁のディフェンスを見せます。
キザっぽい声色だったのが、必死になっていくにつれて雄々しくなるのは格好良かったです。

翼のシュートを2本連続でセーブし、試合終了のホイッスルが響く直前。
こぼれ球に反応して駆ける日向小次郎が熱い。
新必殺技のネオタイガーショットの作画が気合入りまくりで熱量を感じさせました。
ヨーロッパ遠征の初戦で大敗して以来、見せ場がなかった日向が放つ渾身の一撃で逆転ゴールを生み出すのはたまりませんね。

演出的には止め絵を原作タッチで表現するシーンが多発していました。
割りと好意的に受け取っています。
どうしても全体的にスピード感が欠けているので、苦肉の策って感じもありますけどね。
黄金コンビの素早いパス回しが全然速くなかったのは残念でした。

日本以外のチームはダイジェストで流されていました。
ビクトリーノは初登場で僅かなシーンのみでしたが、声は合っているっぽいですね。

ちなみに原作読んでいて印象的だったのが、ビクトリーノの活躍を見た上でのシュナイダーとカルツの会話。
「俺が負けると思うのか?」と自信満々に問うシュナイダーに「お前は負けやしない」と返すカルツ。
実力があるからこそ大物に感じられて好きなシーンなんですよね。
アニメで観ることが出来て良かったです。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第10話「完全復活!黄金コンビ!!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第10話のネタバレ感想です。

vsイタリアは中盤戦へ。
鉄壁を誇るヘルナンデスとイタリアDF陣に苦戦する翼たち。
あらゆるシュートを完璧にセーブする相手に焦りが生じます。
攻める気持ちが強過ぎた一瞬のスキを突かれて、逆にイタリアに先制点を許しました。

もちろん国を背負っている代表選手なので実力はあるのでしょうが、若島津はあっさりと点を獲られ過ぎですね。
多勢に無勢だったのでどんなキーパーでも難しかっただろうと思いつつも、若林なら失点しなかったのではないかとも思ってしまいます。

イタリアの堅守はいわゆるカテナチオですよね。
多人数でひたすら守ってカウンターで仕留めるという。
あまりリアルサッカーに詳しくないのですが、最近あまり耳にしない戦術な気がするのですが廃れたのでしょうかね。

先制された後、遂に3年振りの黄金コンビ復活の時。
漫画で読んだ時は結構感動したものです。
惜しかったのは、岬のドリブル突破に驚くヘルナンデスのモノローグがカットされたこと。
翼だけでないのかというリアクションが良かったんですけどね。

ゴール前で連続横パスからのフィニッシュは、初めて黄金コンビが結成した時の再現で感慨深い。
当時の若林の時よりもパスの数が多くて、よりレベルアップしているのが分かります。

前回に比べると比較的作画は頑張っていたかなという印象。
不自然でのろのろとしたシーンもありますけど、少なくとも止め絵は少なかったかな。
ただ、その後に改めて同じ部分を原作を読み直したらスピード感が段違いでした。
漫画が凄過ぎて数十年経った今でもアニメで見せるのは大変な作品なんだなと思いました。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第9話「大いなる旅立ち!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第9話のネタバレ感想です。

国際ジュニアユース大会、開幕。
オープニングゲームの日本vsイタリアが始まりました。
子供の頃は何も気にしていませんでしたけど、普通だったら開催国のフランスが1試合目ですよね。

ここからがSeason2の本番といっても過言ではありません。
試合描写がどうなるかと期待と不安半分ずつでしたが、うーんちょっと微妙かなぁ。
スピード感の欠片もない描写に苦笑いしてしまいました。
確かに原作漫画が瞬間的な場面に台詞量が膨大ですから、そのままアニメにしてしまうとノロノロしていると感じてしまうんですよね。
構成やシーンの切り取り方で見せる手法はあると思うのですが、残念ながら止め絵が多くて面白味が薄い。
ぶっちゃけ漫画の方がよほどスピーディーかつ迫力がありましたね。

内容的なところでツッコミ満載なのは、キャプテン翼の伝統芸。

フリーキックで翼がドライブシュートを撃つと見せかけて松山のイーグルショットで壁の下を狙う戦法はいい狙いでした。
ただ、ヨーロッパ№1キーパーと噂されるヘルナンデスは余裕のキャッチング。
シュートの前に止められることはあっても、キーパーに取られたのは初めてだったと思います。
すぐに只者ではないと分かります。

