FC2ブログ

明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
最近の記事

出来なかった言い訳と出来た理由 

お久し振りです。
2年4ヵ月振りとなるブログ更新となります。

もはや誰も見ていないだろうと思います。
ここまで長期間放置してしまった理由について、そして今回更新する事になったキッカケについて自分自身のために書き留めておきたいと思います。

まず放置の最大の理由は、単純にリアルが忙しかったということ。

主に仕事面で多忙だったこともあり、余裕がありませんでした。
とはいえ、2年4ヵ月間ずっと忙しかったかというと、さすがにそんなことはありません。

何もブログに限った話ではありませんが、一度停滞してしまうと腰を上げるのに苦労します。
継続は力なりというのは、維持することの大変さだけでなく復帰するためには労力が必要であることも多分に含んでいるんでしょうね。
何度も記事を途中まで書いては放置するという作業を繰り返しました。
だからこそ、記事を書き上げることを習慣化させていたんですけど、一度離れると予想通り簡単には戻れませんでしたね。

もう一つ大きな理由を挙げるとするならば、twitterの存在があります。

ネット上で発信するツールとしてブログからtwitterに移行していました。
個人的には遅いぐらいで、世間的には10年近く前から既にこの流れはありました。
長文は書く側はもちろんですが、読む側も労力が要ります。
人はどうしても楽で便利な方が流れがちですから、ブログ管理人がtwitterに移行するのは至極当然とも言えます。
しかもコミュニティは人数が大きければ大きいほど、うねりも止めようがなくなりますね。
ブログの更新しなければいけないという使命感と比較すると、ツイートは本当に気楽です。

そんなわけで、長期間放置してしまいました。
しかし、このまま終わらせようとは一度も考えませんでした。

今回記事を書いた理由の一つにもなりますが、自分自身の過去が大量に存在しているというのは、ある意味で財産だと思うんですよね。
ふとあの時は何をしていただろう、どんな心情を抱いていただろうというのが、己の言葉で残っている素晴らしさといったら。
人が日記や写真を残すのも同じことだと思います。
たまに昔の記事を見返すたびに便利だなと感じました。

更新したもう一つの理由は、他ブログの更新停止やサービス終了を見て寂しくなったからです。
上述した通り、ブログを書くだけでなく読む生活スタイルも途絶えて久しく、たまたまPC内整理をしていたら昔のHDDからお気に入りリストが出てきたので巡回してみたのです。
すると、放置ならいい方で、以前よく見ていたサイトのリンクを辿ると半数以上が既にリンク切れしていました。
また見たかったブログや記事などが永遠に見れなくなってしまったのは非常に惜しくなりました。
当時から継続的に更新し続けているブログは1割もありません。

自分もそんな一人だったわけで、だからこそ何だか無性に描きたい衝動に駆られました。

継続的に更新できる自信は全くありません。
ただ、記録として残せるぐらいには書いていきたいなとは思っています。

幸い、大手であるFC2ブログは今もなお健在なのでサービス終了する気配はありませんが、このブログもいつかは消えてなくなるかもしれません。
その時は何かしらの形で手元に残せるといいなーとぼんやり考えながら気楽に頑張りたいと思います。

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

Wi-Fi必須の時代 

Wi-Fiルーターを買い替えました。
結構前から危うかったのですが、多忙により騙し騙し使っていました。
しかし、繋がる時よりも繋がらない時間の方が長くなってきて、さすがに限界でしたね。

過去の記事を見る限り、どうやら9年以上頑張ってくれていたみたいです。
途中一度NECのルーターを貰ってチェンジしてみたのですが、ネトゲでぶちぶち切断されたので元に戻したという経緯もあります。

そんなわけで、今回も同じBUFFALOのルーターから「WSR-2533DHP」を選びました。
MU-MIMO対応のルーターを選ぶか悩んだのですが、今回は見送りました。
またどうしても欲しくなれば買い替えればいいですし、そもそも古いルーターでそこまで困っていませんでしたしね。

新製品については、強度も安定感も文句なし。
無駄に大容量のデータをダウンロードしたくなります。
タブレットで動画視聴が捗りますね。



テーマ: インターネット

ジャンル: コンピュータ

△page top

2017年を振り返るPart7・出会いと別れ 

今年も残すところあと数時間となりました。

【2017年を振り返るPart7・出会いと別れ】

親しい人が赤ちゃんを産んで出産祝いを送ったり。
近しい人が亡くなって葬式に出席したり。
職場に新人が入社してきたり、先輩が退職したり。
仲良くなった人もいれば、疎遠になった人もいて。

今年は人間関係の変化が大きかった一年だと思います。
将来人生を振り返ったとして、ターニングポイントとなった年だったかというと、そう思うことはないでしょう。
でもきっとこれからも着実に変化はやってくるのだろうなと感じています。

