明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

アニメが敵視される世の中に絶望した! 

アニメに限らず、ゲームや漫画でもそうなんですけどね。
どうにも頭の固い人は、オタク=犯罪者予備軍みたいに思いたいようで。
オタク文化も随分と認められるようになってきましたが、それでも何か事件が起こると、メディアは結び付けようとする悪癖があるよなぁ。

何がいいたいかというと、「ひぐらしのなく頃に解」と「School Days」の放送中止の話です。
例の斧少女の殺人事件のニュースを受けて、自粛したようで、色んな意味でやるせないことになってます。

まぁ、放送中止という判断は、あながち間違いではないとは思いますよ?
確かに、どちらも多少なりともバイオレンスな描写はあるしね。
何で、こういうときはアニメやゲームばかりが対象になるんだと言いたいのも、今回は我慢するとしましょう。

だけど、事実を捻じ曲げてまで、アニメ・ゲームのせいだと誘導するのは許されないはずです。

今回の事件と、ひぐらしを関連付けるイメージを与えかねない報道したニュース番組があります。
その番組内のフリップには、ひぐらしの概要をこう書いています。

「山村での連続怪死事件がテーマ。主人公の少女は親の離婚騒動がトラウマに。斧を使って敵を殺していく」

ひぐらしを知っていれば、突っ込みどころが多すぎて笑ってしまいそうになります。
酷いよね、これ。
こうして、また一般人に誤解されていって、溝が深まるのかなと思うと、マスコミが本当に嫌になってくる。

二次元と三次元の区別が付かなくなっているのは、どっちなんだかなぁ。
どうして、そんな偏向に満ちた目でしか見られないのか……。
事件そのものはもちろん、こういう偏向を見ていると、余計に哀しいねぇ。

スポンサーサイト

テーマ: ひぐらしのなく頃に解

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ひぐらしのなく頃に解  スクールデイズ  ニコニコ動画 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。