とはいえ、いくらなんでもゴール前で翼にボールを渡してドライブシュートを促すのはさすがにどうなんだ。
自信があるとはいえリスキーすぎるし、そもそも意味がない。
結果的にはドライブシュートも阻んでみたものの、翼はいうほどショック受けていませんでしたしね。

ひたすら翼のワンマンっぷりが目立つ展開。
国内では良い勝負したライバルたちも代表になると埋もれてしまってみえます。
そりゃあイタリア代表も翼だけを敵視するわけですよね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第8話「ボクは岬太郎」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第8話のネタバレ感想です。

岬太郎、番外編。

サブタイトルで最初はイタリア戦が早くも後半戦まで進むのかなと思いましたが全く違いました。
短編集にあった同題の「ボクは岬太郎」のアニメ化だったとは気付くのに遅れましたね。

南葛市から離れ、新たな引っ越し先でのエピソード。
岬の生い立ちと親子愛が描かれた内容で、非常に印象深い話となっています。
ここまでアニメにしてくれるとは予想外でしたが、短編集でありながら心に残るものだったので嬉しいですね。

岬は本当に良く出来た子だと思います。
父親に連れられて各地を転々としながらも不満不平を言わず、母親のことすら父親に聞き出そうとしない。
友達が出来てもすぐに別れを告げなければいけない生活というのは絶対に辛かったはず。
父親も苦しい思いだったでしょうね。

教育ママに逆らってでもサッカーをしたいミツルのため、活躍させようとする岬の思いやりが優しすぎる。
そりゃあ人気投票も毎回トップ争いをしますよね。

母親を一目見た後、父に去ろうと告げる岬の泣く姿は胸が痛くなります。
キャプテン翼史上でも指折りの名シーンですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第7話「パリ大集合!!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第7話のネタバレ感想です。

岬太郎、相棒の翼と3年振りの再会を経て日本代表入りへ。

アニメでは軽めに描かれていましたけど、漫画で読んでいると思い入れ深いシーンでしたね。
現代を舞台に再構築されているのでスマホが存在しており、引っ越しがあろうが海外に行こうが世界が狭く感じます。
でも、原作の当時だと個人所有のパソコンもほぼなくインターネットで交流などもない時代だったので、物理的な距離が縁の切れ目になりやすかったんですよね。
そんな中で小学校時代の友達と再会する流れというのは、非常に感動的でした。

時が経とうともゴールデンコンビは健在。
そもそも出会った直後から相性抜群だったわけですしね。
スピンオフなどで少し描かれていますけど、岬の3年間を考えると翼に匹敵する実力があるのは凄いなと思います。
それこそ30年以上前の話なので、日本とフランスのサッカーレベルは天と地ほど差があったので、ヨーロッパで生活しているだけでも刺激的だったのかもしれませんね。

三杉の提案で松山がDFになったり、憎まれ役を買って出る若林のおかげで皆の火が付いたりしているのはいいとして、三上監督やコーチたちは何やっているんだろうと思わないでもなかったり。
結局チームをまとめ上げているのは翼でしたしね。

今回一番驚いたのが神田が登場したこと。
これまでのアニメシリーズでも悉くカットされており、第4作1期でも省略されていたので出番がないものだと思っていました。
本筋に大きな影響がないとはいえ、翼と早苗の馴れ初めを描くには欠かせない存在なんですよね。
ここで登場させたってことは、つまりは恋愛パートも入れるってことなんでしょう。
アニメだと放送し辛い部分があると思うので、どのように繋ぐのか興味深いですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第6話「躍動!日本ジュニアユース!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第6話のネタバレ感想です。

日本vsミュンヘン、まさかのボリューム大幅アップ。
これは予想していませんでした。

翼が代表初参戦となる試合で、これまでの日本とはまるで違うチーム力を発揮するという展開。
原作では翼がドライブシュートで一点目を獲った後は、9ページ程度しか描かれていません。
まさに快勝といった内容をサクサク描いているので、何故ここまで取り上げられたのか。
尺が余り気味だったとしても、ぶっちゃけこの試合に力を入れる意味はあまりないと思うんですよね。
まぁ、単純に色んなキャラの活躍が見れてラッキーだったと思うことにしましょう。

北国シュート、または荒鷲ショットと呼ばれていた松山の地を這う必殺シュートの命名が本決まりしたのもこの時でしたね。
ただ原作ではイーグルショットではなくイーグルシュートと呼んでいたり、まだまだブレが多い様子。
松山自身が自然と思い浮かんだ感じだったのが、実況の声から連想する形に変わっていました。
試合中に実況音声聞こえているのか、これ。