年齢を重ねると刺激的なことが減ってきました。
安定を望む性格なので悪いことではないのですが、良い意味で変化を求めていくべきかなとも思っています。

そのためには余裕が必要ですね。
時間とお金があれば……って誰もが思うことですね。
仕事をやっていたら限界がありますけど、そう簡単に辞めることもできませんしね。
せめて、将来的にどちらかだけでも余裕を持てるよう頑張ります。

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

2017年を振り返るPart6・漫画 

今、一番楽しい趣味はと聞かれたら「漫画」と答えます

【2017年を振り返るPart6・漫画】

昨年、電子書籍デビューして以来、漫画購読に火が付きました。
場所を取らないというのがストレスフリー過ぎますね。

今年、1巻から最新巻または最終巻まで購入したシリーズが以下のラインナップです。

『銀のニーナ』
銀のニーナ(1) (漫画アクション)
イトカツ
双葉社 (2017-02-09)

『彼氏彼女の事情』
彼氏彼女の事情 1 (花とゆめコミックス)
白泉社 (2013-07-23)
売り上げランキング: 14,183

『かぐや様は告らせたい』

『黒子のバスケ』
黒子のバスケ モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-09-14)
売り上げランキング: 14,777

『服を着るならこんなふうに』
服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)
KADOKAWA / 角川書店 (2015-12-10)
売り上げランキング: 771

『甘々と稲妻』
甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2013-09-06)
売り上げランキング: 6,183

『HUNTER×HUNTER』
HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-12-04)
売り上げランキング: 3,198

『1日外出録ハンチョウ』
1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2017-06-06)
売り上げランキング: 210

『冒険王ビィト』
冒険王ビィト 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-07-15)
売り上げランキング: 10,511

『ベイビーステップ』
ベイビーステップ(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 33,743

『寄宿学校のジュリエット』

『とめはねっ!鈴里高校書道部』

『ブラック・ラグーン』
ブラック・ラグーン(1) (サンデーGXコミックス)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 8,131

『アニメタ!』
アニメタ!(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2015-12-22)
売り上げランキング: 18,452

『君が死ぬ夏に』
君が死ぬ夏に(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2016-02-17)
売り上げランキング: 9,635

『異世界居酒屋「のぶ」』
異世界居酒屋「のぶ」(1) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2015-12-29)
売り上げランキング: 359

『素敵な彼氏』
素敵な彼氏 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-08-25)
売り上げランキング: 30,993

『宇宙兄弟』
宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 4,158

『であいもん』
であいもん(1) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2016-12-03)
売り上げランキング: 28,249

『僕と君の大切な話』
僕と君の大切な話(1) (デザートコミックス)
講談社 (2016-03-18)
売り上げランキング: 1,839

『川柳少女』
川柳少女(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2017-04-17)
売り上げランキング: 4,293

『トモダチゲーム』
トモダチゲーム(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2014-04-09)
売り上げランキング: 33,354

『タイムスリップオタガール』
タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)
ほるぷ出版 (2017-01-15)
売り上げランキング: 2,456

『ハイリスクミッションセラピー』
ハイリスクミッションセラピー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2017-12-04)
売り上げランキング: 1,734


既存で買い続けている作品も足せば、300冊は超えています。
これでも厳選して買っているので、全て外れなく非常に楽しんで読むことができました。
本来は未完の作品はあまり増やしたくないところなのですが、読みたくなっちゃったから仕方ないですよね。

来年、もっと面白い作品をいっぱい発掘したいなあー。

テーマ: 最近読んだ本

ジャンル: 本・雑誌

△page top

2017年を振り返るPart5・ゲーム 

久々にゲーム機を買った一年でした。

【2017年を振り返るPart5・ゲーム】

ドラゴンクエスト11」が発表されて以来、PS4と3DSのどちらでプレイするか、多くのファンが悩んだことだと思います。
他にプレイしたいソフトがあったこともあり、PS4を選んだわけですが、これは正解でした。

ドラクエ11は、まさに正統派の王道RPGで非常に面白かったです。
過去作品含めてもTOPクラスで評価したいお気に入りの一本となりました。

一番の魅力は、キャラクターでしょうか。
仲間キャラ全員大好きです。
会話や表情はもちろん、連携技のカッコイイシーンやお茶目な場面など楽しめる要素が随所に盛り込まれていました。
個人的にドラクエ史上一番好きなキャラはビアンカですが、好きなキャラがいる人数でいえば頭2つ分ぐらい飛び抜けてドラクエ11が多いですね。

戦歴関係やトロフィー要素など全て埋め尽くすぐらい隅から隅まで楽しめました。
いつかまたこれは絶対再プレイしたいですね。

一方で、ドラクエ10のログイン時間は激減しました。
やる気がなくなったわけではなく、遊びたいのはヤマヤマなんですけどね。
既に5年以上経過し、緩やかに衰退している気配は感じるものの、まだまだ遊べるゲームなのは間違いないです。
ガッツリとプレイできる時間さえ確保できれば、また前みたいにインしたいと思います。

いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY」も買いました。
こちらも対戦が醍醐味なので、一緒に遊べる友達がもっと欲しいですね。


タグ: ドラゴンクエスト  ドラクエ11 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top