ミュンヘンが雑魚だと思われないようにする配慮なのか、幾度も日本ゴールを脅かしていました。
DF陣も頑張っていましたけど、どちらかといえば翻弄とされていたように見えます。
その中で無失点に抑えたのは若島津の活躍あってこそですね。
本調子ではないため途中で森崎と交代したのもさりげない変更点でした。

新田やタケシにも活躍シーンを見せたかったからなのか、本来3-0で終わった漫画とは違い4-0のスコアになっていました。
とはいえ新田の隼シュートはゴールバーに弾かれるという、恒例のオチでしたけども。
キッチリとオーバーヘッドで決めるのは主人公の役目ってわけですかね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第5話「もうひとりの実力者」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第5話のネタバレ感想です。

岬太郎とエル・シド・ピエールが出会い、ライバルとなる展開は時代を感じさせますね。
ストーリー構成の昭和臭が凄まじくて、面白いけど苦々しい思い出まで蘇ってきます。

唐突にライバルキャラが目の前に現れ、1vs1のボールの奪い合いをして、突如として第三者の手により決着が延期される。
チーム練習に乱入して勝負を仕掛け、何故かお咎めなしで、試合で勝負する約束をする。

いやぁ、臭すぎるでしょ!
ツッコみどころ満載なんだけど、ノリと勢いで片付けられる時代だったんですよ。
全国の小中学生が漫画や小説、設定集などの黒歴史ノートを量産したんだよなぁ。

当時のジャンプといえば、「北斗の拳」「キン肉マン」そして「キャプテン翼」だったんですよね。
まぁ、さすがにリアルタイム世代ではないのですけども、家族や友人の影響でよく読んでいました。
誤解のないように言いますが、大好きな作品なんですよ。
ただ共感性羞恥心がヤバイってだけで。

閑話休題。
あまり伏線を用意しない作品ですが、珍しくいくつか種が仕込まれています。
日向のネオタイガーショットみたいに特訓描写があるのが一般的だった中で、次藤と立花兄弟のコンビプレイはさらっと台詞だけで触れられていてスマートだなと思った印象が残っています。
ワールドユース編以降だと回想パターンが多くなってしまいましたが、個人的にはこういう見せ方が好きです。

ナポレオンの必殺シュートは漫画だとトーン処理だけで全くボールが描かれていませんでした。
アニメだとチラ見せしていましたね。
ネタバレになるのであまり触れられませんけど、テクモ版のゲームでは結構痛い目に遭った記憶があります。

翼が加入しただけで強くなる日本代表。
まぁ相手にネームドキャラがいなかったこともありますが、やはり翼がいるだけで上手く循環しますね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第4話「ゼロからの再出発」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第4話のネタバレ感想です。

ヨーロッパ遠征第二試合目、日本vsブレーメン。
ダイジェスト構成なのはアニメだけではなく原作漫画でも同様なので忠実な作りでした。

ブレーメンの司令塔・シェスター登場。
イケメンというよりも可愛さの残る童顔って感じでしたね。
これはこれで女の子にモテる理由も分かります。

試合開始早々、ふくらはぎと太ももでボールを挟み込んでドリブル突破する華麗な美技を披露するシェスター。
テクモ版キャプテン翼5で言うところのフラミンゴクリップですね。
果たしてこの必殺技名でピンとくる人は一体どれだけいるのだろうか。

合わせて相棒のマーガスも初登場。
しれっと2得点重ねていますが、彼が活躍したシーンは後にも先にもここがピークだった気がします。

当日2試合行うことを告知したり、自主性を重んじて翼を出さなかったりと今更ながらに三上監督の手腕に疑問を感じ始めました。
当時読んでいた時は特に引っ掛かることなかったんだけど、時代でしょうかね。
若林に一芝居打ってもらって代表メンバーの発奮を促すのは、成功したものの博打だったと思います。

結局、後半戦から主力を温存したブレーメンに対して3-2で敗れる日本。
珍しく早田のカミソリシュートで得点できたけど追いつくまでには至りませんでした。

試合拒否してきたイタリア相手に単身挑む翼。
ヨーロッパ№1キーパーとして名高いジノ・ヘルナンデス相手にドライブシュートで点を取るのはスカッとしました。
さすが主人公ですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第3話「プロの戦士」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第3話のネタバレ感想です。

日本vsハンブルク、決着。
かなり展開が早いもののそこまで不満点はありません。
漫画通りのカットシーンが多く、原作リスペクトを感じられるからです。
表情の熱血さ、プレーの迫力などはどうしても原作と比べると見劣りしてしまいますけどね。

枠内の関係上ですが、モノローグの省略は目立ちます。
個人的にあれ?と思ったのは、回想で若林とシュナイダーの出会いを描いた場面。
1本目のシュートこそ顔面で防いだ若林が、その後は何十本のシュートを全て防げなかったんですよね。
あの若林がここまでコテンパンにやられるのかと当時は驚いたものです。

あとは試合結果が何気に5-1から6-1に変更されていますね。
若島津負傷で交代に入った森崎が2失点から3失点に増えています。
原作でも試合が終わったどこかのタイミングで6-1だと言及していた場面があったような気がするので合わせたのかな。
もしくは、ダブルハットトリックでシュナイダーの印象を強めたかったのかもしれません。

ただその影響からか、三杉の見立てが当たってたという展開もなくなっていました。
松山が5点目取られてから守備に専念しているのをみて、DFにコンバートするべきって話だったんですけどね。

翼がいると勝って当然みたいになるので、味方チーム側が負ける試合は珍しくて面白かったりします。
早々に3回目のスカイラブ敢行する立花兄弟、無類のキャプテンシーを発揮する松山、ペナルティーエリア内に切り込む日向。
諦めずに試合に挑む姿が格好良かったですね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第2話「旧敵への挨拶」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第2話のネタバレ感想です。

強化遠征第1試合、日本代表vsハンブルクの試合が始まりました。
個人的な話ですけど、この回が収録されている原作漫画26巻は初めてキャプテン翼の単行本なので思い出深いものがあります。
これまで全国大会などで活躍してきた面々が勢揃いした日本代表にワクワクするんですよね。

キャプ翼恒例の強敵キーパーに対する必殺シュートラッシュは、実はこれが初。
そもそもそれまで必殺シュートを打てる選手が味方に複数揃っていること自体皆無でしたしね。
強烈なシュートの数々をことごとく防ぐ若林の格好良さに痺れます。
原作絵と比べてスピード感が劣るのは惜しいですけど、これぐらい動いてくれるのなら及第点かなって感じ。

家族が観戦に来ておらず意気消沈しているシュナイダーがスイッチを切り替える場面は注目してしました。
日向vsシュナイダーの初対決シーンですね。
抜かれたように見せかけてボールを相手の腹に向けて打ち上げる必殺技、いわゆるエンペラータックルをやってくれて歓喜。
明らかに反則どころかレッドカードものなのですが、誰もアピールしない恐ろしい世界。
変に遠慮せずに吹っ飛ばしてくれて良かったです。

ハイジャンピングボレーシュートで先制点を決めるシュナイダー。
迫力もっとマシマシでお願いしたいな。

偵察に来ていたアルゼンチン代表のディアスは今回初登場。
声優は松岡禎丞さんですか。
うーん、決して嫌いな方ではないですけどディアスの印象からは外れるかなぁ。
まぁシュナイダー役の福山潤さんも合わないと思っていたけど、既に慣れ始めているし時間の問題かもしれません。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第1話「新たなる挑戦」 

アニメ「キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第1話のネタバレ感想です。

2018年4月から2019年4月にかけて1年間放送されたシーズン1から4年半。
まさかこれだけ期間が空いて続きが観られるとは思っていませんでした。
国際ジュニアユース大会は本当に面白いので、今のアニメ技術で観ることが出来るのは嬉しい限りです。

ただ1話はあまり出来が良かったとは感じませんでした。
シーズン1の全国大会編は結構動いていた印象が残っているので、こんなもんだったかなーと。
ぶっちゃけ第1~3作までサッカーアニメの宿命としてスピーディーさに欠けており、4作目にしてCGの活用もあって頑張っていたという記憶があったのですが、少々美化しすぎていたかもしれません。
まぁ、今回の内容は高校生相手の練習試合がメインなので、力を入れるべきは次の試合からですけどね。

一番おおっと思ったシーンは、東邦学園コンビプレイから松山のボレーシュートで点を取った画面。
原作漫画だとほぼ文章のみで片付けられたシーンだったので、映像で見たのは初めてになりました。
てっきり得意の地を這うイーグルショットだと思っていたので、予想外の空中プレイが凄い新鮮。
記憶の限りですが、松山がボレーシュートで得点を挙げたことって原作通してもないと思うんですよね。
好きな選手の一人なので活躍してくれて嬉しかったです。

やっぱり実在する公式のチーム名を出せるのは良いな。
一時期は架空の名前で誤魔化している時代がありましたけど、イメージがまるで違いますから。
そういえば、シュナイダーの移籍先がミュンヘンという言い方をしていましたけど、原作のバイエルンから変更しているは何故だろう。
サッカー通にとってバイエルン・ミュンヘンの呼称はミュンヘンが一般的なんだろうか。

シュナイダーの声優は福山潤さんですか。
格好良さはいいとして、少し渋い演技っぽかったのでもう少し若さが感じられる声だとイメージに合うんだけどな。
本番は来週以降の試合でのボイスでしょうから、とりあえず様子見ですね。

原作25巻の続きとなる今回。
最終巻の37巻まで放送してくれるとして、シーズン1を考慮すると2クールやってくれるのかな。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

『キャプテン翼 ライジングサン』18巻 感想 



キャプテン翼 ライジングサン」18巻ネタバレ感想です。

日本vsスペイン戦が本格的に開始。
オリンピックに情熱を燃やす岬のカウンターアタックから。
スルーパスを受けた日向の雷獣シュートはカリューサスに防がれるものの、クロスバーで跳ね返ってきたボールを新田が押し込み先制ゴールを決めました。
代表戦で翼や日向よりも先に新田が先制ゴールを決めるなんてことが有り得るのか。
ワールドユース編までの彼の姿からは想像できない活躍を続けていますね。

もちろんこのままでは終わるわけがないスペイン代表。
得意のパスサッカーで翼や岬のいる中盤を抑え込んでいます。
今回の話が掲載された時はまだ現実のワールドカップでスペインと対戦していない頃のはずですが、緻密で正確なショートパスを繰り返すスペイン代表を思い出しました。

そして、長年隠されていたミカエルの神業も次々と披露されていきます。
セグウェイドリブル以外もトリッキーな技が主体で、あまり強さを感じさせませんね。
単独で突破できる能力があるのですから、もちろん強敵のはずなんですが。

中でも特に異色を放ったのはフィールドゴマ。
ミカエルはサッカーボールの上に乗らないと気が済まないのでしょうか。
強烈な回転でトラップミスを誘発させる技なのはいいとして、弾かれる方向を予測できるのは何故なんだろう。

しかし、どれだけ奇妙な技だったとしても即座に真似をするのが大空翼という男。
まぁ言ってしまえば、いつもの展開です。
翼が凄いというより、真似されたライバルの格が落ちるから正直多発するのは好きじゃないんですよね。
何十年も続いている作品に今更な野暮なツッコミだと分かっていますけど、同意してくれるファンは多いと思います。

翼とミカエルがお互いにゴールを決める一進一退の攻防。
他の選手が置いてけぼりを食らっていると思っていたら、バルセロナのチームメイトとの絡みが待っていました。
って、いやいや4人掛かりはさすがにやりすぎでしょうよ。
ノーマークの選手がどれだけいると思っているんだ、ってところで今巻は終了。

個人的には翼よりも他のキャラが活躍した方が楽しいから次回以降の方が面白くなりそう。
岬がミカエルに雑魚扱いされたのは、後半で逆襲するフラグになって欲しいな。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼ライジングサン  キャプテン翼ライジングサン(巻感想)  高橋洋一 

△page top

『キャプテン翼 ライジングサン』17巻 感想 



キャプテン翼 ライジングサン」17巻ネタバレ感想です。

ようやく始まった日本vsスペイン。
……ですが、実質キックオフ直後のファーストプレイだけで終わってしまっているような感じで物足りません。
収録されている6話中1話半しか試合が描かれていないので当然です。

では今巻は何がメインだったかといえば、前回の続きであるミカエルの過去エピソードとなります。
ガンビーノ記者による手記を追う形で掘り下げられる話は興味深かったけれど紙面を割きすぎかなぁ。
もっと簡略化して見せることもできたと思います。

ミカエルが今まで無名だったこと、突如新星の如く現れた理由も判明。
事故とはいえ、サッカーが原因が失明させてしまったという事実は重く圧し掛かります。
幼少の頃にこんな出来事があってはサッカーが嫌いになってもおかしくないです。
それでも一人黙々とサッカーボールを蹴り続けたのは、それだけサッカーが好きだということとファニート神父のおかげなのでしょうね。

視力を失ってもサッカーを再開したサウールの情熱が凄い。
ブラインドサッカーというものを初めて知りましたけど、この競技はとんでもないですね。
実際気になって動画を見ましたが、とても目が見えない人の動きではないほどのアグレッシブさ。
ボールから出る音やコーチングがあるからといって、聴力頼りで走ったり蹴り込んだりする勇気には驚かされます。
不利な面を抱えている人が頑張る姿を見ると、自分ももっと頑張らないとって思えますね。

それにしても、これだけじっくりと描かれると多少なりともミカエルに情が移ります。
正直、そろそろ日本負けても良いと思うんですよね。

さて、試合模様は翼とミカエルの対決からの始まりました。
ミカエルの新技・スカイエスカレーターは実にキャプ翼らしい技で良かった。
ドリブルというよりトラップ技に近いものでしたね。

流れるような形で放ったオーバーヘッドキックは若島津がセーブ。
バナナシュートも含めてよく守っています。
簡単に点を取られてしまうと寂しいので、若島津にも活躍してもらいたいですね。

岬にボールが渡ったところで今回は終了。
勝ち上がった場合の決勝戦がブラジル相手で翼が暴れるところが予想されるので、準決勝は岬がキーマンになりそうですね。
番外編などで懐かしい面々も応援に駆けつけていますし注目したいなと思います。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼ライジングサン  キャプテン翼ライジングサン(巻感想)  高橋洋一 

△page top

『キャプテン翼 ライジングサン』16巻 感想 



キャプテン翼 ライジングサン」16巻ネタバレ感想です。

ドイツ戦の激闘後、次戦となるスペイン戦までのインターバルで丸々1冊費やしています。
物語に厚みを持たせるために必要ではあるものの、この巻だけで凄い面白いっていうものでもないですね。

キャプテン翼ファンとしては気になる内容はいくつかありました。

まずスペインvsメキシコは6-2でスペインが勝利しました。
ここでスペインが負けるわけがないので当然といえば当然でしょう。
ミカエルが派手にダブルハットトリックを決めたのは予想の範疇でしたが、全得点シーンを描かれるとは思っていませんでした。

とりあえずミックス必殺技はあまり好かないので、ミカエルは独自のシュートを繰り出して欲しかったなぁ。
反動蹴速迅砲も安売りしすぎてて、ただの跳ね返りで打ったシュートでも龍が見えるというもう何でもありの状態。
オリンピック編で最もプッシュされている新キャラだけに、今までと違う路線を期待したいんですけどね。
それこそセグウェイドリブルはアホらしいけれど、方向性はありだと思っています。

そして、エスパダスはかませ犬になる運命から逃れられませんでしたね……。

日本チームは黄金世代勢揃い。
不死身の若林とケガで代表見送りとなった赤井も登場。
バックアップメンバーとして選手登録漏れした面々も駆け付けてサポートしてくれるそうです。
翼曰く、黄金世代の面々が全員集結したとのこと。
……あれ?フットサルコンビとかリアルジャパンは?
彼らは翼の中では認められていないんだろうか。

もう一つの準決勝、ブラジルvsフランスは互いに最初の得点シーンを描いただけであとはダイジェストでした。
一縷の望みでフランスが勝つことを願いましたが、残念ながらやっぱりブラジルの圧勝。
ですよねー。

一応ピエールやナポレオンの姿が見れただけでも良かったというべきか。
ピエールは華があるけど、ナポレオンがモブキャラっぽく見えたのは気のせいかな。
OA枠のアデューのモデルは間違いなくティエリ・アンリなのでしょう。
トラムは何故選ばれなかったんだろうかと思いつつも、かませになるだけだからいなくて正解な気もします。

これで決勝戦の相手はブラジルに決定。
ワールドカップ編を描くのは年齢的にもう難しいから、オリンピック編で最強のブラジルと激突させたいって思いなのかもしれませんね。
それなら若林は本当にカムバックしてきそう。

まずはスペイン戦終えるのに果たして何年掛かるのやら。
気長に待ちたいと思います。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼ライジングサン  キャプテン翼ライジングサン(巻感想)  高橋洋一 

△page top

『キャプテン翼 ライジングサン』15巻 感想 



キャプテン翼 ライジングサン」15巻ネタバレ感想です。

長かった日本vsドイツ戦も遂に終止符が打たれました。
「グランドジャンプ」では読んでいたのですが、「キャプテン翼マガジン」に以降してからは単行本派になりました。

通して読んだ感想としては、なんだかんだいって面白かったの一言に集約されます。

同じような展開になりかねないロースコアのスポーツ漫画の宿命として決着が予想しやすいというものがあります。
これだけ予想を裏切ってくれれば次に何が起こるのか全く読めず、最後の最後までワクワクさせられました。

昔からのキャプ翼ファンとしては、こんな展開を望んでいなかったというものもないことはないんです。
殴り合いかのように出まくる怪我人とか、合体技の威力が高すぎるとか、一部キャラの弱体化とか。
「キャプテン翼 ROAD TO 2002」からリアル路線を取り入れたことで破綻した設定の数々は今でも悔やまれます。

それでもサッカーの試合展開に興奮させられ、各選手の活躍に一喜一憂してしまうのはこの作品が好きだから。
体のバランスをネタにされることもありますけど、ダイナミックで躍動感のある絵は他に類を見ない迫力があります。

それにしても長い試合でしたね。
8巻から15巻、計8冊分を約3年描けて描いたことになります。
これまで過去最長だったバルセロナvsレアルマドリードを飛び越えて、シリーズ最も描かれた試合となりました。
ただでさえ古臭かったPPAPネタが決着後だと埃が被っているような状態でしたね。

人気ナンバー1のシュナイダーの強さは一応維持できたのかな……?
若林が鉄壁すぎて退場するまで1点も獲れなかったのは痛恨でしたけど、フィールドプレイヤー同士であれば翼にも負けていませんし。
ホイッスル後の男泣きは格好良かった。

シュナイダー以上にカルツの活躍が目立っていて、まさしくこの試合の主役の一人といって過言ではないでしょう。
同じMFとしてシェスターに分散させてあげても良かったんじゃないかと思うくらい攻守に活躍していましたね。

日本勢では新田の活躍が嬉しかったです。
まさか負傷しているとはいえミューラー相手に2点も獲るなんて無印版から考えたら物凄い出世ですよ。
ゴール決めそうなシーンになったら、いかにポストに当たるのかと想像してしまうのは自分だけではないはず。
脇役にスポットライトが当たるようになったのが、五輪編以降の良いところですね。
問題は全員にある程度活躍させようとすると、日本が強くなりすぎるってことかな。

そして長らく伏線というか実質的な予告をされていた若林のバイエルン行きも決定。
ということは、チャンピオンリーグも描くつもりってことですよね。
オリンピックがいつ終わるのか不明ですが、果たしてワールドカップ編もちゃんと描いてくれるのか心配です。

とりあえずは次戦のスペイン戦はキーパーが若島津になるでしょうから派手な試合になるでしょうね。
決勝を予想されるブラジル戦よりもこちらが事実上の決勝戦だと思っているので楽しみです。

テーマ: キャプテン翼

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼ライジングサン  キャプテン翼ライジングサン(巻感想)  高橋洋一 

△page top

キャプテン翼J アニメ総評 

キャプテン翼J DVD-BOX 1キャプテン翼J DVD-BOX 1
(2006/08/25)
小粥よう子、小林優子 他

商品詳細を見る

【評価……B
作画 ★★★★★★☆☆☆☆ … 6
演出 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
脚本 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
音楽 ★★★★★★★★★
 … 9
声優 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
原作再現度
燃え




 ★★★★☆☆☆☆☆ … 5
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8





1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話13話
BBBB+AB+B+BB+B+A-B+B
14話15話16話17話18話19話20話21話22話23話24話25話26話
B+B+BB-B-CC+B-B-B+B-B-B-
27話28話29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話39話
C+B+BBBBBCBC+B-B-B
40話41話42話43話44話45話46話47話
B-B-BB-C+BBC

【総評】


サッカー漫画といえば、誰しもが知っている名作中の名作「キャプテン翼」。
しかし、意外とアニメが3回TV放送されていることは、あまり知られていないような気がします。

初代アニメ、便宜上昭和版と区別されるものは、相当視聴率良かったそうですね。
真偽は不明ですが、wikipediaによれば、テレビ東京のアニメ最高視聴率を記録したとか。
世代的にリアルタイムでは観ておらず、ビデオなどで部分的に観たことがあるくらいです。
さすがに絵的に古いのですが、OVAの「新キャプテン翼」まで来ると今でも十分観られるぐらいのレベルにまで達していますね。

2回目のTVアニメシリーズとして、1994年から1995年にかけて放送されたのが「キャプテン翼J」。
個人的には世代的にど真ん中の時期でした。
このアニメが始まる少し前くらいに友達の家で読んだ原作にハマり、全巻揃えた記憶があります。
その懐かしのアニメが、ニコニコ生放送にて、一挙配信が行われました。
11月から1月にかけて、毎週週末に5話ずつ放送されていたのを欠かさずタイムシフト予約をして、全話視聴しました。

当時もほぼ全話観ていたはずなのですが、幼かったこともあり、内容はうろ覚えでした。
もはや初視聴と大差がないくらいに新鮮な気持ちで観れたのは、ある意味ラッキーだったかもしれません。

残念ながらキャプテン翼のアニメは、いずれも微妙なのですが、Jはその中でもマシな方だったと思います。
作画枚数的に常に動かすのが難しいサッカーアニメで、比較的頑張っていました。
安定こそしていませんでしたが、どの作画監督でもアニメーションは静止していませんでした。
喋ってないで動けよと思う時もありましたけど、台詞量的に仕方がないですw

地平線が見えるピッチだと突っ込まれた昭和版と違い、構図を工夫している箇所が見てとれます。
演出面は格段にレベルアップしており、身体を目一杯捻ったオーバーヘッドキック、強引なドリブルやシュートの威力、スピード感のあるパス回しなど、見所は沢山ありました。

特に音楽との相乗効果は素晴らしい。
他シリーズと明確に異なっていて、大袈裟なぐらいに劇的なBGMは熱く燃えさせてくれます。
お気に入りは「とりかご」を破るシーンで流れた逆転BGM。
調べてみたら、翼のテーマ曲のようですね。

版権が厳しくなり始めた時代で、クラブの名称が使用できなくなった時期でもあります。
サンパウロやインテルなど、実在するクラブ名は多少もじって使われました。
仕方がないとはいえ残念ですね。
3回目のTVシリーズ、通称平成版に比べれば、まだ規制が甘い時代ではあるんですが。

それ以上に惜しいのが、視聴率が振るわなかったことで、大幅に原作カットされたこと。
中学生編は是非観たかったなぁ。
ワールドユース編も原作連載中だったとはいえ、中途半端に終わっちゃったのも哀しい。
結局3作目でも放送されなかったので、葵やタイユースの面々は非常に貴重なアニメ化となっています。

得点シーンがカットされていることも少なくなかったですね。
最終的なスコアも違ったりして、少しモヤっとしたり。
まぁ、既に90年代の時点でアニメではやっちゃいけないようなプレーもありましたしねw

逆に追加されたのが、ピッチ外の交流。
ふらの小校長のエピソード、ロベルト本郷の過去や母親についてなど、アニメ独自の設定がありました。
ぶっちゃけ、コレ要らないから原作通りにして欲しかったです。

平成版から10年経っていますし、そろそろまたアニメ化するかもしれませんね。
下手にリアル風味にしてしまった平成版は、もはや黒歴史。
ツッコミどころ満載でも構わないので、原作に忠実なアニメが観てみたいものです。

テーマ: キャプテン翼

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ総評  キャプテン翼 

△page top

キャプテン翼5を噛み噛みしながら実況プレイ part1-1 

キャプテン翼のプレイ動画は数多くあれど、その多くが2や3なんですよね。
この2作品が飛び抜けて人気があるのは理解できるのですが、個人的に思い入れの強い5がないのが残念でした。

なので、この動画を見かけた時は嬉しかったです。



SFCソフト「キャプテン翼V 覇者の称号カンピオーネ」の実況プレイ動画です。
実況者の噛みうp主さんは、2~4もプレイしているので、順番で見ていくのがセオリーなんでしょうけど、2と4は未プレイで将来的にやってみたいと思っているので、ネタバレを避けるために意図的に見るのを避けました。
それでも十分楽しんで見ることできたのは、プレイヤーが実に楽しそうに遊んでいたからでしょうね。

昔、熱中していたことを思い出しましたよ。
不満点はなくはないんですけど、面白いゲームでした。
慣れている人がプレイすると、楽勝で勝ててしまう難易度だけは勿体無かったけどね。

テクモのキャプテン翼シリーズは、これが最後の作品となってしまったんですよねぇ。
版権が移ってから、魅力が激減してしまったんだよなぁ。
5のプレイを見なおしてみると、6への伏線が隠れているので、作るつもりはあったんでしょうね。
時期的にワールドユース編の連載が始まり、継続が難しくなってしまったらしいですが、今からでも遅くはないので6出て欲しいです。
現在YJで連載しているキャプ翼は、もうまるで別物になってしまったしね……。

ちなみに、この方の「ときめきメモリアル」のプレイ動画も見ました。
そちらはそちらで面白く、楽しかったです。


テーマ: ニコニコ動画

ジャンル: サブカル

タグ: キャプテン翼  ときめきメモリアル  ニコニコ動画 

△page top